FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/05/03 戦績

 2018/05/03 木曜日 戦績

USDJPY        +172,300円

EURUSD         +78,209円

GBPUSD        +144,376円

AUDUSD         +26,153円

USDCAD         +23,636円

EURJPY        +213,200円

GBPJPY        +281,900円

AUDJPY         +36,100円

CADJPY         +32,300円

EURGBP         +17,609円

TOTAL       +1,025,783円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,483,140円

 

月間戦績(05月)

TOTAL       +3,001,480円

 

月間戦績(04月)

TOTAL      +23,406,917円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +126,025,176円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,026,353,492円

 

さあ、来た!最近、市場が覚醒した時に発生する「円高、金(Gold)高、VIX上昇のトリプルコンボ」(笑)。経済系のニュースなんかですと「弱いISM非製造業の指標を受けて」とかも書いてありますが、弱いISMで円だけ買うってのもねえ。

それに、ISM非製造業景況指数が発表になった日本時間で午後11時には、既に109円30近辺まで来てましたんで、昨日の全体的な円買いの流れが指標によって作られたとは思えません。日本時間で午後9時半に発表になった米新規失業保険申請件数は事前の市場予想より改善、貿易収支も市場予想より10億ドルも赤字が減少しておりました。

米国週次 前回値 市場予想(中心値) 結果
新規失業保険申請件数 +20.9万件 +22.5万件 +21.1万件
米国3月 前回値 市場予想(中心値) 結果
貿易収支 -577億ドル -500億ドル -490億ドル
米国4月 前回値 市場予想(中心値) 結果
ISM非製造業景況指数 58.8 58.0 56.8
米国3月 前回値 市場予想(中心値) 結果
製造業受注指数(前比) +1.6% +1.4% +1.6%

 

本日は米雇用統計もありますし、日本は祝日で金融機関を含めて多くの企業がお休みです。東京時間から欧州序盤くらいまでは、あまり動かないのかな。豪ドルだけ、豪中銀RBAの四半期金融政策レポートが公表されますので注意が必要かもしれませんが、そこ以外は大丈夫かとは思います。

ただしストップロスだけは忘れずに、出かける時には忘れずに。「出かける時には忘れずに」私がまだ大学生だった時代にやっていたアメリカンエクスプレスカードのCM中のコピーですが、クレジットカードや財布なんて忘れてもいいので、どうかくれぐれもストップロスだけは忘れずに!

 


 

本日は、みどりの日の祝日で日本の金融市場はお休みです。みどりの日、ちょっと海外に駐在して戻ってきたりしますと、あっと言う間に移動してしまうイメージがある風来坊な祝日でして、あくまでもイメージですが(笑)。

もともと4月29日の天皇誕生日だった日がみどりの日になり、4月29日を昭和の日にする際に祝日では無いけど祝日の間(はざま)で休日でした5月4日に移動になったのは皆さんご存知かと思いますが、国家元首の誕生日やそれに類する方の直接の記念日以外で移動した祝日ってのは、あまり世界的にも例が無いのではないでしょうか。

来年は5月1日を祝日にして10連休に、とか言う話しもあるようですが、もともとこの話題が出る度に「そんなところで連休にすると、金融市場ガ~」と有識者会議で散々話してたわけですが、1回だけ限定ならいいのかどうなのか。いっそ、英国やアメリカのように「一般の会社は休みだけど証券取引所はやってるよ」的な柔軟な祝日を設定してもいいのかもしれません。

いや、むしろ世界初の土日も含めて24時間市場を開けている証券取引所を東京に作ってしまったらどうでしょう?今でも、元大証の一部であった先物市場は夜間も開けているわけですし、証券会社のPTS市場外取引制度もあるわけですから取引自体は全く不可能では無いと思います。むしろ、コンピューターでほとんど取引を行ってる現状で、出来ないと思う方が不自然でしょう。

 

みどりの日なのでエコな話しでもしようと思ったのですが、結局はこんな話題(笑)。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら