FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/06/26 戦績

 2018/06/26 火曜日 戦績

USDJPY        +111,600円

EURUSD        +150,454円

GBPUSD        +232,971円

AUDUSD         +11,338円

USDCAD         +19,546円

EURJPY         +83,700円

GBPJPY        +175,600円

AUDJPY         +20,900円

CADJPY         +13,600円

EURGBP         4,220

TOTAL         +815,489円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,412,781円

 

月間戦績(06月)

TOTAL      +24,632,173円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +177,951,167円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,078,279,483円

 

指標なんて無いに等しかった昨日、ここまで重要視される指標が無いとかえって清々する感じもあります(笑)。

 

昨日の早朝、まだニューヨーク時間では一昨日の終了前であった日本時間で午前4時半過ぎに、米国家通商会議(NTC)のナバロ委員長がCNBCとのインタビューで⇩こんな事をくっちゃべった話したと伝わりました。

広範な投資制限課す計画ない、むしろ中国だけ~

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

これにバチバチっと反応しましたのは、ニューヨーク株式市場とドル円でした。

直前くらいに、なんとなく底打った感があったため、システムの中の小人さんがショートポジションを精算していた感じでしたので助かったのですが、突然こう言うの来るとなかなかシステムトレードでも対処困難なんで、配慮してもらえればな~とか(笑)。

 

日本時間で夕方、英中銀イングランド銀行金融政策委員会の次期委員に指名されておりますジョナサンハスケル氏が英財務省での公聴会におきまして、

・ブリグジットで英国経済がおかしな事になるかもしれない。

・早すぎる利上げは英国経済をおかしな事にするかもしれない。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

と、ごくごく普通に考えたら「で、あるな。」と言う当たり前な内容をくっちゃべった話したところ、ポンドがご乱心⇩

ただ、早朝のドル円とは違い、全然動かなかった東京時間から若干ドル買いに「動き始めた汽車にポンド飛び乗った♪」と言う感じのときに発生したこのフォールは、ショート持ち始めていたシステムトレードの中の小人さん的にも私としても、むしろ大歓迎です(笑)。 


 

今日は夕方にフランスの消費者信頼感指数、夜にはアメリカの耐久財受注の発表があります。フランスのこの指標は普段でしたらあまり反応しませんが、今週の薄い値動きの中ではもしかしたらビビッと来るかもしれません。いや、来て欲しいと言う方が本音かもしれません。アメリカの耐久財受注は、特にトランプ大統領の発言や米朝貿易不均衡問題に関する閣僚からの発言などがなければ、発表された数値でそのまま素直に反応するのでは無いかと思ってます。

ポンドだけは、日本時間で午後5時半から予定されているBOEカーニー総裁の講演を注意しておかないと危険かもしれません。 

 

まあ、どっちにしても「動くなら動けよ!」って感じなんですが(笑)。本心はむしろ「動いて頂けますでしょうか?」なんですけど・・・・・・ 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら