FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/08/16 戦績[追記あり]

 2018/08/16 木曜日 戦績

USDJPY        +122,600円

EURUSD        +165,186円

GBPUSD        +117,215円

AUDUSD         +14,282円

USDCAD         +72,429円

EURJPY        +139,100円

GBPJPY        +166,800円

AUDJPY         +34,200円

CADJPY         +90,900円

EURGBP         +33,708円

TOTAL         +956,420円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,518,575円

 

月間戦績(08月)

TOTAL      +18,779,943円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +227,386,971円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,127,715,287円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日は、要人発言が非常に多い日でして、日本時間の朝っぱら8時くらいにはメキシコの閣僚から「今月中のNAFTA合意を目指す」と言う発言に始まり、中国商務省が「貿易交渉のため今月中に訪米」、IMFは「トルコから支援要請は一切無い」、ロシア大統領府から「9月中にロシア・イランにトルコを加えて3カ国の首脳会談を行う」、米国家経済会議(NEC)議長が「欧州との貿易協議が著しい進展の様子が見える」、フランス大統領付が「マクロン仏大統領からエルドアントルコ大統領に対して支援を確約」と、好き勝手によくも、まあまあ(笑)。

特に、中国商務省の発表した貿易交渉のための訪米と言う情報では市場が激しく反応しまして、直後にあったオーストラリアの雇用関係指標の発表での動きは観測困難なほどに混乱しました。

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは表示しておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。


 

日本国7月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易統計
通関ベース・季節調整
+7208億円 -500億円 -2312億円
貿易統計
通関ベース・季節調整済
+831億円 +200億円  -456億円

 

オーストラリア7月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
就業者数 +58,300人 +15,000人 -3,900人
失業率 5.4% 5.4% 5.3%
労働参加率 65.7% 65.7% 65.5%

 

ノルウェー銀行
(中央銀行)

1630JST
現状 市場予想 結果
キーポリシーレート
(政策金利)
0.50% 0.50% 0.50%

 

英国7月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) -0.5% +0.2% +0.7%
小売売上高(前比) +2.9% +3.0% +3.5%
英国6月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
コア小売売上高(前比) -0.6% +0.1% +0.9%
コア小売売上高(前比) +2.9% +2.8% +3.7%

 

ユーロ圏6月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 +165億ユーロ +180億ユーロ +225億ユーロ

 

米国7月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅着工件数(年換算) 115.8万件 125.0万件 116.8万件
住宅着工(前比) -12.9% +7.4% +0.9%
米国7月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
建設許可件数(年換算) 129.2万件 130.0万件 131.1万件
建設許可(前比) -0.7% +1.4% +1.5%

 

米国8月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
Philly連銀製造業指数 25.7 22.0 11.9

 

米国 週次
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数 21.4万件 21.5万件 21.2万件

 


2018/08/17 17:50 追記

 

今日ももう、立派に夕方と言うお時間になりまして、今さら昨日の市況が~と言っても仕方ないので簡単に、さらっと追記しましたと言う体裁だけ(笑)。 

とにかく、欧州時間までは要人発言とトルコ問題に振り回される相場展開でして、ニューヨーク時間に入りますと、今度はアメリカの弱い指標でドルが売られ、グチャグチャな日となりました。ポンドドルなんてチャートがユーロポンドみたいな細かく乱高下する感じですからね(笑)。そんな感じで、今日も大した指標も無い中で、これから発表になる欧州の消費者物価指数に期待してます。数字がどうのより、主に動いてくれる方に。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら