FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/05/28 月曜日

先週、色々な要素がごちゃ混ぜになった、ある意味凄い激動の週でした。為替レートも近頃の中では動意が感じられまして、もう正直システムトレードとしてはウッハウハな週だったわけです。先週末に思っていたことと言えば、「今週が終わらず、このままずっと続けばいいな」みたいな(笑)。

日本時間で土曜日早朝6時ちょっと前、ニューヨークが一週間の取引を終えるころ、なぜかユーロをメインにポンドまでが一気に値を落としました。どうやらイタリアの格下げの噂が出たところで、もう週末なので放置しておけばいいようなものを欧州通貨を売ったバカ投資家がいたようで、ポジション持ってたから解消なのか、あるいはあの時点から参戦なのかは分かりませんが、銀行さんにとっては迷惑な事です。そんなババ引いたまま週末超えたく無い銀行さん、そりゃカバーで他の銀行に投げるでしょうが受ける方もババ引いたままにしたくありませんから、銀行のシステム同士が小口のカバーを投げまくって値を落としたのでしょう。いや、分かりませんけど。 


 

さて今週、何を言っても強引にでも注目しておきたいのは、日本時間で6月1日金曜日にあります米雇用統計でしょう。もうホントしつこいんですが、月初金曜日が1日でも雇用統計がある月はありますし、無い月もあります。雇用統計の発表日の決め方は月初の日付は一切関係無く、前月の12日を基準にするいわばこの日がボスキャラで、他の日付も曜日も全て雑魚キャラです。

詳細は以前書いたこちらのページにございまして⇩

fxaf.hatenablog.jp

「雇用統計が実際にどのように発表されているのか」や「どんな内容が含まれているのか」や「どのように調査しているのかとか」も簡単に説明してありますので、お時間あればどうぞ。

同じくアメリカさんですが、日本時間で5月31日木曜日早朝3時に米地区連銀経済報告、いわゆるベージュブックが発表予定です。このベージュブックは次回のFOMCで議題の叩き台となるので重要でして、次回FOMCは6月12日と13日に開催されます。って、この日程は(笑)。

 

地域限定になるんですが、日本時間で5月30日水曜日午後11時にカナダ中銀が政策金利と金融政策を発表します。どうせ今回は据え置きでしょうから、発表同時指標スイッチど~んを期待しております。ただ、ここは突然の利上げとか割と好きでして、「我々は宇宙人だ市場の意見に左右されず、高い独立性を維持している」と自画自賛高い意識のメンバーが多そうな面倒な中銀です。その辺り、どこまでブルー△バーグや◯イターの記者の皆さんが忖度せずに伝えている能力があるのか。ロイターの親会社ウッドブリッジの本社はカナダですから期待はしてます。期待は・・・・・・

他の指標関係は外為どっとコムさんで見ていただければ分かりやすく表になってますんで、そっち⇩見てもらえばいっかな~ と言う事で。
リンク ⇨ 経済指標 週間予測・速報カレンダー


 

指標以外の部分ですと、やっぱり地政学的リスクとして北朝鮮の件が取り沙汰される事が多いのでしょうか。

今までは、どちらかと言えば欧米と言われる地域では中東情勢の方が地政学的リスクとしては高く見積もられていたのですが、ここに来てトランプ大統領が北朝鮮を全世界の矢面に立たせるような行動をしてくれた感じで、今まで中東に目を向けていた欧米の金融マンたちが、朝鮮半島に目を向けてしまいました。

 

それと、5月31日からカナダのウィスラーで G7財務相・中央銀行総裁会議が開催されます。まとめてドバっと発表するまで黙っていられない人々が集うので、チョロチョロと出てくる発言に注意が必要です(笑)。ウィスラー、いいですね~ 完璧にウィンターリゾートのウィスラーですが、春夏の高原もまたいいんでしょう。誰がG7の開催地決めてるんですかね?私も今回はG7に呼んでもらいたかった(笑)。

 

まっ、とにかく政治的な部分ではアメリカがどうのこうのより、トランプ大統領が何を言うのか、どう判断するのか、何が好きで何が嫌いなのか。全世界70億とも80億とも言われる人類の当面の方向性を、この御仁が決めてるような気がしてなんとも微妙な気分にもなります。


 

本日アメリカは、メモリアルデーの祝日でお休みです。メモリアルデーは戦没者を追悼すると言う日で、米軍兵士や元米軍兵士でベテランと呼ばれる方々が大いに尊敬されるアメリカでは、とても重要な祝日となっております。 

また、英国はバンクホリデーと言われる祝日でお休みです。何度かこのバンクホリデーも書いたのですが、歴史的に銀行にお休みする日をと言う理由でつくられたためです。年に何回かバンクホリデーがありまして、今回は春のバンクホリデーですのでスプリングバンクホリデーと言う事です。

 

おなじみさんのブログに、ある金融関係のカレンダーが貼ってありまして、もともとは英語のものを日本語に翻訳してあるためなのか、時々面白い日本語訳になっている事があります。バンクホリデーって日本語にするの難しいですよね。銀行祝日じゃ銀行だけのお休みになってしまいそうですし、銀行起源祝日じゃ仰々しいにも程があります(笑)。ですので、日本語で書く時には「バンクホリデー」とするのが一般的でして、おそらくどの指標カレンダーにもそのように書いてあるでしょう。

ところが、おなじみさんのブログに貼ってある指標カレンダー・・・・・・

https://stat.ameba.jp/user_images/20180528/03/fx-sengyo/31/a5/p/o0600040014199651875.png










https://stat.ameba.jp/user_images/20180528/03/fx-sengyo/93/98/p/o0600040014199651878.png

「スプリングバンクホリデー」の祝日名称の中で、日本語に意訳するのが難しい「バンクホリデー」の部分を翻訳放棄し、

「スプリング」だけ「春」に翻訳してあった(笑)。

 

まっ、よく分かりませんが、英国にも春が来たようなので今週も一週間頑張ってまいりましょう。今週終われば、もう6月です。 


【おなじみさん限定】つづきは   こちら