FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/08/31 戦績

 2017/08/31 木曜日 戦績

USDJPY      +1,119,200円

EURUSD        +172,153円

GBPUSD        +121,596円

AUDUSD         +15,633円

USDCAD         +35,006円

EURJPY        +435,400円

GBPJPY        +275,100円

EURGBP         +18,828円

TOTAL       +2,192,916円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +9,646,185円

 

月間戦績(08月)

TOTAL      +40,498,811円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +253,666,036円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +796,823,963円

 

8月最終日だった昨日、行きましたねえ。8月は久しぶりの月間3,000万円超え、行きましたねえ。いや、今年に入ってからシステムトレードで3,000万円台は何度もあったんですが、どうしても超えられない壁になっていた4,000万円台に無理やりにでも乗せたくて、何日か前には裁量で入れたポジションをシステムに付け替えてまで無理やり乗せてみました(笑)。

 

実は、システムトレードでの月間利益で4,000万円台って、昨年1月からザッとブログを見返してみますと無いんです。

2016年 月間利益 2017年 月間利益
01月 18,194,616円 01月 22,736,201円
02月 23,256,607円 02月 21,550,077円
03月 26,578,536円 03月 23,227,116円
04月 26,011,715円 04月 33,931,797円
05月 17,641,725円 05月 36,482,368円
06月 20,636,699円 06月 32,460,500円
07月 57,753,100円 07月 27,670,020円
08月 39,375,850円 08月 40,498,811円
09月 36,133,488円    
10月 37,863,323円    
11月 118,968,566円    
12月 23,569,332円    

昨年7月の異常値は、英国のEU離脱後の余波でポンドが大きく動いている時でして、ちなみにブレグジットが決定した6月自体の数字が低いのは、何があるか分からなかったためシステムトレードを停止していたためです。あと、同じく昨年11月の超異常値は、あのアメリカの大統領が例の方に決まった日に単日で5,800万叩き出したのと、その後の余波でして、ええ彼には感謝しております(笑)。

fxse.hatenablog.jp

 

別に、4,000万円台を狙っていたとか、千万の桁でビンゴ大会やっていると言うワケではありませんが、なんとなく先月は気になってしまって、お陰様で無理やり達成できました(笑)。まあ、こんな他人様の利益一覧表なんて見ても、面白くもなんとも無いかと思いますが(汗)。

  


 

さて、視点をミクロに戻しまして昨日ですが、東京時間までは順調に全通貨でドルが買われドル高になるチャートを形成しておりました。ところが、欧州時間に入りますとやや微妙な値動きになり、スロースタートだったポンドだけ売られて遅れたドル買いが入った程度で、円やユーロでのドル買いは停止した感じでした。

ニューヨーク時間序盤からは、待ってましたとばかりのドル売り。久しぶりに見た、完全な利益確定調整相場でして、アメリカの指標もあったのですが完全無視(笑)。比較的重要視されるシカゴ購買部協会景気指数も悪くなかったんですけどね。

米国8月 前回値 市場予想(中心値) 結果
シカゴ購買部協会景気指数 58.9 58.5 58.9

 

日本時間で午後9時半にありましたインフレ関連の指標がほぼどれも予想通りで、財務長官の発言「ドル安が米貿易にとって有利なところもある」と言う発言からドルが売られたと言う分析もありますが、ちょっと無理があるかな。やはり、ここ数日で溜め込んだ利益を確定させたい向きと、雇用統計を翌日に控えたポジション調整もあっての値動きでしょう。

 

さあ、今日は雇用統計ですが、どうなるんでしょうかねえ。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら