FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/04/02 月曜日

4月に入りました。日本では新しい年度となり、お正月と言うものを挟みませんが、新年を迎える以上に気持ちが切り替わる時でもあります。会社も、学校も、お役所も、なにもかも一新のような感じですからね。

 

昨日は欧米の多くの国でイースターの祝日でした。また、イースターを祝う連休として、金曜日または早いところでは先週木曜日から本日くらいまでお休みと言う市場が多くあります。英国を含む欧州の多くの国では本日もお休みでして、アメリカではニューヨーク証券取引所は本日はオープンとなりますが、それでもお休みの会社も多数あるでしょうから通常よりボリュームは低いかと思われます。それによって落ち着いた相場を形成するのか、あるいは荒れるのか、 あの御方次第かと(笑)。

 

今週の注目点と言えば、政治的混乱、北朝鮮問題、雇用統計の三本柱でしょう。それに続いて、4月5日の米貿易収支、翌6日の米雇用統計、豪ドルやられている方は明日火曜日3日の豪中銀政策金利発表、あと、いちいち意識しないとならないトランプ大統領のツイッター(笑)。そこに、もり蕎麦かけ蕎麦どっちの方がいいのか論争も、一応は気にしておいた方がいいのかどうか。いや、気にはしたくないのですが、ロイターが頑張って世界中に配信してくれるお陰で、カリブ海の小国でもテレビニュースで取り上げられてしまったようですので、仕方ありません。

4月5日木曜日からは、中華圏が清明節と言う春のお彼岸でお休みです。中華圏と言うか、中国って言った方がいいでしょうか。春節の際には一緒にお休みでしたシンガポールなんかは、清明節は節句自体の雰囲気には街中もなりますが、お休みを取るほどではありません。香港も清明節の当日5日だけ証券取引所が休場となるだけで、翌日6日金曜日は香港はオープンとなります。それでも、中国がお休みになると世界の数十パーセントの資金は動かなくなると言われておりますので、株式なんかは動きが悪くなるかもしれません。かえって、よく動くようになったりして・・・・・・

 

あと個別の指標関係は、外為どっとコムさんとかで見ていただければ分かりやすく表になってますんで、そっち見てもらえばいっかな~、的な。最近はいつもこれ(笑)。
リンク ⇨ 経済指標 週間予測・速報カレンダー


 

え~、本日は文字数がやや少ない感じですが、土曜日と昨日日曜日の両方とも、イースターパーティーを行ったため、ややお疲れ気味です。金曜日までは年度末でお疲れ気味だったので、日本の場合、イースターが3月後半から4月になってスグくらいになる早い年は、体が休まる時が無くて危険かもしれません。パーティーしなきゃいいと言うのはなかなか我が家では難しいので(笑)。来年は4月21日、再来年2020年は4月12日がイースターですので、向こう2年くらいは年度末終わって落ち着いてから、イースターのパーティーを行えそうです。

 

本日から実質新年度を迎えまして、新しい会社や職場に出勤される方、あと数日で入学式を迎える方、なんも変わんないけど新年度だな~と思っている方(笑)。どなたさまも、新年度には変わりありません。気を引き締めまして、新しい年度の新しい週の始まり、今週も1週間頑張ってまいりましょう。 


【おなじみさん限定】つづきは   こちら