FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/02/19 戦績

 2018/02/19 月曜日 戦績

USDJPY         +68,100円

EURUSD         +33,519円

GBPUSD        +120,787円

AUDUSD          +4,252円

USDCAD         +21,138円

EURJPY         +41,700円

GBPJPY         +85,100円

AUDJPY         +28,500円

CADJPY         +19,000円

EURGBP         5,259

TOTAL         +416,837円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +416,837円

 

月間戦績(02月)

TOTAL      +26,915,166円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL      +59,130,686円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +959,459,002円

 

ロンドンは、1日で取引される外国為替取引の3分の1を超える取扱高を誇ると言われてはおりますが、お客さん(アメリカ・中国)がお休みですと、閑古鳥が鳴いているのも仕方ありません。昨日も、もう、ぜ~んぜんダメダメ。月曜日の意思が弱い相場でも、欧州時間に入れば何らかの積極性が見えて来る事も多いのですが、そんなものは何も現れず、重要な指標の一つでもあればまた違ったのかもしれませんが。

短い時間足見てますとよく分かりますよね。特にクロス円とかの、自主性があるのか無いのかハッキリ出やすい通貨ペアですと、やる気ない日はジグザグもいいところ。このノコギリなら、硬いヒノキもよく切れることでしょう(笑)。 

f:id:fxse:20180220070620p:plain 


 

最近、どの市場も過熱感があり非常に高いボラになっております。ボラの代表格であるVIX = Volatility Index (日本名:恐怖指数)は一時期乱高下してましたし、ブラックマンデー再来とまで騒がれたニューヨーク株式市場も先週は6年ぶりの上げ幅を記録しております。こう言う時、若干上下しながらも一方通行でどんどん行く展開を見せる事が多く、今までと同じように取引をしておりますと、俗に言う塩漬け状態になって帰ってこない相場展開になってしまったり、利益確定が早まって勿体無い展開になったりもしばしばです。

なんとなくですが、昨日の動きを見ておりまして、今週はヤバそうな相場展開になるような気がしてなりません。いや、なんとなくですし、システムトレードメインの私にとってはボラ高ければどうでもいいんですけど。それでも、過去に蓄積された値動きとは全く違う値動きをされると困るので、出来れば常識の範囲内での値動きを市場にはお願いしたいとは思います(笑)。

 

今週、米国の長期債利回り、特に10年債イールドの動きに注意した方がいいかもしれません。グーグルで US10Y って検索すれば色々出てきますんで。

ほんと今日、書くこと無い(汗)。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら