FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/03/19 戦績

 2018/03/19 月曜日 戦績

USDJPY         +86,500円

EURUSD        +117,381円

GBPUSD        +785,202円

AUDUSD               0円

USDCAD         +29,611円

EURJPY        +162,400円

GBPJPY      +1,206,200円

AUDJPY         +38,800円

CADJPY         +54,300円

EURGBP         +33,932円

TOTAL       +2,514,326円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,514,326円

 

月間戦績(03月)

TOTAL      +20,244,405円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL      +88,266,650円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +988,594,966円

 

ポンド(笑)。

1週間が始まった月曜日、早々(はやばや)とポンド様の急上昇で原因はいつものアレです。そう、ブレグジット様⇩

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

昨日この会談がある事は分かっておりまして、ここまで市場では織り込んでいたハズなんです。実際、交渉に当たっていたデービス大臣のちょろちょろ発言する感触からしても、英国側に譲歩した結果になるだろうと予想されてました。⇩これが先週3月15日のニュースですからね。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ただ、今週はEU首脳会議が行われる予定でして、昨日の会談での詳細な合意内容はEU首脳会議の席上または会期中の会見などで公開されるかと思っておりましたら、昨日ここまでくっちゃべった発表した事だけが予想外だったかなと言うだけなんです。

そしたら、あの異常な盛り上がり。別に上がる必要が無いユーロや、クロスで強引に連れて行かれた円なんかは犠牲者のようなものです。

 

ブレグジットも、ここまで来たらイヤイヤ言ってても始まらないので、決める事は決めていきませんと夏休みの宿題状態になってしまいます。最初から分かっていたのは、出ていく方は何を言っても出ていくので、どんなに出て行かれる側が引き止めても出ていくと言う事でしょう。

今回の合意も「2年後には家を出ていくと宣言していた次男が、家族会議で1年9ヶ月後ならいいぞと許可をもらったような感じ」です。ただ、許可が無くても次男は家を出ていくのでしょう。その後、家族側が勘当しようが次男が出ていった事には変わりないわけです。しかもその次男、金は持ってるんで家族側としては何とか未来永劫継続して援助はして欲しいときてる(笑)。そしたら、体面上の形式だけ整えて次男が言う事をのむしか無いのが実情です。

 

さあ、これで今週は面白くなってきましたよ(笑)。 

 

な~んて言ってると、急に動意無くなるのが相場だったりしますので、ぜひ今週はこのまま頑張ってもらいたいと思います。あと、豪ドルも少しはやる気を出してくれると嬉しいのですが、今日あたり指標で動いてくれるでしょう。


 

先日、オーストラリアのパースから海に流されてしまった巨大アヒルのダフネくん。はてブの多さでも、その反響が分かります(笑)。

www.afpbb.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

そして、なんと、失踪地点と言うのか疾走地点と言うか、ダフネくんが旅立ったパースから沖合に30キロも行った地点で漁師のギブさんが発見したんだそうです。

発見した段階でギブさんはダフネくん失踪だか疾走の件は知らなかったようですが、それでも、この巨大なアヒルが海にあったら、漁師さんなら港に持ち帰りたくなるのでしょう(笑)。それが、興味からなのか、あるいは海にこんな物を放置する事が漁師さんの呵責として許せなかったのか、あるいは両方なのか。

www.afpbb.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

 

海外でも、ニューヨーク・タイムズや

www.nytimes.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

英国のデイリーメールや

www.dailymail.co.uk

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

 

BBCや、

www.bbc.co.uk

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

 

ブルネイダルサラーム国の、ブルネイブリテン?初めて聞いた(笑)。

Giant yellow duck goes missing | Borneo Bulletin Online

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

どうして、ここまで世界中の人々はアヒルが大好きなんでしょうかね(笑)。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら