FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/10/14 戦績

 2017/10/14 土曜日 戦績

USDJPY         +11,100円

EURUSD         +65,198円

GBPUSD         +45,922円

AUDUSD         +27,077円

USDCAD          +4,118円

EURJPY        +110,900円

GBPJPY         +87,600円

EURGBP         +19,703円

TOTAL         +371,618円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,344,119円

 

月間戦績(10月)

TOTAL       +9,934,117円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +297,566,111円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +840,724,038円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

うんうん、久しぶりに土曜日らしい数字で一週間が終了しました。週前半は全然動かずにどうなるかと思ったのですが、ポンドが頑張ってくれたお陰でなんとか見られる数字になったわけです。今週は「ポンド・ポンド」とハシャイでおりまして、先日は「もういっそポンドだけ取引しとけば」のような事もおちゃらけて書きましたが、それは絶対にありません。

普段、あまり貢献していないようにも見える Aussie や Loonie (カナダドル) なども、他の通貨ペアがどうにも動意なくホトホト困っている時に、突然やる気を出して頑張ってくれた事もあります。通貨ペア毎に資金が拘束されるわけでもありませんし、一度採用したらマイナス続きとか言う理由でもなければ、取引中止させる意味もありません。色々な通貨ペアを採用しているのは、言ってみれば「動きが悪い時には色んな通貨ペアで助け合う美学」のようなものです(笑)。

 


 

昨晩、またしても北朝鮮のミサイル絡みのニュースがございました。

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ Page1 Page2

これは月曜日の早朝からどうなるのかワクワクします心配です。特段、これだけですと全く何も起こらずに、週末の終値付近からのスタートになるでしょうが、もし何か発言でもあれば・・・・・・。ミサイル発射台を移動しているとなれば、今日明日にでも何か発言する事も考えられます。既にプサンに原潜ミシガンが入港している事から、何か行動や発言があるかもとは思っておりましたが、案の定といいますか、予想より若干上と言いますか。

何れにせよ実際にぶっ放させる事は無いように、演習もそうですが、トランプ大統領のギリギリの発言や行動に期待しております。

 


 

さあお待ちかね(笑)。毎週日曜日の恒例になって(して)おります CFTC の IMMポジションです。

毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会 CFTC が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが無い時に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。 

IMMポジション(10月10日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 51,655 153,074 -101,419 -16,776
EUR (099741) 195,816 97,737 +98,079 +7,246
RUB (089741) 22,005 8,111 +13,894 +177
金Gold (088691) 279,227 79,115 +200,112 -3,743
原油 (067651) 685,322 268,261 +417,061 -27,255

 

IMMポジション前週分(10月3日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 58,770 143,413 -84,643 -13,296
EUR (099741) 187,053 96,220 +90,833 +2,666
RUB (089741) 21,203 7,486 +13,717 +2,317
金Gold (088691) 287,296 83,441 +203,855 -8,739
原油 (067651) 687,611 243,295 +444,316 -9,792
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

3週連続で円ショートが積み上がってます。円ショート、つまり円売りですので、アメリカの市場での取引である事を考えますと相対する通貨は米ドルですから、ドル円ロングポジションを持つヘッジファンドや大口の機関投資家が増えたと言う事です。最近、若干円高進行しているようにも見えますが、ヘッジファンドや大口の機関投資家の皆さんはこの先は円安に動くと読んでいるのでしょう、ここ最近の若干の円高も良いナンピン相場だと思っているのかもしれません。分かりませんけど(笑)。

 


 

来週の日曜日は衆院選です。先日、アメリカ人の友人に「日本人は、実質的に自国のトップになる者を決める事になるであろう選挙を、そんな2週間くらいの選挙活動期間で決めてしまってもいいのか?」と聞かれました。いや、非常に最もな意見だと思うのですが、私としては「常日頃から心に決めてるから、大丈夫」と答える事しか出来ず、その友人が疑問に思っているであろう「日本人=多くの日本人」としてはどうなんだと言う問いには誤魔化して答えたような形です。

それにしても、アメリカ人で日本の衆院選が「実質的に総理大臣を信任する事になるであろう選挙」だと知っている事自体が驚きで、ほとんどのアメリカ人は「日本は、一体いつ首相選挙を行っているのだろう?」と疑問に思っているかと思います(笑)。

英語版の Google で日本の首相「japanese prime minister」を検索してみますと、補完される検索ワードはこんな感じでして⇩

f:id:fxse:20171015082711j:plain

上から、

list ⇦ 一覧
abe ⇦ 安倍
mori ⇦ 森
ww2 ⇦ 第二次世界大戦
name ⇦ 名前
trump ⇦ トランプ
election ⇦ 選挙
mario ⇦ マリオ
handshake ⇦ 握手
wife ⇦ 夫人

と、こんな感じになっております。7番目に選挙が出てきまして、日本の首相選挙と言うのはどうなっているのか、英語圏の人でも「検索するほど関心がある≒知らない」と言う事になるのでしょう。

 

選挙の次の「マリオ」は、あのリオデジャネイロ・オリンピックの閉会式で見せた、まさかの現役首相によるマリオコスプレでしょう(笑)。あれ、日本人が思っている以上に世界中にインパクトを与えておりまして、通常は一国の国家元首と言うのは大変な時の権力者であり、まかさコスプレするとは思ってもみません。それがマリオのコスプレまでして東京オリンピックへの引き継ぎに登場したと言うので、非常にポジティブに捉えられており「日本の首相がマリオのコスプレ」と言う事実が広まったため、このような検索が出てきているのだと思います。

その次の「握手」ですが、これはちょっとサブカルチャーが入っているので、英語が分かると言うだけではちょっと難しい謎解きなんですが、日本で言えば一昔前の2ちゃんねらーの皆さんが、赤ちゃんの写真に大人びた事を言わせて「赤さん」とか呼んで流行していたような感じで、実は安倍首相がトランプ大統領と握手した場面の gif動画がアメリカで流行しており、そのためなんです。なぜ流行したのかと言いますと、CNNで流れた握手場面で、万編の笑顔で握手が終わった安倍首相が次の瞬間に「やれやれ」と言う態度、顔は完全に「あ~~~~゛」と言う感じになっており、半トランプの皆さんには「日本の首相も大変だな」と言う風に、トランプ大統領支持派には「日本の首相はいい加減にしろよ」と言う感じで使われております(汗)。

giphy.com

最後の「夫人」は、まあ奥さんです。これは別にどこの国の元首でも検索されておりますので、別にモリカケ問題がとかそう言う事で検索されているのではありません。いや、無いと思います(笑)。

 

いつものように、ちょっと脱線しましたが、アメリカ人ですら気にしている日本の首相を選ぶ事になる実質的な選挙が衆院選ですので、その日本人としては心してこの一週間で各党の政策マニフェストなどをよくよく吟味し、実行力を伴っている党、政治家を選べますようにしなければならないと思います。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら