FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/08/27 戦績[追記あり]

 2018/08/27 月曜日 戦績

USDJPY         +42,600円

EURUSD        +113,818円

GBPUSD        +147,156円

AUDUSD          +9.881円

USDCAD         +75,490円

EURJPY        +154,300円

GBPJPY         +88,300円

AUDJPY         +18,500円

CADJPY         +60,900円

EURGBP         +21,166円

TOTAL         +722,240円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +722,240円

 

月間戦績(08月)

TOTAL      +28,318,192円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +236,925,220円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,137,253,536円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

世界中の株式市場がバリバリに高値を付けながら、ドル売りと言う非常に分かりやすい市況になった昨日、先週までの値動きを取り戻すかのような勢いがありました。

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは表示しておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。 


 

ドイツ8月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
🚩Ifo企業景況感指数 101.7 101.9 103.8
Ifo企業現況指数 101.7 101.9 106.4
Ifo企業期待指数  98.2  98.4  98.4
スイス 週次
1700JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 4兆7260億スイスフラン 4兆7700億スイスフラン
当座預金残高(外国銀行含む) 5兆7670億スイスフラン 5兆6680億スイスフラン
米国7月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
シカゴ連銀全米活動指数 0.43 0.45 0.13
米国8月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ダラス連銀製造業活動指数 32.3 30.0 30.9

 


2018/08/28 14:35 追記

 

昨日の市況、朝もチラッと書いたのですが、全世界的な株高ドル売りの状況でした。ただドル円だけは円高に向かう勢いに欠け、ユーロ円を筆頭にしてクロス円全般の円売りに押されている状況だったように思えます。月末絡みで輸出企業が円買いを行うのではないかと言う噂もありましたが、どうも不発に終わったようです。

玉(円買いの量)不足で大して値が動かなかったのか、あるいは実際の円買いまで中止したのかは分かりませんし、本当にそんな動きがあったのかすらも分かりません。このご時世になって、果たして月末に集中して円なんて買ってる輸出企業があるのか、どこかちゃんと調査してくれないかなと、いつも思ってます。

 

指標的にも、昨日はドイツのIfo企業景況感指数くらいしか注目が集まる指標がなく、一応は🚩つけておきました。これ、Ifo企業景況感指数が発表になる時に、これ以外にも同時に発表になっている指標がありまして、それが上の表にあります「Ifo企業現況指数」とか「Ifo企業期待指数」なんですが、ぶっちゃけこんな指標名は聞いた事も無いかとおもいます。また私が適当に翻訳しました。

Ifo企業現況指数 = Ifo Current Assessment
Ifo企業期待指数 = Ifo Expectations

そのうち、どこかで日本語名を探してる人の目にでも止まって勝手に使ってくれれば、日本語名の起源主張できるかなって(笑)。

最近この勝手に日本名を命名するシリーズが多いんですが、基本的に、一般で広まっている名称がある物に関しては変更したりしてません。最近、やたら勝手に日本語名称を変更して一覧表に表示しているFX業者がありますが、あれは混乱の元になるので止めて頂きたいと思ってます。特に、PPIを生産者物価指数では無く、卸売物価指数と表示する行為。生産者物価指数と卸売物価指数は全く別の指標で、PPI = Producer Price Index の省略形ですので、どう頑張っても日本語では生産者物価指数にしかなりません。卸売物価指数は、WPI = Wholesale Price Index の日本語名称です。

そして、ドイツのIfo企業景況感指数は軽くスルーしてくださいました。ちなみに、最近よくお目見えするスイスの当座預金残高ですが、指標が少ない日の彩りです。お刺身のツマみたいなものです(笑)。

欧州時間にからニューヨーク時間までドル売りの勢いが増す中で、シカゴ連銀の悪い指標は市場で吸収され、ダラス連銀の良い指標は市場で無視され、どちらにしてもシカゴ連銀やダラス連銀の経済動向集計は、あまりいつも重要視されてませんので、昨日もそんな扱いでした。

 

最近は急に静かになりましたトルコ問題ですが、また昨日はちょこっとトルコリラが安くなってました。最近もまだ、高金利通貨トルコリラ~~~とバナー広告を出している証券会社などがありますが、大丈夫なのか心配になってきます。心配なのは、その広告を見た方の一般の方の方です。トルコ、何事も無ければいいんですが。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら