FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/09/22 戦績

 2018/09/21 土曜日 戦績

USDJPY         +44,600円

EURUSD         +80,266円

GBPUSD        +363,856円

AUDUSD          +4,600円

USDCAD         +28,176円

EURJPY        +404,600円

GBPJPY        +312,400円

AUDJPY         +22,400円

CADJPY         +60,200円

EURGBP         +11,419円

TOTAL       +1,332,517円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +8,228,698円

 

月間戦績(09月)

TOTAL      +24,172,152円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +268,887,034円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,169,215,350円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

トレンド感があると、ブッチギリを演出してくれるシステムトレードですが、この一週間はまさにそんな感じの週となりました。石橋を叩いて壊す勢いの私のシステムですら、ある程度のパフォーマンスを出せた感じでして、世の中に出回る多くのEAを検証し組み合わせて頑張ってる方の中には、サーバー1台で口座残高の40%なんて言う利益を貪った出した方もおられるようです。弟子入りしようかな(笑)。

私たちのように完全なシステムトレードをしている者ですと、本来はここでいつも講釈垂れてるような「市況」とか「指標」とかはあまり関係無く、市況はトレードの結果論にしかならず、指標はイレギュラーな値動きによるリスク排除する目的でシステムの停止を検討する材料にしかなりません。

それでも、なぜ市況を分析したり、指標を追ったりするのか言えば、システムを構築したり維持したりする際には、その道に明るくないと、その道にいつまでも精通していないと、いずれ適応出来なくなるのが怖いと言うのも一つにはあります。これだけシステムトレードを追求している割には、毎日毎日ハードカレンシー相互ペアの日足チャートを手書きしているのも同じような事で、もちろん、大学生の頃からずっとやって来たので、半分意地と言うのもありますが。

 

ここ最近忙しかったのは、複数の新しいシステム作成を同時進行でやっていたためでして、現状の収益性で満足していないためでは無く、何事も現状で満足していると必ず終焉がやって来るため、その対応はいつでも必要だと思ってます。

日々時間があるんだから、そんなに根を詰めて一気にやらなくてもいいじゃん、とも思うかもしれませんが、やり始めた時に一気にやってしまいませんと、性格的にいつまで経っても完成しません(笑)。

システムトレードしてますと、放置しておいて利益が出るようなイメージがあるかもしれませんが、実際のトレードだけはシステムの中の小人さんがやってくれるものの、小人さんの採用・教育・人事まで面倒見ませんと、なかなか思ったとおりに小人さんも働いてくれませんので大変です。普段は手放し出来るよう他の時間に集中して頑張ると言う形に、労働時間をシフトさせられるのがシステムトレードの良い部分であり、特徴なのかなって。どんな仕事でも、濡れ手に粟はありません。

もっとも、実際に濡れ手で粟を掴めるような事態が発生したら、手どころか腕、いや、全身びしょ濡れになって粟のあるところにダイブし、全身粟まみれになりながら大量にかっ攫う覚悟もありますけど(笑)。


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2018年09月18日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 49,752 113,507 -63,755 -9,869
EUR (099741) 166,468 164,802 +1,666 -9,504
GBP (096742) 32,856 112,114 -79,258 -18,079
CAD (090741) 25,979 56,090 -30,111 -3,169
RUB (089741) 4,809 8,639 -3,830 -6,724
BTC (1330E1) 2,302 3,620 -1,318 -79
金Gold (088691) 197,797 208,641 -10,844 -3,254
原油 (067651) 626,914 96,548 +530,366 -13,479

 

IMMポジション(2018年09月11日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 48,057 101,943 -53,886 -1,954
EUR (099741) 164,639 153,469 +11,170 +3,207
GBP (096742) 65,982 127,161 -61,179 +8,434
CAD (090741) 30,506 57,448 -26,942 -635
RUB (089741) 8,197 5,303 +2,894 -1,833
BTC (1330E1) 1,927 3,166 -1,239 +129
金Gold (088691) 198,367 205,957 -7,590 +5,907
原油 (067651) 652,935 109,090 +543,845 -21,885

(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

さあ~~~~、私がここでルーブルのIMMポジションを書き始め44週目にして、遂にロシアンルーブルがネットポジションマイナスに転落です。非常に狭い世界の中での噂話によりますと、頭に長尺の白い布を巻く伝統がある地域の方が大量にルーブルのシカゴポジションを売ってるとか言うのですが、ここ最近はロシア空軍の航空機がオウン爆撃あったりであちらの情勢悪化もあり、ちょっと気になります。

あと、円とユーロのネットポジションがマイナス方向に随分とシフトしておりますが、この売買差引だけで「9月末決算の短期筋が売りか!」みたいな事を、よくもまあ兵器平気で書いてるところがありまして、ネット差引は確かに前週比大きくマイナスですが、ロングポジションもショートポジションも取組高は増えてます。売りも買いもポジション持つにはお金が必要ですから、それ書いた人は大丈夫ですかね?だから、いつも「ちゃんと全部を見ないとダメ」と言ってるわけです。

最近、このコーナーで騒いでおりました金(Gold)買う買う詐欺事件ですが、先日の月曜日から買い始めましたところ、順調に1200ドル近辺でサポートされております。若干1200ドルを割り込んでおりますが、見えません(笑)。超長期戦でいくつもりなので、もう少し下がってくれてもいいのですが、実際に下がるとやはり少しさみしい気もしますので、この辺りで停滞して、次は上昇してくれるといいのですが。そうなると、若干出来過ぎ感もあるので、やっぱりもう少し下がってもいいです。もう、どっちでもいいです(笑)。


 

最近、ようやく気温が下がってきたと思ったら、今度は急激に気温が低下したりで、もうちょっとバランスってものは取れないものでしょうかね。例えば、暑い地域に巨大なエアコンの室内機を置き、寒い地域に巨大なエアコンの室外機を置いたら、地球規模で温度移転が可能、ですかねえ?(笑)。

超長距離での温度移転が難しいとなったら同じ場所で季節を隔て、夏場の高い温度を冬に、冬場の低い温度を夏まで持ち越すのは難しいのでしょうか。常温での超電導が可能になった場合、更にその先には高温での超電導と言うのも視野に入ってくるかと思います。もし40℃や50℃、もっと高い温度で超電導が可能になったら、夏場の暑さで熱した物体の回りを、熱の絶縁体である超電導状態の超電導素子で囲い熱が逃げないようにておいて、冬場になったらその囲いの超電導状態を解放すると、夏の熱で冬の暖房なんて事も出来るのではないかと思うんですが。

とりあえず、日本の気温がようやく下がってきたと言う事で。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら