FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/07/10 戦績

 2017/07/10 月曜日 戦績

USDJPY         +41,200円

EURUSD        △22,916円

GBPUSD         +27,519円

AUDUSD          +4,072円

USDCAD         +54,847円

EURJPY         +89,400円

GBPJPY        +117,600円

EURGBP          +1,993円

TOTAL         +313,715円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +313,715円

 

月間戦績(07月)

TOTAL       +6,162,035円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +183,120,440円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +734,817,167円

 

あれ、ユーロさん?(汗)。いや、なんかユーロは先日もこんなのありましたが、ボラ小さすぎてマイナス食らうのは対米ドルストレート通貨ペアの方が多いです。

クロスレートですと売買の判定に使える通貨が3つ以上になりまして、例えばユーロ円ですと、ユーロドルの値動きとドル円の値動き、そしてユーロ円の値動きの3つの通貨ペアの値動きを過去のパターンで分析出来るのですが、ユーロドルなどのストレート通貨ですとそのものズバリストレート通貨ご本人様しか参照できません。

いや、別にストレート通貨でもクロス円とか参照してもいいんですが、そっちの方が余計に成績悪くなるんですよね。だから参照する意味が無いと言うのが過去のテストで分かっております。それでも、直接取り引きがあり円キャリーがよく行われているユーロでしたらまだ意味は無い事もないんですが、いつクロス円も参照するのかを決定したりとかのルーチンを入れるとなるとイレギュラーなシステムになってしまうので、なるべく画一化したシステムにしておきたいため、だったらマイナスの日があった方がいいやと言う事にしております。

と、ここまでがユーロドルマイナス日計のイイワケです(笑)。 

 


 

昨日は特に目立った指標も無く、比較的重要視されておりました中国の消費者物価指数=CPI に豪ドルが反応する事も無く、ほとんど重要では無いドイツの貿易収支・経常収支にユーロが反応する事も無く、もう本当に淡々と右へ右へのチャートを作るだけの日になった感じです。

むしろ、こんな値動きの中でクロス円のユーロ円とポンド円が全体の6割以上を稼いでおりまして、よくやってるなと思いました。ええ、その理屈と言うか、理由と言いますか、その辺が上でクドクドと書いたイイワケ文に入っております(笑)。

 

ドル円、値動きは大した事ありませんが、ジワリジワリと下値を切り上げておりまして、日足で見ますと結構なお点前になってきました。ここで上に抜けますと115円半ばまでは一気に上昇で、その先もし行かれたら久しぶりの120円が見えるのかもしれません。見えないかもしれません(笑)。実際、そんなの誰にも分かりませんからね。

 

今週は少し長めの足、日足や週足もよく見ておいた方がいいかもしれません。

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら