読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/05/10 戦績

 2017/05/10 水曜日 戦績

USDJPY        +910,400円

EURUSD         +92,771円

GBPUSD         +51,273円

AUDUSD         +66,283円

USDCAD         +43,316円

EURJPY        +219,300円

GBPJPY      +1,408,800円

EURGBP         +29,199円

TOTAL       +2,821,342円

 

週間戦績(当週)

TOTA        +5,631,777円

 

月間戦績(05月)

TOTAL      +11,826,024円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +111,981,439円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +671,538,288円

 

さすがに、月曜日から継続しておりました対円での無慈悲な上げ相場も、あのまま継続出来るわけでは無く、日本時間で昨日早朝、ニューヨーク時間の火曜日午後には失速したわけですが、それにしても月火の2日間で随分と上げましたねえ。

ドル円が、112円50銭近辺から114円半ばまで約2円、ポンド円が145円後半から148円前半までの約2円50銭、ユーロ円だけはフランス大統領選終了効果で月曜日の早朝に付けました124円半ばから123円ちょうど近辺まで下落した後、強引な上げで124円半ばまで復帰しまして片道約1円50銭の往復です。

 

円、日足で見ますと凄い事になっておりまして、あの4月17日を底にチャートは凄い角度になってます。あの4月17日、そう⇩私の友人がカリブ海で漁師になったお話しをした時です(笑)。

fxse.hatenablog.jp

いやいや、北朝鮮有事が具体化してきた時でした。そっから、怒涛の上げ。

f:id:fxse:20170511072121j:plain

ドル円は115円に到達しますと目先100%戻し完了と言う感じでして、それを超えますと昨年12月に付けました118円後半、そして超えられなかった119円の壁へのアタックをするのかどうか。それを超えますと120円の壁と言うのはそれほどでもなく、多くの方が注視している一昨年2015年7月に付けた125円に向かって、比較的早そうな気もしないでも無いです。ただ、そこに行くまでに超えなければならない119円の壁の方が強そうに思えますので、果たして超えて超絶円安に向かうのか、またレンジを形成すべく円高に向かうのか。

私としたら、ボラが高くなれば何でも構いませんので、しかも一方通行的な相場は大歓迎ですので、今後もよろしくお願いします(笑)。

 

そう言えば、一時期やたら表示されておりました「円が5月に大暴落」とか何とか言うバナー広告、最近はとんと見かけませんね~。あれクリックしないうちに見かけなくなったんですが、一体どういう内容だったのか今更ながらに気になってきました(笑)。だいたい為替相場の行方なんて、イエレンFRB議長でも、トランプ大統領でも、ジョージソロス氏でも、ウォーレンバフェット氏でも、榊原英資氏でも分からないのに、あの広告って優良誤認表示にならないんでしょうかね。まだスマホに表示される「メモリーがいっぱいです」よりマシですけど(笑)。

 


 

え~っと、昨日のエントリーへのコメント、まさかの「ゼビウス」で埋め尽くされる勢いでして(笑)。昨日、為替は放置で他の用事をしており承認も公開も遅くなり返信も出来ないまま、ゼビウスへのコメントが増えた感じです(汗)。

 

なぜゼビウスが登場したのかと言いますと、一昨日のブログで登場しました私の高校時代に住んでおりました寮の先輩、

fxse.hatenablog.jp

私が2年生の時の3年生だった寮長がやたらゲームの好きな人で、特に当時でも既に古くなったアーケードゲームの移植版が大好きで、ファミコンだけで無く、当時でもその筋のマニアが好んで使っておりました X68000(X68000 - Wikipedia)で、果てしなくアーケードゲームを追求していた感じなんです。そんなことから、私もファミコンごと借りてゼビウスをやっていたと言うわけです。

ぶっちゃけ反射神経の問題なのか、私はシューティングゲームは合わないようでして、どちらかと言えばロールプレイングゲームの方が得意なのですが、あれって時間が掛かるのでやり始めるとキリがなく、止めておくことにしました。

 

そんな私が今はコンピューターを駆使する仕事をし、先輩はと言うと、コンピューターは業務上で仕方なく使う程度で、書類に埋もれ、世界中飛び回るような仕事をしているのですから、将来なんてものはどうなるのか分かりません(笑)。