FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/09/25 月曜日

もう、9月最終週なんですね。土曜日でちょうど一ヶ月が終わりますと、私がいつもブログで書いております戦績の数字ですが、翌月スタートが月初で週初になり、初週だけは月間と週間の累計が同じ数字になります(笑)。いや、別にだからどうって事は無いんですが、なんとなく数字が揃っててキレイじゃないですか。

それと、ごくたま~に「月間戦績の方が週間戦績より数字が小さいって、これ計算間違ってますよ」みたいなご指摘が来るんですが「先月末が今週の頭に含まれてますので、合ってますよ」と言う説明も面倒ですし、大昔アメブロ時代にそのようなメッセージが来ていた時には返信していた頃もありましたが、100%その後「勘違いでした」とか「わかりました」とかのお返事は来ません(笑)。

 

そんな理由もありまして、最近は月をまたいだ時の戦績数字には前月の数字もそのまま記載してあたったりします。気がついてました?例えば先月の8月なんて、月末月初週だけカレンダーで見てみますと⇩

2017年 7月~8月
30 31 1 2 3 4 5

と言う事で、結局は8月5日の戦績ブログ(8月6日更新分)にまで、7月の月間戦績を掲載する事になったわけです⇩

fxse.hatenablog.jp

まあ、別に大した手間や労力じゃ無いので良いっちゃいいんですけどね。だったらなんでココまで書いたのかと言えば、単に文字数稼ぎです(笑)。

 


 

昨日のブログで、いつも日曜日の恒例になっておりました CFTC の IMMポジションを書いてなかった事を思い出しました。

毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会 CFTC が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。先日から日曜日のコンテンツとして恒例化させまして、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(9月19日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 42,435 93,757 -51,322 +5,975
EUR (099741) 190,025 127,272 +62,753 -23,305
RUB (089741) 15,957 5,412 +10,545 +5,313
金Gold (088691) 330,646 94,557 +236,089 -18,671
原油 (067651) 678,156 260,082 +418,074 +43,594

 

IMMポジション前週分(9月12日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 40,642 97,939 -57,297 +15,648
EUR (099741) 191,102 105,044 +86,519 -10,251
RUB (089741) 12,919 7,687 +5,232 n/a
金Gold (088691) 351,492 96,731 +254,760 +9,462
原油 (067651) 662,650 288,170 +374,480 -7,633
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

ハードカレンシーでは、円ショートが減り、ユーロロングが減り、ポンドロングが増えまして、資源のメインでは金(Gold)ロングが減って、原油ロングが増えた。実に面白い増減です。通貨のポジション増減を見ますと投資家が見る今の世相が、資源のポジション増減を見ますと投資家が見る今後の予想が、それぞれ反映されているように思えます。あくまでも私が思う当社比です(笑)。 

そんでもって、私の中で今絶賛大ブレイク中のロシアンルーブルですが、来てますねえ(笑)。いや実際の通貨の値動きの中でも随分と良い感じでして、もっとも話題に出すまで随分と検討を重ねまして、お試しバイイングとかもしてまして、もういいだろって感じではあったんですが。FOMCを前にした新興国通貨のポジション整理にも全く反応せずと言う感じでして、結果としてFOMCの開催初日であった19日現在のIMMポジションでも前週比で大幅増を見せてくれました。 

まっ、相手が為替でしかもロシアなんで、ほんの少し気を緩めますと地獄の一丁目へご案内となりそうですので、そこは十分注意が必要です。なにしろ、ノーベル賞やフィールズ賞受賞者でも計算できなかったデフォルトを発生させ、LTCM崩壊へのトリガーを引いた国ですから(汗)。

 

久しぶりに、本文中にこれ書いとこう⇩ブログ閲覧上のご注意 

※当ブログ閲覧上のご注意 ~投資は自己責任で~
このブログに書いてある事はブログ筆者の個人的な見解であり、投資を勧めるものでも投資判断の参考にするために提供しているものでもありません。また、このブログに書いてある事を元に取引を行った結果として損失が発生した場合でも、民事上の補償等名目の如何に関わらず一切応じる事は出来ません。この注意書きにご同意頂けない場合は、当ブログの閲覧を遠慮下さいますようにお願い申し上げます。

 

ルーブル買いを推奨しているわけではございません。
ルーブル上昇を保証しているわけでもございません。

 


 

日本時間本日未明に投票が終了しましたドイツの総選挙、出口調査や事前調査の集計結果ではメルケル首相の再選がほぼ確定したとの事でした(午前5時現在)。

www.jiji.com

朝方からユーロが値を落とすような動きもあるのですが、円やポンドも同じように売られている状況からしますとユーロ売りだけでは無く、若干ドルが買われているようです。とは言っても、いつもの週初と比べまして値動きが大きいのは、ドイツの選挙絡みだと言うのは間違い無いでしょう。

政治が安定するのが経済的にも非常に重要なのですが、なかなかそうも言ってられないのが世の常です。欧州を今一番揺るがせている難民問題、あの英国がEUを離脱する一つになったのも難民問題でして、今回のドイツの総選挙では、第一党こそメルケル首相が率いる現与党キリスト教民主・社会同盟の連立政権がそのままの座を守ったわけですが、第三党には反難民を掲げる新興のドイツのための選択肢が、なんと88議席を獲得だそうです。

 

難民問題は非常に難しいですが、もしある日、大陸側から大量に難民の乗った船が日本に押し寄せて来たらどうするのか?我々も他人事として考えておりますと、明日は我が身となりえる事を忘れてしまうことになりかねません。

この「欧州難民危機」英語では「European migrant crisis」と言いまして、2015年の地中海での難民船5隻が沈没し1,200名が犠牲になった時から使われ始めました。欧州は陸続きなので陸路からの難民が多いと勘違いされる方も多いですが、難民はある日突然海から大挙して押し寄せて来る事が多いとも歴史的に物語っています。

 


 

さあ、いろいろ暗い話題もありますが、今週を終えれば10月です。秋です。それは誰がどうあがなおうと変わりません(笑)。

実りの季節に間に合うようにしっかり稼いで、美味しいものいっぱい食べたと思います。 今週も一週間、頑張ってまいりましょう。 


【おなじみさん限定】つづきは   こちら