FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/11/27 月曜日

さあ、いよいよ11月も最終週となりました。そして⇩遂に12月に片足突っ込んだ!

2017年11~12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

今年もここまで早かったですねえ~ 今年もあと1ヶ月しかありませんよ?あと1ヶ月したら2018年ですよ?そしたら平成も30年になり、予定では平成30年が1年365日ある元号の最後になる予定です。

元号制度自体は日本の文化として大切にしないとならないと思うのですが、最近はお役所の書類以外で元号で年を記載する事もほとんど無くなり、これを機会にお役所関係も西暦表記・記載に統一出来ないものでしょうか。そして、出来ましたら運転免許証の有効期限表示を西暦表示にして頂けますと非常にありがたいかなと思います。もっと欲を言えば英語併記して頂けますと、国際免許を取得しなくてもそのまま海外で使えるようになるのでとっても嬉しいのですが。

と、今日は最初から脱線してのスタートでした(笑)。

 


 

さて、今週の注目指標ですが、まず今週は月初週になりますがアメリカの雇用統計発表はありません。これ、何度も説明しているのですが、月初1日が金曜日になると翌週金曜日の発表になるのではありません。 

詳しくは過去に何度も書いているのでそちら⇩をご覧頂ければと思うのですが「毎月12日を含む週を基準週として調査を行いその3週後の金曜日に発表」と言うのが雇用統計の発表規則となっております。

fxse.hatenablog.jp

fxse.hatenablog.jp

また今回も「月初が1日になるので雇用統計は来週」のような嘘情報が蔓延するでしょう。そんな情報を見かけたら「こいつらバカだな(笑)」と笑ってあげて下さい。実際、今年の9月1日は月初週金曜日でしたが雇用統計が発表されております。

fxse.hatenablog.jp

 

今週の指標ですが、月初週で指標は多いのですが重要な指標は全体的に疎ら(まばら)と言った感じです。

指標とはちょっと違うのですが、一番注目されているのは日本時間で木曜日の早朝にあります米地区連銀経済報告、通称ベージュブックの発表でしょうか。12月のFOMCで利上げがあるのか、FOMCはこのベージュブックを叩き台にして話し合いを行いますので、それだけ注目されるわけです。

実際の指標では、本日と言うか日本時間で深夜0時の日付が変わってすぐと言いますか、米新築住宅販売件数があります。前回非常に良い数字だったため、今回の市場予想は若干抑え気味になっており、前月比はマイナスの6.8%前後なのですが、これもし良かった場合は今週初っ端の重要指標のためドル買いが発生する可能性がありまして、若干いつもより注目しております。また、通常ですとニューヨーク時間の金曜日に発表になっております米商品先物取引委員会(CFTC)の通称IMMポジションが、日本時間で火曜日の早朝に発表になります。

29日水曜日にはドイツの消費者物価指数(CPI)が、翌日30日木曜日にはドイツとユーロ圏の失業率が発表になります。また30日のユーロ圏の失業率発表の時に同時にユーロ圏の消費者物価指数(HICP)も発表になる予定でして、最近はやたら買われているユーロですが、この辺りでレンジ相場に移行するのか更に上値を伸ばせるのか短期的なポイントになるかもしれません。 

そして、12月1日金曜日には、日本の消費者物価指数(CPI)や英国の製造業PMI、カナダの失業率とGDP、米ISM製造業景況指数などが注目されます。日本のCPIはあまり注目されていない期間が長かったのですが、最近では緩やかに上昇してきているのも認識されており数字次第では若干動く要素になるかもしれません。

指標とは関係無い部分では、ベージュブックの公開4時間前の日本時間で11月30日深夜0時ころから、FRBのイエレン議長が米両院合同経済委員会での証言が予定されておりまして、こちらでどのような証言を行うのか事前に出てくるかと思います。また、ドイツの例の3党*1 が党首会談を同じく30日に行う予定になっておりまして、この辺りも今週は注意が必要かもしれません。

 

若干駆け足で書いた感じもあるのですが、実際こんなもんなんですよね。最近は世界中の政情不安定な状況になっておりますので、臨時にどんな情報が出て来るか分かりません。イザと言う時に対処できるように、最悪を想定したストップロスは忘れないようにしないとならないかと思います。直近では、あの世界中の多くのFXブローカーを倒産させたスイスフランショックを忘れないようにと言うことです。中銀政策変更であったスイスフランショックでもあの破壊光線の威力ですので、本当の政情不安定が原因になりますと、どんな事が起こるか分かりませんので。

 

と、堅苦しい感じで若干書いたのですが、いつものように "ちゃんとやっていれば大丈夫" ですので、たまに忘れないように思い出せばいいかなと。 

 


 

さて、何度も繰り返しですが、いよいよ今週は12月に突入する週です。その前に、30日木曜日には「聖アンデレの日」を迎えます。上でも何度も30日木曜日と書きましたが、やはり今年の11月30日は何かありそうな感じがします。

そして、「聖アンデレの日」に一番近い日曜日である3日の日曜日から遂にクリスマスへのカウントダウンであるアドベントが始まり、世の中でも、キリスト教でも、そして私の気分でも1年の最高潮を迎えるわけです(笑)。全力で今週一週間を頑張り、そしてクリスマスまで突っ走りましょう(笑)。


【おなじみさん限定】つづきは   こちら

*1:キリスト教民主同盟=CDU・社会民主党=SPD・キリスト教社会同盟 =CSU