読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/05/11 戦績

 2017/05/11 木曜日 戦績

USDJPY        +487,600円

EURUSD        +175,059円

GBPUSD        +624,905円

AUDUSD         +22,922円

USDCAD         +81,166円

EURJPY        +351,500円

GBPJPY        +929,300円

EURGBP         +41,597円

TOTAL       +2,714,049円

 

週間戦績(当週)

TOTA        +8,345,826円

 

月間戦績(05月)

TOTAL      +14,540,073円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +114,695,488円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +674,252,337円

 

昨日の目玉商品、英中央銀行BOEの政策金利発表ですが、万馬券狙いの博打打ちの方以外の大多数の方が予想しておりましたように「0.25%に金利据え置き」分割20回まではジャパネットたかたが金利を負担と言う結果になりました。また、私が狙った万馬券「資産購入枠の拡大」は海の藻屑となりましたが、実際には予想屋稼業なので投票券は買ってないんで損もしません(笑)。

 

月曜日のブログでは文字数稼ぎのために色々と予想も書いたのですが、本心としては「利上げ無し、資産購入枠なんて話題にもならず、議事録文言は弱い」であろうと思っておりまして、昨日の夜8時の発表時には、子供たちと夕飯食べてました(笑)。

ファンドマネージャーの自宅での様子がテレビで放送されたりしますと、電子ブローキングの自動音声が為替レートを淡々と読み上げ、その中で生活するようなシーンが出てきます。あれは実際にそんな感じでして、あの自動音声の幻聴が聞こえるようになって奥さんが病んでしまい、離婚、なんて笑えない事もあったります。

システムトレードがメインの私は、さすがにそこまでリアルタイムプライスに拘っておりませんので、我が家ではそんな事は通常はしておりません。ええ、出来るようにはなってはおります。ただ、家中にあるモニターで為替レートやニュースは表示されるようになっておりまして、トイレの中までモニターがありますから、スマホ片手にトイレに入る必要は無いので便利です。

 

昨日も夕飯中ではありましたが、夜8時の発表時にはモニターを見ておりまして、一緒にモニターを見ておりましたうちのお姉ちゃん(長女)が「あら。大した事無いわね。一気に1円くらい動くかと思ったのに、中途半端ね(笑)」と、ポンド円の値動きに対して感想を述べておりました(汗)。うちのお姉ちゃん、中高生の中では恐らくトップレベルで現在の為替レートが分かってるのかなと。いや、そう言ったら、うちの弟くん(長男)や家政婦さんのところのお子さんは、トップレベルで現在の為替レートが分かってる小学生で、家政婦さんもトップレベルで現在の為替レートが分かってる家政婦、なのかも。皆んなそんなの分かってても、現実社会でな~んにも役に立ちませんけど(笑)。

 

英国金融政策の煽りを受け、対円を除いてドルが買われ、なぜかいつものようにドル高円高のコンボです。これ、完全に「欧州通貨の売り」って事でして、理由が分かっているなら「なぜか」では無いのですけれども。

日本時間で午後9時半に発表になりました、アメリカの生産者物価指数(PPI)関連指標は、どの数字も全て市場の事前予想を上回っておりまして、力強く回復しているアメリカを印象づけておりました。が、それでドルが買われるのは一瞬でした。ドル円は、その一瞬だけ上向きになったかと思いますと、そこからは更に急降下。ユーロやポンドも、英BOEの金融政策発表で落とした価格を取り戻すかのような値動きに入りまして、いつもの指標スイッチとは若干異なり「指標の時間が来てしまったので、一旦そっちの指標を消化しておきました」そんな感じです。別にそれほど珍しい現象では無いのですが、今回のような英BOEが金融政策を全部変更なし、みたいな事で強いアメリカを無視するような事はあまり無いので、ちょっと面白いかなと思います。

 

そう言えば、英BOEのカーニー総裁が「ポンド安は英国の貿易にとって有利」とかなんとかぶっちゃけ発言しておりましたが、あれを、もし日本や中国の金融当局者が言ったらアメリカから何を言われるか分かったものじゃありません。英国も対米輸出じゃ黒字でアメリカから見たら貿易赤字国ですから、金額の大小はあるにせよ、日本や中国と同じようにアメリカの貿易収支赤字の原因国ですので。

 

今日の⇧内容、ほんと自分で見ても「何言ってんだこいつ」って感じなのですが、大急ぎで推敲もせずに打ったため、ご容赦ください。

 


 

今日はこれから、例の朝食会です。

fxse.hatenablog.jp

何曜日にやるとか、何ヶ月に1回とか、全く決まっておりません。適当に調整しまして、参加人数が多い日にやると言う感じでしょうか。もっとも、日本時間で朝食会をやるような時間帯には、為替が大きく動く事が少ないので、いつやっても大丈夫そうな感じではあるんですけど。 

4回結婚して今の奥さんは4人目、過去4人の奥さんとの間に5人の子供がおり、全員を養ってる彼は今日も来ます。その彼も私からシステムを借りてくれてるお客さんなので、システムトレードでの収益はまるわかりなのですが、割りと稼いでおりまして、過去に結婚していた時の奥さんで現在無職の方1名と子供4人、現在の家族の奥さんと子供の全員を養うのはらくらくでしょう。いや、むしろ搾取されている感じも無きにしもあらずで、過去に名付けたアルティメットキャッシュディスペンサーと言う名前は、やはり間違っていなかったのかもしれません(汗)。

なんか、今日は彼から重大発表があるそうなので、もしかしたら4人目の奥さんとも離婚なんじゃ無いかと、他の参加者と今からワクワクしております(笑)。