FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/06/04 月曜日

さあ、いよいよちゃんと6月です。夏を前にしまして衣替えの季節で、そして、梅雨とか言うヤツもやって来る事になっております。暑くなって湿度も上がる嫌な季節ですが、これも夏場の渇水を防ぐためには仕方なく、耐え難きを耐え忍び難きを忍ぶしか無いのかな、みたいな。日本語は学習して覚えた私なんかでも、こう言う変な慣用句はなぜか知ってるんですよね(笑)。

 

そう言えば、毎年暑くなってくると話題になる「地球温暖化」は一体どうなるんでしょうか? その前に、ところで地球って本当に温暖化してるんですか?

よく「地球温暖化懐疑説」とか、地球温暖化してないって言う事が悪のように言われますが、我々のように日々数字を追いかけている者としては、数字以外は信用しないって感じになってまして、日本の気象庁が発表している数字なら信用しようジャマイカじゃないか⇩ 

東京

www.data.jma.go.jp

大阪

www.data.jma.go.jp

観測開始からの時系列データーですが、 東京や大阪を見ますと、確かに1800年代後半と比べて、グラフにしなくても上昇しているのが分かります。 なるほどですねー、やっぱりちきゅうはおんだんかしてるんですねー

ところで、1800年代後半には殆ど考えなくてよかったコンクリートジャングルによる都市部におけるヒートアイランド現象の影響はどんなもんでっしゃろ?

日本のずっと北の方、現在でもあまりヒートアイランド現象は考えなくても良さそうな網走とか見てみたところ、 

網走

www.data.jma.go.jp

う~ん、若干上がってるような感じはありますが、微妙なところです。今度は日本の凄い南の方、一年中ぽかぽか陽気の南大東島を見てみましたところ、 

南大東島

www.data.jma.go.jp

これ、戦後からのデーターしか無いのでなんとも言えないんですが、東京や大阪では戦後もグングン成長している平均気温が、南大東島では何だか一定のような感じです。あれ?地球温暖化ってヒートアイランド現象も含むんでしたっけ?

そうそう、地球温暖化の代名詞とも言える極地の気温!日本も南極に基地を持ってて観測してるんでした!昭和基地のデーター⇩ 

南極昭和基地

www.data.jma.go.jp

あんま、って言うか、全然変わってないんですね。

いや、私は地球温暖化自体を疑ってるわけではありません。二酸化炭素による温室効果は当然あると分かってます。ただ、地球全体の気温が上昇して南極も北極も氷が溶け、海面が上昇して島国がバンバン沈没していくのかと言えば、それに関しては「データー見ようよ!」と言う事が言いたいわけです。 

ミニ氷河期が来ると言う学説もありまして、それらは地球温暖化懐疑説として処理されている傾向があります。そのような論文の中にも、スーパーコンピューターまで使いかなり精度の高いシミュレーションまで行ったものもあるようです。中世の魔女狩りのようにならなければいいのですが。

もしミニ氷河期でも来て、平均気温が一気に下がった場合、それこそ信じられないような農作物の不作が来るでしょう。ハッキリ言って飢餓が来ると思います。スイスフランショックのようなもので、しかし我々はスイスフランショックにも耐えられるようにしていかなければならないのと同じように、また、ミニ氷河期のような学説も無視してはいけないのかな、みたいな。

お金だけで片がつかない事もありますが、せめてお金くらいは用意出来ていれば、大切な人まで一緒に助かる事が出来るかもしれません。

衣替えから地球温暖化まで、一気に話題がスケールアップした感じ(笑)。


 

さて今週のご予定。

まず、本日はニュージーランドが女王誕生日でお休みです。

 

もう脱線ばかりになってしまうんですが、ニュージーランドの女王陛下は英国の女王陛下と同じエリザベス二世陛下であられまして、

英国の女王陛下として正式なお名前は、

Elizabeth the Second, by the Grace of God of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and of Her other Realms and Territories Queen, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith

ニュージーランドの女王陛下として正式なお名前は、

Her Majesty Elizabeth the Second, by the Grace of God Queen of New Zealand and Her Other Realms and Territories, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith

となります*1

お名前はどうでもいいと言えばどうでもいいんですが、同じお方と言う事はニュージーランドが女王誕生日でしたら、英国も女王誕生日、のハズですよね?例えば日本の天皇陛下が別の国の国家元首をなさっていたとしたら、その別の国でも日本で天皇誕生日がその国でも国家元首の誕生日となるハズですよね?

