FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/01/03 水曜日

このお正月、北陸より北の日本海岸や東北・北海道では天気が荒れている場所が割りと多いようで、帰省されて大変な目に合っている方もいらっしゃるかと思います。

お仕事が公務関係やそう言った関係とお取引がある会社の方は、明日から新年のお仕事開始の方も大勢おられるでしょう。今日辺りがUターンラッシュのピークになるのでしょうか。車で帰省されているのでしたら、少し早く自宅に戻ろうとかできるかもしれませんが、公共交通機関を使って帰省されている場合、特に飛行機で帰省されている方の場合には少し早く帰ろうとか難しいですよね。

しかも、天気次第で欠航にでもなった日には大変です。悪天候で欠航が決まれば、まず翌日の出社は無理でしょう。連休明け初日に「お休みさせて下さい」と言う連絡を入れるのは、社会人として断腸の思いと云いますか、気持ちはよく分かります。 

 

私が大学を終えて初めて就職しました会社、よく「アメリカの投資銀行」と言っておりますアソコでして、米系投資銀行と聞くと「血も涙も無い冷血漢」が働いているように思うかもしれませんが、実際にはそうでも無い事も極稀にあります(笑)。

やはり、連休明けに天候不良で実家から帰国できないと言う者がたまにおりまして、よほどゼネラルマネージャーの機嫌が悪い時以外は「本人の責以外による不可抗力な事由」と言う事で、欠勤にすらしませんでした。どうせ、連休明けに1人休んだところで頓挫するようなビッグプロジェクトがあるわけでも無く、帰って来られないものは仕方ないじゃんって事です。その癖、ある日突然会議室に集められてそのまま解雇とか、よく聞くような話しもあったりしまして、もうちょっと人情と冷血漢のバランスを取れないものかなとは思うんですけど。

 

悪天候でUターンが予定通りに出来ず、イライラして車を運転して事故など起こしませんように。飛行機などが欠航になってしまったら、運行再開を待つしかありません。第三者だから勝手な事が言えるのかもしれませんが、いっそ実家にもう1泊できると考え方を変えてしまって、最初からお正月休みを延長したつもりでエンジョイしてしまうのも一つかな、と。 


 

徹底的に実家でダラダラをエンジョイしておりまして、ダウがどうなったのか、日経先物や原油がどうなっているのか、為替相場がどうなってるのか、ビットコインがどうなったのか、一切全く見ておりません(笑)。

私も今週末には日本に帰り、来週の月曜日からは通常通り取引を再開するつもりでおります。毎年年末に取引を終了させ、翌年取引を再開させる際の乖離を楽しみにしておりまして、今回は果たしてどれくらい乖離してくれているのやら。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら