FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/05/01 戦績

 2017/05/01 月曜日 戦績

USDJPY        +121,500円

EURUSD         +69,656円

GBPUSD         +43,703円

AUDUSD         +30,687円

USDCAD          +4,204円

EURJPY         +60,600円

GBPJPY        +153,300円

EURGBP            +165円

TOTAL         +483,815円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +483,815円

 

月間戦績(05月)

TOTAL         +483,815円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +100,639,230円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +660,196,079円

 

ドル円の動きを見ますと、さすが連休の狭間の相場と言う感じでして、東京時間は随分と大雑把な動きだったと言いますか(笑)。

朝から 111.20-40 のレンジでタラタラしてたところ、米議会の予算暫定承認のお知らせを聞いて、稼働レンジを 111.60-70 くらいにシフトさせただけで東京時間は終了です。為替レートと形成する大きな部分としては、よくインターバンク市場と言う名前で語られる銀行間の取引でして、銀行間での取引のメインはカバー取引、つまりお客さんからの注文が無ければ他の銀行へカバーするポジションが発生しないんです。

外貨取引で銀行にとってはメインのお客さんである大企業の多くがゴールデンウィークに入っているこんな状況ですし、さらに銀行内の自己勘定部門もお休みでしょうから、日本の市中銀行さんの外国為替部門で、昨日今日のお仕事は仲値決める事くらいでしょう。あと、大手都市銀行さんは、日銀ホットラインの電話が鳴らないか、ジッと待機している係も必要かもしれません(笑)。私、日本の都市銀行に勤務した経験は無いので、全く分かりませんけど。

 

昨日は、欧州でも多くの国がメイデーのお休みだったため重要指標は無く、要人発言も少なく狭~いレンジの中でチョコチョコと動いているだけでした。

続けて迎えたニューヨーク時間、昨日唯一とも言える重要指標であった ISM製造業景況指数が市場予想より低かったため、一瞬は若干のドル売りがあった感じですが、結局は「前回や予想より悪くても、50超えてるから良くね?」と言う雰囲気が市場を支配したのか、あるいはそう支配させる必要があって扇動した者がいるのかは分かりませんが、ISM発表から30分ほど経った日本時間で午後11時を過ぎた頃には、ISM発表前の若干のドル売りから反転してドル買いに入るような手のひら返しです。

 


 

「最近、タイに行ってないな~」とか思いながら、昨日コンビニに行きましたところ、こんなの発見しました。

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101177/201703290406/_prw_PI1im_8cfzZNX0.jpg

新発売の pop が付いて山に積んであったのですが、それもそのはず、昨日が発売日だったようです。

www.nikkei.com

 

私、トムヤムクンは好きなのですが、それが故に、過去どれだけトムヤムクンのカップ麺に騙されてきた事でしょう(汗)。それでも、何やら「タイ国政府観光庁協力」で、しかも「日タイ修好130周年記念商品」とまで書かれておりますので、ここは一つ騙されてみようじゃ無いかと、買ってまいりました。

そして、お味の方はと言いますと・・・・・・

 









 

これで200円(税抜き)は凄い!
何が凄いって、凄い美味しい!

 

日タイ修好130周年記念商品と言う看板に偽りなしと言う感じです。

 

麺が米麺風でして、原材料を見ても米とは書いて無いので、どうにか頑張って風味や食感を出してるのでしょう。味付けも、トムヤムクンを嫌がる人がよく言う「酸っぱい」感じが程よく抑えてありまして、多分これなら酸っぱいからトムヤムクンは嫌と言う方でも、イケるかもしれません。あと辛さ、これは人によってマチマチでしょうが、他のカップ麺のトムヤムクンを食べた時のように、いつまでも痺れているような感じも無く、食べ終わって少しするとスッと引いていく感じです。

 

これはいい、これは・・・・・・
とりあえず買い占めておこうか\(^o^)/

 

そうそう、タイと言えばトムヤムクンと言うイメージがあるのですが、タイ人のエドワードが言うのには「タイ人だからって、そんなにトムヤムクン食べませんよ。日本人だって毎日毎日、寿司食べてるわけじゃないですよね?」だそうです。そりゃそうだ、毎日毎日お寿司食べてたら、痛風になっちゃいます(笑)。

日本人が食事の時に汁物として味噌汁を用意するような感覚だと、タイではトムジューも含めたクリアスープ系なんだそうです。トムジュー、Google IME で変換すらしやしません(笑)。私もトムジューは、聞いた事はありますし飲んだ事もあります。ただ、それほど印象に残るようなスープでは無いのですが、そう言う物の方がかえって家庭料理だったりするのでしょうね。タイで家庭料理って言うのも、あまりイメージが湧かないのですが。

あと、やっぱりカレーはよく食べるそうです。そして、タイに大量に店舗を構えているココイチにも行くそうです(汗)。彼女はカレーより、ココイチのサーモンパスタの方が好きなんだそうです。全然そんな事は聞いておりません(笑)。

 


 

なんか、またアメリカの野郎が(笑)。いや、アメリカ政府高官が「修正合意しなければ、やっぱり NAFTA 離脱するって大統領は決断するぜ」と言う発言が伝わりまして、これ(NAFTA)離脱するの?交渉するの?もうどっち(笑)。

いや、大局では「再交渉のテーブルに乗る」と言う意思表示と「米国が求める修正に合意しなければ離脱」と言う2つは変わって無いと思われますが、こうチョロチョロと発言が伝わりますと、正直カナダとメキシコの当事国としては、うんざりするでしょう。聞いてるだけの私でも、うんざりしてます。

日本では、どこかの大臣が「東北でよかった」発言で事実上更迭されたりとかもありましたが、アメリカの現状をアメリカのテレビで見ておりますと、なんか日本の方が百倍くらいマシに思えてくるから不思議です(汗)。

 

もう一丁、非常にビックリなんですが、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩と会談してもいいよと言う報道が伝わりまして、その後、報道官によって「現段階では条件が揃っていない」と言う発表もあったわけですが、これはつまり、条件が揃ったら会談が成立すると言う事でいいのでしょうか。

最大の懸案は、会談場所でしょうか。北朝鮮は「北朝鮮に来るなら来いや」の姿勢は絶対に崩さないと思いますし、米国としては第三国、具体的には最低限でも中国でしょうし、できれば更に西側に寄った国でのセットアップを目指すと思います。ただ、それは難しいでしょうね。無さそうだな・・・・・・

 

私としては、現状の一触即発の事態が後退してくれたら、それだけでいいのですが。全て平和的に解決と言うのは、望みすぎだと言うのも分かっております。