FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/02/10 戦績

 2018/02/10 土曜日 戦績

USDJPY        +167,800円

EURUSD         +95,790円

GBPUSD        +111,276円

AUDUSD         +18,007円

USDCAD          +5,499円

EURJPY        +215,600円

GBPJPY        +390,900円

AUDJPY         +13,400円

CADJPY         +28,100円

EURGBP          +6,219円

TOTAL       +1,052,591円

 

週間戦績(当週)

TOTAL      +13,533,179円

 

月間戦績(02月)

TOTAL      +17,629,361円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL      +49,844,881円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +950,173,197円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

為替のお話しの前に。昨日香港で、バスの横転事故により多数の方が死傷したと言うニュースがありました。

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ニュースで伝え聞くところによりますと、出発遅延の事で乗客と口論になった運転手がイライラしながら乱暴な運転をした結果、カーブを曲がりきれずに横転と言う事のようです。今回の事故で亡くなられた皆さんが安らかに眠りにつけますよう、怪我を負われた方が一日でも早く回復なさいますように、心からお祈り申しあげます。 

 

香港で走る大量の二階建てバスは皆さんご存知でしょうが、あまり二階建てバスの横転事故と言うのを聞かないかもしれません。ところが、実は香港では毎年のように二階建てバスの横転事故が発生しております。死傷者が無く、あるいは軽い負傷程度で済んでいると海外でまでニュースとして配信されないだけでして、横転事故までいかなくても、よく言われるヒヤリハットのような危険な事は非常に多く、航空機のようにインシデントとして事故にならずにも危険だった場合に届け出る制度が無いため実情は分かりませんが。

昨年、同じく香港で二階建て路面電車が横転すると言う事故もありました。原因は運転手の運転ミスと言う事ですが、いくら二階建てと言っても、いくら路面と言っても「根本的にバランス悪いんじゃ無いの?」と言う事にようやく気がついたと言うか、今まで細々と言っていた方たちの声にようやく耳を傾ける気になったと言うのか「二階建て止めた方がいいんじゃないの?」と言う声が最近は多くなって来た中での、この事故でした。

この事故を起こした二階建てバス、香港でここまで大量に走っているのには当然理由がありまして、まず英国統治時代から英国の二階建てバスを輸入して走らせていたため、二階建てバスが半ば常識といった点、狭い香港で乗車人数が多い二階建てバスを走らせる事で多くのお客さんを捌けるといった利点。メリットとデメリットをどこまで妥協して安全に運行をさせていくのか、バス会社だけでは無く政府の判断が必要なところかと思います。

ちなみにこのバス、価格的には日本円で1台5千万円近くしますんで、一階建てのバスを香港で大量導入となりますと、日本の路線バスが1台2千万円ほどから、ハイブリッドでも3千万円くらい、当初数年のメンテナンスまで含めたユニットコストで比べても現状の二階建てバスと乗客1人当りのコストで比べたら勝負は十分可能です。しかも、香港は左側通行ですので、日本のバスをそのまま持ち込んで走行が可能です。

香港の交通安全のため、日本のバス製造会社の方には頑張って売り込んでもらいたいと陰ながら応援しております。恐らく、香港で「巴士迷」と言われる、直訳するとバスファン、意訳するとバスヲタの皆さんも、日本のバスが香港を走る事になったら喜んでくださると思います。 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2018年02月06日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 39,108 151,984 -112,876 +1,820
EUR (099741) 251,369 110,546 +140,823 -7,919
GBP (096742) 81,698 53,831 +27,867 -3,874
RUB (089741) 22,180 1,179 +21,001 -2,668
BTC (1330E1) 3,635 5,675 -2,040 +99
金Gold (088691) 273,828 82,951 +190,877 -16,385
原油 (067651) 862,102 123,005 +739,097 +4,539

 

IMMポジション(2018年01月30日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 47,828 162,524 -114,696 +8,174
EUR (099741) 258,022 109,280 +148,742 +4,025
GBP (096742) 95,667 63,929 +31,741 -1,304
RUB (089741) 28,076 4,407 +23,669 -2,471
BTC (1330E1) 2,703 4,842 -2,139 -393
金Gold (088691) 298,327 91,065 +207,262 -7,422
原油 (067651) 866,033 131,475 +734,558 +17,863
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

円が前週とくらべて、二週連続でネットショートが減少ております。ただし、売建ての減少より買建ての減少の方が少なかったと言うだけで、実は買建ての減少は買建てポジションの約18%、そして売建ての減少は売建てポジションの約6%しかありません。売ってる向きが不安に思っての減少なのか、あるいは他に理由があるのか、来週以降の変動も見てみませんとなんとも言えないネットショート減少です。

金(Gold)の減少は分かりやすいと言いますか、保有していても金利がつかないばかりかコストを要求される金より、金利が上昇中の米国債で長期資金は運用した方がいいと言う流れが若干出ているのでしょう。金先物自体は金の保有コストと直接の影響はありませんが、金現物がコスト負担回避への動きから価格が下落しますと、当然ですが先物に影響してまいります。

そして、我が愛しのルーブルちゃん・・・・・・ まっ、もうちょっとこれも様子を見てみましょうかね。売り時ワカンナイですし(笑)。


 

昨日も書いたのですが、この一週間は非常に疲れました。来週はそこそこのボラで結構ですので、確実に動いてください(笑)。⇦ これがね、これが難しいんですよね。「そこそこのボラ」「確実に動け」この2点。これはもう、神頼みしか無いんでしょか。いや、私の行ってる教会の神様、こういうのは助けて下さらないらしいです。

こういうのだけ、別の神様にお願いしちゃダメですかね?ほら、日本には八百万の神様がいらっしゃるそうで、日本人なら八百万の神様の中から自由にエントリーできるんですよね?(笑)。

 

ところで、冒頭には「為替のお話しの前に。」とか書いたのに、為替の話しはどこ行っちゃったんでしょうかね(笑)。いや、もう今週はこれでいい終わりでいいです。来週も頑張りますって事で。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら