FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/05/24 戦績

 2017/05/24 水曜日 戦績

USDJPY        +172,700円

EURUSD        +125,993円

GBPUSD         +81,855円

AUDUSD         +36,722円

USDCAD         +75,313円

EURJPY         +18,500円

GBPJPY        +211,300円

EURGBP          +2,857円

TOTAL         +725,240円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,686,434円

 

月間戦績(05月)

TOTAL      +30,382,055円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +130,537,470円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +690,094,319円

 

昨日、こんな事書いたんですよね~

現在のドル高に振れた位置のままでFOMC議事録待ちになるので、しょう、かねぇ?

fxse.hatenablog.jp

結局昨日のニューヨーク時間終了近辺の時間から、ドル円は上下25pipsほど、ユーロドルも上下30pipsほど、そして我らがポンドドルもニューヨーク時間がご開帳いたします日本時間で夜10時近辺までは上下50pipsも無い感じの、狭いレンジ内での取引に終止しておりました。別にこれ、当たっても嬉しくもなんともありません(汗)。

その割に数字が良かったのは、前日がドル円マイナスになるほど含み益ポジションは持ったまま深夜0時の時空壁を超えたので、ある意味昨日の収益ではありません。まあ、別に昨日の分でも一昨日の分でも、どっちでもいいんですけどね。

 

そんな、全く動意なしの日に頑張っちゃったのがカナダドルでして、昨日、日本時間で午後11時にカナダ中銀の政策金利発表がございました。事前予想どおり金利据え置きなんですが、このご時世では 0.50% の政策金利って高い方なんですよね(汗)。しかも、金利据え置きだけでは無く、かなりポジティブな声明を出しておりまして、なにせ「原油安は織り込み済み」発言が出たから大変(笑)。

時をほぼ同じくしましてOPEC委員会が原油減産延長勧告を行いまして「こりゃ原油上がるわ、カナダうはうはだわ」と、そんな感じです。しかも、そこから30分後の日本時間で午後11時半には、米EIAが発表する週刊週間原油在庫が市場予測240万バレルの減少の2倍近い443.2万バレルの減少と、これまた「カナダうっはうは」ですがな。いつも資源国と言えば、日本の遥か南に位置する世界一大きな島国世界一小さな大陸の国の事しかチェックしてないので、たまにまともな国別の資源国の発表なんかを聞きますと、随分違うなと思います。

 

さて、実はこれ下書きしてるのは深夜0時を回って今日になったばかりでして、まだこれからFOMC議事録公表がある、そんな時です。今回、はてなハイクでもつぶやきましたように、スルー検定実施の方向となりましたが、果たして朝にはどんな結果になっているのか。そもそも、本当にスルー出来たのでしょうか。朝になれば分かりますが。

と、言う事で朝になったわけですが、実は早朝3時に起きて見ておりました。それでも予定通りといいますか、大した事が書いてないのでドルの失望売りに近く、過去1日値動きしなかった(出来なかった)ロックを外しただけでした。

債券相場は為替相場と同じく売りだったのですが、株式市場の方は好感で迎えた格好でして、直後からダウは21000ドル台に乗せそのまま終了しております。

これ、どこが明暗を分けたのか。債券相場は、当然ですが金利勝負ですので、金利の上昇が即市場に反応する事は間違いありません。その直接の理由・原因としては政策金利の変更でしてそれが遠のけば、政策金利の上昇を期待して下落していた債券価格は上昇し、債券利回りは低下します。すると、債券=米国債と密接な関係にある米国通貨の米ドルは「兄弟(債券)が利回り低下するなら、俺も下がるぜ!」的に安直な思考で売られる事が多く、ドル円上昇して円安になれば日経平均が上がると言われる程度の相関性はあるかなと言う感じです。まあ、超長期的に見たら、相関性が絶対とは決して言えないんですけどね。

 


 

本日はキリスト教で主イエスキリストの昇天日*1 と言う、非常に大切な日でして、今日は私もこれから教会に向かいまして色々とございます。ええ、色々ございます(笑)。 フランスでは祝日になるほど大切な日でして、名前の如く主が昇天した日、と言う事でして、ちょっと難しいのですが昇天と言っても一般的な死とは違い、そもそも主は一度十字架の磔によって死んだ後で復活しており、再度の肉体的な消滅である昇天は死ではありません。

と言う事ですが、もしご興味がありましたら、目の前の便利な箱(パソコン)や小箱(スマホ) でカチャカチャ検索するよりも、お近くの教会へどうぞ。できれば、カトリック・プロテスタント・聖公会など、新興では無い教義の教会をおすすめ*2 しておきます。

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら


*1:教義によって、若干の言い方の違いがございます。

*2:個人的な見解です。新興の教義の教会でも素晴らしいところはあるかとは思いますが、私が良く分からないのでおすすめしないと言うだけです。