FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/11/17 戦績

 2018/11/17 土曜日 戦績

USDJPY         +74,600円

EURUSD        +120,399円

GBPUSD         +42,196円

AUDUSD         +11,772円

USDCAD         +31,158円

EURJPY         +65,200円

GBPJPY        +160,300円

AUDJPY          +8,800円

CADJPY         +41,500円

EURGBP         +27,190円

TOTAL         +583,115円

 

週間戦績(当週)

TOTAL      +11,754,733円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +22,550,453円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +330,732,002円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,231,060,318円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

最近、いつものブログのおなじみさんの間で「アルゴリズム取引の正体」と言うの本が流行っているようでして、「別にいいかな~」と思っていたのと「電子書籍になってないし~」という理由で敬遠していたのですが、そろそろ読まないと流行に乗り遅れそうになっております(笑)。 

アルゴリズム取引の正体

アルゴリズム取引の正体

  • 作者: NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ先端金融工学センター
  • 出版社/メーカー: きんざい
  • 発売日: 2018/10/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

ただ、転んでもただでは起きたくないので、どなたかAmazonへのアフィリエイトのリンクでも張っていただけたらポチポチして買いたいと思ってるところです。大した金額じゃないんですけど。はてなでAmazonのリンクを表示させると、自分のアフィリエイトコードだか設定していない場合、勝手にはてなの取り分になるコードが埋め込まれるようです。hatena-blog-22 とか言うヤツですね。

 

ところで、最近はプライバシー保護のためのブラウザの機能やアドインが多く、アフィリエイトなんかのカウントは正確にされているのか疑問に思ってるんですが、実際のところはどうなんでしょ?AmazonのようなリンクURLに完璧にコードを埋め込むような見える方式(get)でしたらいいのですが、よくある「このサイトからのリンクだと有効」的なものやページ内に埋め込む方式(post)だと、アフィリエイトだとバレにくくてクリックされやすいかもしれませんが、アフィリエイト業者の「カウントされてないの、うちのせいじゃないもん」的な言い訳に使われているような気がしてなりません。

まあ、私的にはアフィリエイトとか全く興味が無く、どこかの誰かさんが、自社で使う備品を購入するために自前のアフィリエイトリンク作ってガンガン買ってたら「規約違反」とか言われて支払い拒否されたとか言うのを、へ~(・∀・)と思ってニヤニヤ見てただけですけど。あれって、全く資本関係も人的関係も無い2社が相互に作ったアフィリエイトリンクならいいんでしょうかね? 


 

為替市場的な話しも、ちょこっとしておきます。あれだけ大荒れに荒れた感じの一週間でしたが、終わってみますと、週足実体では大した事がない一週間となってます。対ドルに対する動きでは、円・ユーロ・ポンドのハードカレンシーはどれも上下に100pips程度で、円とユーロは対ドルに対して上昇、ポンドだけは下落と言うある意味順当な結果となりました。 

 

いつの間にか完全な対中制裁となっている感じのアメリカの関税問題ですが、ここに来てトランプ大統領が軟化した態度を示しております。

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

これ、実際は相当焦っている感じが見受けられまして、原因はこれでしょう⇩

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

アメリカ産の大豆は、中国が大豆の関税を25%に設定してから全く輸出がストップしており、このままではどうにもならない状況に追い込まれているようです。農作物の輸入先は、生育や収穫の都合もあるので簡単には変えられず、この状況はトランプ大統領としては予想外だったのではないでしょうか。ところが中国の方がしたたかで、大豆への関税を発表する一番効果的な時を狙い、今年の始めから言われたいたように南米への切り替えを進めていたと。

一旦新しい国との取引が始まりますと、仮に米国産大豆への関税をゼロにしたところで簡単には需要が戻りません。また、多くの農産品を輸出するとなると船便の設定も増え、他にも輸出する農産品や、あるいは帰路に積む中国産の工業製品の輸入など多くの貿易が行われるようになるかと思われます。

今まで「貿易戦争はアメリカ有利」と書いていたメディアも最近は大人しくなりまして、「貿易戦勝は中国有利」と書いていたメディアの台頭が目立ってきました。比較的ニュートラルな報道であったメディアでさえ、利上げ停止を含めたアメリカ経済が停滞に入るような記事も出始めております。メディアの言う事ですから、その時に言いたい事を言っているだけであまり参考にはしない方がいいのかもしれませんが、それでも世の中の気分がどうなっているのか見るのには都合がいいです。さあ、トランプ大統領はどうするんでしょうか。

 

最近の日本は、非常に上手く立ち回ってると思います。もう、過去に類を見ないほどの外交的なバランスと言っていいかと思います。アメリカ、中国、ロシアのどの国の国家元首とも笑顔で握手し、イスラエルとも、パレスチナとも、そして中東どの国とも対等に対話する。私がもし国家元首であったら、そんな国と喧嘩するなんて、恐ろしくてできません(笑)。アメリカや中国、ロシアなど大国の国家元首も、同じように思っている事でしょう。


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2018年11月13日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 40,192 142,486 -102,294 -13,172
EUR (099741) 161,860 198,879 -37,019 +9,824
GBP (096742) 38,606 85,713 -47,107 +9,692
CAD (090741) 36,773 39,564 -2,791 -159
CHF (092741) 15,841 34,443 -18,602 +1,346
RUB (089741) 15,447 5,451 +9,996 +5,438
BTC (1330E1) 1,709 2,894 -1,185 +36
金Gold (088691) 168,416 177,663 -9,247 -28,273
原油 (067651) 561,445 180,247 +381,198 -22,585

 

IMMポジション(2018年11月06日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 33,060 122,182 -89,122 +2,498
EUR (099741) 148,973 195,816 -46,843 -14,181
GBP (096742) 31,670 88,469 -56,799 -4,317
CAD (090741) 33,753 36,385 -2,632 +7,023
CHF (092741) 16,747 36,695 -19,948 -5,426
RUB (089741) 17,197 12,639 +4,558 +1,986
BTC (1330E1) 1,492 2,713 -1,221 -144
金Gold (088691) 169,141 150,115 +19,026 +5,832
原油 (067651) 554,562 150,779 +403,783 -28,855
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

この、売買差引がマイナスばっかりのIMMポジション。ただ、全体的には取組高自体が減少傾向にあるのに、円とスイスフランに関しては取組高自体は増えております。来週のポジション移動に期待と言うところでしょう。


 

最近は朝晩が冷え込んできまして、東京では1桁台の気温になると先日もこのブログで書きました。これからどんどん寒くなってくるのでしょう。

先日、北海道で初雪のニュースがありまして、近年稀に見る遅い初雪だったんだそうです。また温暖化説が浮上するのかと思うと辟易ではあるんですが、三大洋でのなんちゃら現象のような異常気象が原因では無いかとニュースでは言っておりまして、天気予報と言うのは一般市民が触れる中で最も科学的な報道ですから、その辺りは他の報道に比べてしっかりしているのかなとも思いました。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら