FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/05/15 戦績

 2017/05/15 月曜日 戦績

USDJPY         +58,100円

EURUSD        +110,704円

GBPUSD         +79,527円

AUDUSD         +18,255円

USDCAD         +62,209円

EURJPY        +216,600円

GBPJPY        +147,300円

EURGBP         +33,992円

TOTAL         +726,687円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +726,687円

 

月間戦績(05月)

TOTAL      +17,188,204円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +117,343,619円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +676,900,468円

 

昨日、朝からやらかしてくれた主犯ドル円はそれほど動かず、またもやクロス円と言う夢と魔法の国の通貨であるユーロ円とポンド円が、それぞれの宗主国通貨ユーロドルとポンドドルの一体何を目指してキレイなチャートを描いているのか分からない動きに追従しまして、ポポポポーンなわけでした。一体何を書いているのやら、私もとんと分かりません(笑)。

 

実は昨日、日本時間で午後9時半に発表になりました、ニューヨーク連銀製造業景況指数が思いっきり悪い数字でして、前回値5.20、市場予想が7.50近辺だったのですが、ななな~んと結果-1.00、よーく見て下さいね、1.00じゃ無くて-1.00 頭にマイナスが付いてますからね。まあ指標と言いましても、各連銀の管轄地域内の企業にアンケート調査した結果の集計なんですが、重要指標の一つであるISM製造業景況指数の先行指標として、この指標が目安になるため注目されております。マイナスの結果は今年に入って初めてでして、つまり大統領が交代してから初めてです。いや「だから何?」と言われても困るのですが。

 

ほんと昨日は朝の窓開け以外に特に大きな動きは無く、逆に「何かネタくれ」って感じでした。あの昨日の早朝5時台に入れたポジション、なんとなく勿体なくてまだ持ってるんです。いや、最初は軽く上がったらさっさと切っちゃおうと思ってたんですが、円高に振れる要素が少なく、最悪は立てたプライスでストップしておけばいいかなとか初心者のような事を考えてそのまま持ってます(笑)。

そのまま持ってる先輩格としては、昨年の英国のEU離脱騒動の際に強烈に安くなったニュージーランドドル、いまだに持っております。毎日毎日、ちょっとずつスワップポイントが付くのが愛おしくて仕方ありません。以前は、可愛くて仕方ないと言う表現だったのですが、もう可愛いのは通り越しました。少し前、82円台を付けていた頃に精算していればそれなりの利益が出てるたのでしょうが、もうそんなのはどうでもいいです。金利コツコツの力は半端ないですからね。超長期の米国債を持っていれば、子供の代には豪邸が立つと言われるほどです。まあ、今はあちらさんも風前の灯火のような金利ですけど(汗)。

 


 

昨日、いつも行くカフェの店長さんから「6ペンスコインって、ありませんかね?」と聞かれました。ええ、あの英国の6ペンス銀貨です。 これ、たまに聞かれるんですが、実際に手に入れようと思ったら、Amazonとか楽天で買ってしまった方が絶対に早いです(笑)。500円くらいで売ってますから。

私も昨年、ある方の結婚式で使って頂こうと思い、香港の実家に電話して家中探してもらったら15枚ほど発見されました(笑)。もし香港の実家に無ければ、英国の実家にでも言えばいくらでもあるんでしょうけど、なんとなく身近な人の手を実際に渡ってきたモノの方が良いような気がしまして。6ペンスコインは1970年より前に流通生産が終わっておりますので、香港の実家にあるモノは、そのほとんどが私の父と母が英国から香港へ島流しやって来た時に一緒にやって来たモノのようです。

そんな事を思い出し、一旦家に帰りまして、昨年うちの母が香港から持って来てくれた6ペンス銀貨のうちから1枚選んでカフェに戻り、店長さんに差し上げてきました。ちなみに、結婚されるのはこの店長さんでは無いようで、残念です(笑)。

 

もうそろそろ、そう言う季節ですね。