読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/04/12 戦績

 2017/04/12 水曜日 戦績

USDJPY        +424,600円

EURUSD         +81,169円

GBPUSD         +63,811円

AUDUSD         △9,088

USDCAD         +41,790円

EURJPY        +187,000円

GBPJPY        +150,700円

EURGBP         +28,562円

TOTAL         +968,544円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,687,404円

 

月間戦績(04月)

TOTAL      +14,431,976円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL      +80,655,594円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +640,212,443円

 

昨日の戦績数字には関係無いのですが、日本時間で本日未明4時過ぎに、米大統領の「ドルが高すぎる事が将来米国にとって足かせになる」旨の発言がテレビで報じられまして、109円台後半まで戻っておりましたドル円が109円台前半まで一気に下落、1.05台に突入しておりましたユーロドルも1.06台後半まで上昇いたしました。

また、同じ時間帯には「中国を為替操作国に認定せず」との報道もありまして、為替操作国に認定するとかしないとか言ってる国の大統領の発言で、ここまで為替が動いていることをどう考えているのか聞いてみたい気もします(笑)。いや、件の発言がテレビで報じられた際に「強いドルは私(トランプ大統領)への信頼が理由である」と言う報道もありまして、おいおい、結果論容認するんだ?(笑)。 

 

昨日の対円ペアの数字、その前日火曜日からのポジションを引きずっておりまして、昨日単独で見たよりかは大きめの数字になっております。若干気になる動きなのが豪ドルでして、資源国通貨全体が冴えない値動きではあったのですが、その中でも、最近の豪州当局者の発言などから先行き不透明感が増している感じです。

いつもブログでも書くのですが、正直言いまして豪州当局者の発言ってハッキリしないんですよね。幼稚、とまでは言い過ぎかもしれませんが、ある程度の大国ではある以上、もう少ししっかりして欲しいとは思います。もともとがメジャーカレンシーとは言えない通貨ですので、今後少し注意が必要かもしれません。場合によっては、取引ペアから外す事まで考えております。

 


 

東京もサクラが随分と見頃になってきております。雨が当たると落ちやすい咲く頃に、今年は随分と雨が集中しておりまして心配しているのですが、今週末にかけては晴れが続くようです。今週末、欧米ではイースターでして、金曜日は市場がお休みになる国や地域もたくさんあります。

何でも全部イベント事をこなす我が家としては当然イースターもやるのですが、サクラも咲くこの時期、ゴールデンウィークも前にしている事ですし、春休みも終わったばかりですし、毎年毎年、遊ぶ事ばかりが忙しい時期でたまりません(笑)。