ところが、英国での女王誕生日と言われる日は6月の第二土曜日で、今年は今週末の6月9日土曜日です。ニュージーランドは6月の第一月曜日と言う事で、もう誕生日が移動祝日と言うのもおかしい(笑)。実際のお誕生日は4月21日でして英国でも2度、世界中でバラバラとお誕生日のお祝いがあるお忙しい陛下です。

脱線ついでに、サッカー好きの方には有名ですが、英連邦に加盟する国々が参加するコモンウェルスゲームズと言うお祭りがありまして、あれはコモンウェルスと言うゆる~いつながりを持った国家集団間での親睦試合です。英連邦と言っても、中には仲が悪い同士の国もあったりで、一部国家間での国連のようなものと考えてもらえば分かりやすいかなと。

そして、その英連邦の中に、英国やニュージーランドと同じようにエリザベス二世陛下を国家元首にしている国がありまして、それらの国が英連邦の中で同じ国王(女王)を国家元首にしている王国、英連邦王国といわれます。割とお詳しい方でも、この英連邦と英連邦王国をごっちゃにしてしまっている方がおられますので、せっかくなので書いてみました。 

 

衣替えとニュージーランド女王誕生日の話題から、なかなか先に進みません(笑)。 

 

今週の最大の注目点、ズバリ「トランプ大統領が、米朝会談やっぱやめたわ」と言い出さないかどうか(笑)。笑ってますが笑い事じゃなく、もう何があっても驚きませんが、一応はこころの準備をしておけばイザと言う時に咄嗟の行動が取れると言うものです。12日までは、これも頭の片隅に置いておく必要があります。まっ、その前に日米首脳会談もありますし、政治的な振り回され感は最近の流れです。

 

まともな経済的な件で言いますと、明日6月5日火曜日に豪州中銀RBAがキャッシュターゲット(政策金利)の発表予定で、市場予想は据え置き1.50%維持です。最近、RBAの皆様方の発言がタカ派だったりハト派だったり良くわからないんですが、今回何か新しい方向性でも出ますと、金利据え置きでも大きく動く可能性もあります。

純粋な指標ですと、週末金曜日に、今回は米国とは別の発表日となりましたカナダの雇用関係指標があります。これもカナダドルの最近は激しい値動きに、またしても一石を投じるどころか水面を跳ねてぴょんぴょん飛んでいきそうな気もします。

あとは、5日火曜日の英国サービス業PMI6日水曜日の米国貿易収支8日金曜日にドイツ鉱工業生産、そんなところでしょうか。

 

他の指標関係は外為どっとコムさんで見ていただければ分かりやすく表になってますんで、そっち⇩見てもらえばいっかな~ と言う事で。
リンク ⇨ 経済指標 週間予測・速報カレンダー


 

昨日のブログで「実はIMMポジションの後で、もう一つネタが入ったんですが、あまりにも長文になったため勿体無いから明日に回した(笑)。」とか書いたんですが、そのネタは地球温暖化の件ではございません。またしても、本日は地球温暖化のネタが入ったため、昨日から本日に先送りしてあったネタが、再度明日へと塩基延期になってしまいました(笑)。もういっそ「どこまで延期できるかな?」みたいな。

 

知ってます?6月って、これ終わると1年も半分終わるんですよ?早ええ~

何もせずに過ごしてもあっと言う間劇場、思い思いに大切に時を過ごしても同じだけ時間が経過するなら、大切に過ごしたいものです。

とりあえず月初でもありますし、今週末には「精一杯頑張った」と思えるスタートを切れるように頑張ってまいりましょうか。いや、別にあっと言う間劇場でもいいんですけど、N◯Kの受信料も払ってますし(笑)。 


【おなじみさん限定】つづきは   こちら

*1:ニュージーランドでのお名前にだけ、日本語で陛下と訳される Her Majesty と言うスタイルが付いておりますが、英国では女王陛下には正式な The Queen と言うタイトルもあり、こちらに通常はスタイルを付け Her Majesty The Queen としますので、一般的には英国での正式なお名前にスタイルは付けません。ただし付けても失礼では無く、間違いでもありません。