FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/12/02 戦績

 2017/12/02 土曜日 戦績

USDJPY        +226,400円

EURUSD        +166,229円

GBPUSD        +147,358円

AUDUSD         +33,076円

USDCAD         +63,286円

EURJPY        +260,900円

GBPJPY        +146,100円

EURGBP         +14,971円

TOTAL       +1,058,320円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +6,264,428円

 

月間戦績(12月)

TOTAL       +2,268,022円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +27,601,989円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +344,502,966円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +887,660,893円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

昨日のブログで、もう随分と書いてしまった不倫ちゃんフリン氏の偽証問題と言うか、トランプ陣営直接関与問題と言いますか。証言の予定を聞きつけまして、正座して待機しておりましたところ、ロンドンフィキシングタ~イムが終わって十分にドルが上がった(上げられた)ところからドル様急降下だったわけです。

ミニ有事発生と言った感じで円とスイスフランも買われたり、米国債も買われて利回り低下したり。お陰でクロス円ではユーロ円が随分といい感じの数字になって下さいまして、ポンド円はシステムの中の小人さんがどうやら失敗した模様です(笑)。

まっ、その後の税制改革法案との絡みなんかも含めてまして、昨日一通り書いておりますので、よろしければどうぞ⇩

fxse.hatenablog.jp

 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(11月28日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 39,793 150,433 -110,640 +11,962
EUR (099741) 205,160 115,479 +89,681 -5,756
GBP (096742) 66,549 61,976 +4,573 +4,873
RUB (089741) 22,241 5,798 +16,443 +2,110
金Gold (088691) 287,384 62,967 +224,417 +22,590
原油 (067651) 763,786 153,953 +609,833 +32,755

 

IMMポジション(11月21日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 44,382 166,984 -122,602 +13,397
EUR (099741) 195,909 100,472 +95,437 +10,851
GBP (096742) 58,358 58,658 -300 +4,233
RUB (089741) 15,934 1,601 +14,333 -1,453
金Gold (088691) 272,934 71,107 +201,827 +6,743
原油 (067651) 742,158 165,080 +577,078 -19,388
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

ネットポジション(売買差引)だけ見ておりますと見落としがちになりますボリュームですが、特にユーロに注目して見ますと、ネットマイナスは減っているためロングも減っているのかと言えばそうでは無く、逆にロングポジションも増えております。それ以上にショートポジションが増えているためにネットでは前週比マイナスになっておりますが、前週比だけ見ておりますと全体のボリュームが増えている事が分かりません。ちゃんと、CFTCの発表資料から全体を見ないといけません。

それにしても、30日のOPEC総会を前にして、よくもまあ前週比で32,755ロットもネットポジション増したものです(笑)。きっちりロングポジションは増え、ショートポジションは減っておりますので、減産合意の上でどうなるのか読んでいたのか、決まっていたのk・・・・・・、ん?誰か来たようだ・・・・・・qうぇrちゅいおp

ん?なんの話しでしたっけ?そうそう、ルーブルはその前に大幅にポジション落としてましたが何か "理由が過ぎ去った" のか、今回はロングもショートも一気に増えておりまして、ネットロングも前週比で2,110ロット増と、このボリュームにしては大幅に増加していると言っていいでしょう。いつもロシアンルーブルに肩入れしておりますが、ロシアンルーブルのネットロングは増えて頂けませんと、ちょっと(笑)。 

 


 

米上院で税制改革法案が51対49の僅差で可決されまして、明日は早朝からドル買いに入るのでしょうか。一部イスラーム圏の銀行間取引では昨日土曜日の日中に、西側諸国での先週末終値と言われているニューヨーククローズでの価格、ドル円112.20付近、ユーロドル1.1900付近よりも若干のドル高で取引が行われていたようです。

その価格を反映していなのかどうかビットコインの取引でも、BTCUSDとBTCJPYのクロスレートから算出したドル円が、$1=113.00円近辺まで高く取引が行われているようです。とんでもなくスプレッドは広くはなるでしょうが、確かにビットコインを基軸としてクロスさせると、土日でもクロスレートとして取引は出来るんですよね。今まで理論的には可能だと分かっていたのですが、今回ちょっと思い出して確認したらそんな感じになっておりました。

月曜日のスタートはどうなるんでしょうか。ちょっとワクワク、ちょっとドキドキ、そんな遠足前の気分です(笑)。

 


 

本日キリスト教ではとても大切な日でして、アドベントが始まる初めての日曜日、降臨節(待降節)第一主日です。超簡単に言いますと、クリスマスまで4回あります日曜日のカウントダウン1回目と言う事です(笑)。

 

クリスマスはキリスト教徒では無い方でも「キリスト教では神聖な日なんだろう」とは想像つくかと思います。そして、教会行事と言えば何でも神聖な物として扱うんだろうと思われるかもしれませんが、アドベントは割りと俗世的な感じでして、普段は教会に来ないお子さんたちも割りとやって来たりして楽しい感じです。教会学校(日曜学校)でも、リース作ったり、アドベントクランツと言うリースを真っ直ぐにしたような物にろうそくを並べたものを作ったり。

昨年もブログで書いたのですが、あのハロウィーンですら日本に定着させた優秀なマーケッターの皆さんは、そろそろ次のドジョウを探してると思うのですが、このアドベントは最適だと思うんですよね。アドベントが始まるのは11月下旬から12月上旬のクリスマスまで4週前の日曜日ですから、そこまでに準備をするとなるとハロウィーンが終わってから切り替えて丁度タイミング的にはバッチリなわけです。

まあ、アドベントを押し売りするわけではありませんが、クリスマスを俗世的なイベントにするのであれば、アドベントの方がまだマシと言うのもありますし、世の中で認知されればされるほど色々な商品が出てきて楽しいかと思います。今は、正直言いましてアドベントで使う物は海外の物か手作りしか無いのが現状ですから。

 

電◯や博◯堂など広告代理店の皆さん、デパートの営業企画の皆さん、アドベントいかがでしょうか? 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら