FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/07/11 戦績

 2017/07/11 火曜日 戦績

USDJPY         +76,800円

EURUSD         +81,331円

GBPUSD        +142,926円

AUDUSD          +8,137円

USDCAD         +67,997円

EURJPY        +166,600円

GBPJPY        +291,200円

EURGBP         +30,552円

TOTAL         +865,543円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,179,258円

 

月間戦績(07月)

TOTAL       +7,027,578円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +183,985,983円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +735,682,710円

 

ドル円は114円50銭を、ど~しても越えられず日本時間で深夜0時の時計の針が天辺を超えてから失速。一応この失速の理由としては、アメリカさんの例のなんちゃらゲートのウンタラカンタラで、トランプジュニアがロシアと猥談?密談?してたのを公開したってんですんが、なんかこれ、ロシア側は「別にどうぞ」ってずっと言ってたとかなんとか(笑)。ニュースでもあまり大きく話題になりませんし、ドル円失速も中途半端で終わりまして何だかな。

ユーロドルは遂に1.15を目指して動き出しまして、もし仮に今週末に1.1470を超えて終えますと週足で実体が1.1470を付けるのは、あの2015年1月に発生しましたユーロ大崩落の時以来になります。こちらは、トランプジュニアがロシアと猥談?密談していたのを公開したってのを有効活用して上り詰めた感じです(笑)。

ポンドドルは指標も特に無かった何でもないような時間帯、日本時間で午後9時半に自ら崩壊(笑)。いや、全く何も無かったのかと言いますと、ちょうど同じくらいの時間帯のニュースで「BOE副総裁、講演で金融政策に言及せず  」と言うのがあるんですが、まさか、さすがに言及せずってこれで崩落(笑)。実際のところは、ドイツのメリケンケル首相が「ECBの政策は、現段階で我々が望む状態にまで達していない」と発言したため、ユーロ買いの中で表裏一体のポンドが売り込まれたのが原因のようです。まあ、崩落と言っても 30分で 70pips くらいでしたから、ポンドにしたらたかが知れている値動きかもしれませんけど。

昨日も、最近多いストレートは値動きが読みづらくクロス円の方が利益が多い日でしたが、日本時間で深夜0時を超えてからは随分とストレートペアも値を上下に試す感じがありますので、週末にかけて動意がもっと付く事を願っております。

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら