FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/10/23 戦績

 2017/10/23 月曜日 戦績

USDJPY         +47,600円

EURUSD         +83,252円

GBPUSD        +114,720円

AUDUSD          +7,083円

USDCAD         +26,101円

EURJPY        +130,700円

GBPJPY         +64,300円

EURGBP         △3,588

TOTAL         +470,168円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +470,168円

 

月間戦績(10月)

TOTAL      +17,054,792円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +304,686,786円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +847,844,713円

 

衆議院選挙が終わり自民圧勝が確定した翌日、週初月曜日。

為替相場の値動き。ドル円 朝から上に飛んではみたものの上にも下にも動けな~い。ユーロ円 朝からドル円に吊られて上に飛んだところ、昨日のご主人様はドル円では無くユーロドルだったようで、ユーロドルの下落に合わせてなだらかに降下。ポンド円 他のクロス円と同じくドル円に吊られてはみたものの、ドル円とポンドドルが対ドルでシンクロした値動きをしていたため、だらだらと狭いレンジを行き交うだけの旅人みたいな相場(笑)。

ニュースでの扱い。最近は益々保守色が強まっている産経新聞と他紙の比較はもとより、Yahoo! News に掲載されているロイターの日本語記事すら同じロイターの英語記事とは全く異なる論調であったり。日本の政治経済に関する報道を、少し高いところから鳥瞰すると実に面白い。それと、今回の選挙で自民が圧勝した理由として「希望の党の失態」を挙げているマスコミが非常に多いですが、これって「自民が国民に選ばれたのでは無く、消去法で残っただけ」だと言いたいのでしょうが、政策さえ優れていれば自民以外でも選ばれた筈です。つまり「国民は消去法でしか政治を選べないバカ」だとマスコミは堂々と書き立てているわけで、有権者は怒った方がいい。少なくても、私は怒ってます。

ご祝儀相場なんて幻影。これだけ上がっている日経平均そして日経先物、非常に大量の資金が入っているのは容易に想像がつきます。つまり、金融のプロがお金を注ぎ込んで利益を上げようとしているわけで、利益が出ないと思ったら買いません。連続記録とかそう言うのは何十億円何百億円と他人様のお金を預かり運用しているプロには関係無い話しで、今日は売った方が利益が出ると思ったら、連続記録なんて関係無くガンガン売るでしょう。負けた時に「ご祝儀相場で買ったため損失が発生しました」で、出資者は納得しますか?

 

と、言う事で、昨日は為替の事であまり書くことがございませんでした(笑)。指標もあるにはあったのですが「ユーロ圏対GDP政府債務比率」とか「カナダ卸売売上高」とか「ユーロ圏消費者信頼感指数」とかあまり目立った物は無く、裁量トレードするような地合いでも無いので、金(Gold)のチャート眺めながら「そろそろ、どうかなコレ」とか思っていた次第です。どっちに「そろそろ」なのかは、企業秘密ですのでお答えしかねますが(笑)。

 

ニューヨーク時間で昨日の株式市況は、ダウも、ナスダックも、S&Pもぜ~んぶ撃沈しました。でもこれ、今週は米国企業の決算が控えているので「下がる」って言われてたんですよね。ある意味、予定通りなわけでして。

当然、日経先物も前日終値より若干落としてますが、同時にドル円も落としているので、もし今日の東京時間場中にドル円が上昇するような事があれば、今日もまた終値がプラスで大引けを迎える事も不可能では無いのではないかと思ってます。思ってると言うより期待が入ってますが、現在は日経先物とか日経平均に連動する物をまるっきり持っておりませんので、期待と言うのも日経平均の数字そのものより、単に連続続伸記録がどこまで行くのかと言う方だけです(笑)。

米国債利回りが低下し価格は上昇、正確に言えば深夜0時を回り明日の早朝2時になりますが、米2年債の入札があります。最近は堅調な債券応需で長期債のリオープン(同一条件で再売り出し)が非常に多くなってますが、今回の入札結果はどうなるのかちょっと注目してます。ちなみに、10年未満の短期債はリオープンはありません。

 


 

台風一過で突然晴れ上がった昨日、午前中から外出しましたところ、意味不明な物体がいろいろと路上にありました。ほんと意味不明で、地球外生命体かと思うような物体もあったり(汗)。ところが、午後になって帰宅する頃になりますと、路上は綺麗サッパリいつもと同じ感じでして、これは一体誰がどのタイミングで片付けたのでしょうか。小さいものなどは、ビルの前ならビルの清掃の方が片付ける事もあるでしょうが、もっと大きな物体なんかもありまして、清掃局の方が回収している様子も無かったのですが、私が見てない間にやってたんでしょうね。

今回も道路が陥没したり、巨大な水溜りが出来て車ごと浮いたりしたようで、また車ごと水溜りに突入してしまい亡くなられた方もおられたようです。毎回繰り返す悲劇なんですが、これはなんとかならないものなのでしょうか。実は以前、大雨の後で羽田空港へ行った際に、トンネル内に水溜りが出来て路線バスが止まってしまってるのを目撃しました。あれ、路線バスだったから水溜りに突っ込んじゃっても床上浸水で済んだかもしれませんが、乗用車だったら水没だったでしょう。せめて運転席側だけでもパワーウィンドウだけで無く、くるくるハンドルを隠すように装備しておいてくれたらと思うんですが。

 

って事で、最後はまた相場と全然違う話しになってしまったわけですが、はたして今日の日経平均そして為替相場はどうなっちゃうんでしょうかね。私にも、ぜ~んぜん分かりません。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら