FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/10/11 戦績

 2017/10/11 水曜日 戦績

USDJPY         +66,200円

EURUSD         +33,711円

GBPUSD        +113,372円

AUDUSD          +5,277円

USDCAD         △2,609

EURJPY         +56,000円

GBPJPY        +170,200円

EURGBP         +24,996円

TOTAL         +467,147円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,765,232円

 

月間戦績(10月)

TOTAL       +7,355,230円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +294,987,224円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +838,145,151円

 

本来であれば、深夜0時を回ってからの事は明日のブログの内容になるんですが、さらっと触れておきます。

日本時間で本日早朝3時に、先月19~20日の2日間に渡って開催されておりました米FOMCの議事録が公表されました。今週のメインイベントとも思われていたのですが、結果は市場が望んでいた「強い米国うっひょ~」では無く「インフレ、いく、かなあ?どうかなあ?行くって分かってから利上げした方が、いいんじゃ無いかなあ?」と言う発言もあったような弱気が見える内容でして、ドル弱含み、米国債利回り低下、若干の利上げ見送り期待浮上のため株価は上昇と言う評価となりました。

つまんねえなあ。あれ、心の声が出てしまった(笑)。それでも、これで FOMC議事録公開と言うイベントが終了し、動きやすくなってくれればいいかなと思います。

 


 

さて昨日、上の数字をご覧頂けば惨憺たる状況がお分かり頂けるかと思います。FOMC議事録公開前と言っても、もうちょっと何とかならなかったのでしょうかね。まるで、土曜日早朝の週の締めを見ているかのような数字です(汗)。

昨日、指標と言うような指標は無かったのですが、1つだけ普段は完全スルーされるような日本の指標で、珍しく反応があったのが⇩

日本8月 前回値 市場予想(中心値) 結果
機械受注(前月比) +8.0% +1.0% +3.4%
機械受注(前年比) -7.5% +0.7% +4.4%

機械受注と言う事で金額が大きく、前月比はブレが大きいので別としましても、前年比は季節変動などをもともと考慮する必要が薄く、超大型案件だけ除外すれば比較的本来の伸びが見られる筈です。

それが +4.4% と言う事でして、大変立派なものです。昨日は一瞬反応した為替だけでは無く日経平均も20年以上ぶりの高値を記録し、一昨日、国際通貨基金(IMF)の発表しました 2017年の世界成長率の中で、日本の成長率も +0.2%上方修正され +1.5%成長の見込みと推定が出たのと合わせ、益々好調な日本経済を数字で示せるようになってきました。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

 


 

市場では、次期FRB議長が誰になるのか注目されておりまして、今朝⇩こちら

www.politico.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

米国、政治専門ニュースのポリティコが伝えたところによりますと、マヌーチン米財務長官は次期FRB議長にパウエルFRB理事を大統領に推薦した、との事です。どこまで本当か分かりませんが、現在次期FRB議長に有力視されている数人の中では一番可能性が高いとも言われてまして、飛ばし記事だったとしても確率は高いわけです。もう、この際、その可能性に掛けて書いてしまったかもしれません(笑)。

昨日あたりにも、米CNBCの解説者が「だれがなっても、あまり変わらない」と言う本音をチラッと言っておりましたが、確かにそうなのかも。景気どん底で、何をしても砂浜に水を撒くような状態の時期に舵取りをする方が大変なわけでして、アメリカにしても日本にしても、時期中銀総裁は誰がなっても(以下略)。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら