FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/08/08 戦績

 2018/08/08 水曜日 戦績

USDJPY         +70,900円

EURUSD        +181,683円

GBPUSD        +230,790円

AUDUSD          +2,286円

USDCAD         +91,212円

EURJPY        +216,100円

GBPJPY        +333,600円

AUDJPY         +23,300円

CADJPY        +164,900円

EURGBP         +49,168円

TOTAL       +1,363,939円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,513,363円

 

月間戦績(08月)

TOTAL       +8,367,126円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +216,974,154円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,117,302,470円

 

昨日、一言で言えば「円一人勝ち相場」の日でした。日米通商協議も控えてますし中国の報復関税の報道もありました。

自分でシステムトレードやってる癖に、なぜかあまり色良く思ってない感じのテクニカル分析的に見ましても、ここでもう一段の円高タイミングが順当のように思われます。オカルトテクニカル的には、ドル円は110円の半ばを切った時に、そこでどうしたらいいのか考えればよくないですかね?(笑)。

 

昨日は、東京株式市場も前場の上昇を維持できず、大引けには若干の前日比マイナスで終了しました。為替よりも現実志向の強い株式市場の方が、まだ日米通商協議に関して「見てから考える」スタンスが強いのかもしれません。

大引け反落も、昨日に関してはドル円の下落に心理的に引かれた感じもあったように思えます。円高 ⇨ 日経平均指数下落 ⇨ 現物が仕方なく追従って感じに思える値動きでした。まあ、このところ上げていた銘柄は、ここぞとばかりに利益確定のためなのか売りも随分と入ったようですが、出来高が上がるのは結構な事です。 


 

さて、昨日も指標はあったんですが「事前に準備してあったから」と「指標書いたらスペース埋まる」と言う理由だけでお送りします。

一応、日米通商協議の直前ですので、日本の貿易収支と中国の貿易収支は重要だろうと言う事で注目はしておきましたが、完全スルーでした。中国の対米関税報復措置に関しては、ずっと「アメリカが対中関税発表してから24時間以内に中国からも発表される」と市場で言われておりましたから、もう朝から貿易収支の数字どころの話しではありません。

日本国5月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支     -3038億円    +8250億円    +8205億円
経常収支 +1兆9383億円 +1兆1958億円 +1兆1756億円
中国7月
1215JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 +414.7億ドル +393.0億ドル +280.5億ドル

ところで、この完全に貿易戦争に突入した米中関係ですが、どちらの方が音を上げるのが先だと思います?ほとんどの方は「中国」と思っているかと予想しますが、私としたら最終的にはトランプ大統領が退任する時までダラダラと続き、次期大統領でスパッと終了するまで待たないとならない状況のような気がします。つまり、アメリカとしては音を上げてないと言う表向きの結果、中国としては身銭は切ったがアメリカに屈しなかったと言う実績、そこまで続くと予想してます。まっ、私の予想で当たった物なんて、滅多に無いんですけど(笑)。

ちなみに、午後2時に発表になりました景気ウォッチャー調査ですが、もう消しておこうかと思ったくらいで(笑)。それでも、せっかく作ったのでそのままにしておきました。 

日本国6月
1400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
景気ウォッチャー調査
現状判断DI
48.1 48.0 46.6
景気ウォッチャー調査
先行き判断DI
50.0 49.9 49.0

 

このカナダの住宅建設許可⇩に関しては、最近の加ドルの指標反応の良さから期待してたんです。しかも、前回値が修正前で+4.7%のところ事前の市場予想が+1.0%と言う事で、こう言う市場予想になると言う事は、市場予想をする事自体が難しい地合いであると言う事でして、結果は -2.3%と言う非常に悪い数字でした。

カナダ6月
2100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅建設許可(前比) +4.8% +1.0% -2.3%

 

これを受けて動くのかと思ったら、今回は全然全く不動明王です⇩

 

なんだ、加ドルはダメだったかと思って加ドルのチャートから目を離しておりましたら、なんと⇩

この値動き指標は関係無く、最近問題になっておりましたカナダとサウジアラビアでの対立を原因としたこちらが理由でして⇩

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ちなみにこの問題は実は非常に根が深いので、軽く触れただけでヤケドしそうですから、いつものように首突っ込むのはやめておきます。 

 

で、そのまま加ドルが売られるのかと思ったら⇩

 


 

台風が、どうにか常識的な移動をしてくれてます。あの、当初予報で出ていた「関東にぶつかったら直角に曲がる」予想、どう考えても無理がありそうなコースだったんですが、どうにか常識で理解できるカーブを描いてくれております。

https://stat.ameba.jp/user_images/20180809/04/fx-sengyo/f5/63/p/o0600045014244192249.png

別に通過したコースはどうでもいいと言えばいいのですが、問題はどこを通るのかと、いつ通るのかです。どうにか関東に上陸する事も無く、速度的には事前に言われていたよりも随分と早い速度で通過してくれておりまして、早く過ぎ去って欲しいと思っております。が、なにか天気図の真ん中下あたりに、不穏な予報円が・・・・・・

台風14号、アジア名「ヤギ」だそうです。日本が付ける台風のアジア名は、実はこれ全部星座の名前でして、地上で生きているヤギさんでは無く、天に輝く山羊座の方からの命名です。動物の名前を冠した名称を台風のアジア名にすると、もしその台風が甚大な被害をもたらした時にその動物がいわれのない迫害の目を向けられそうなので、できたら今度から命名する際には、動物では無い星座からお願いします。  


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら