FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/04/05 戦績

 2017/04/05 水曜日 戦績

USDJPY        +193,100円

EURUSD         +46,009円

GBPUSD         +82,656円

AUDUSD        △13,118

USDCAD         +18,753円

EURJPY        +151,600円

GBPJPY        +322,700円

EURGBP         +30,704円

TOTAL         +832,404円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,355,836円

 

月間戦績(04月)

TOTAL       +3,240,009円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL      +69,463,627円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +629,020,476円

 

円買われたり売られたり、日々上下反転でほんと忙しい日々です(笑)。 

 

昨日のブログを更新する少し前くらいに北朝鮮がミサイルを発射したとの報道がありまして、若干ですがドル円が反応しておりました。

随分と前、北朝鮮がミサイルを発射する度に「地政学的リスクがー、地政学的リスクがー」と言って円が売られた時代がありました。あれはまだ、ブルームバーグが日本で日本語放送をしていた時代の事です。いや、決してブルームバーグが「地政学的リスク」と風潮していたとは言っておりません。言って、は、おり、ま、せん。

近年は「有事の円買い」の一言に押され、こんなに地理的に近い北朝鮮がミサイルを発射してるのに「なにが円に逃避だよ ┐(´д`)┌ 」とは思うのですが、相場の神様に逆らうといけませんので、何も思わなかった事にしております(笑)。

 

今回それが珍しく、北朝鮮のミサイル発射報道で若干ですが円売りだったんです。

f:id:fxse:20170406031404p:plain

日本時間で午前7時12分、韓国の連合ニュースが韓国軍の発表を伝え、それを受けて同時刻から1分後の7時13分までに各通信社が配信、連合ニュースの伝聞でNHKが速報を出したのが7時14分の事だったようです。 

その後しばらくは、早朝で取引が少ない事が理由なのか、市場がどう反応していいのか判断出来なかったのか、ほぼ値が動かない状況でした。午前7時半ころになりますと、東京市場の外為ディーラーがぼちぼち出勤してきまして、そこでようやく動き始めたような感じです。結果としまして、午前7時前からの流れ1ドル110.70円近辺から10pips程度値を上げ、1ドル110.80円近辺まで上がったわけです。

そろそろ、日本海側がきな臭くなって来た気がします。今回発射したミサイルは、どうやら固形燃料を積んだ新型だったようです。報道を見ますと、飛距離から「失敗」だったとの意見が多いようですが、もし新型であれば「飛んだだけ」で成功だった可能性もあり、どの程度の技術力があるのか露見させないようにするため、あえて飛距離は伸ばさなかった可能性もあるわけです。

北朝鮮の技術力、あの高緯度から衛星軌道に物体(北朝鮮政府いわく衛星)を乗せる力はあるわけでして、そこに固形燃料ロケットの技術を合わせ、地球低軌道(LEO)にミサイルを乗せると、全世界をおよそ1時間前後*1 で攻撃する事が出来るようになってしまいます。更に、そこに遠心分離機が必要な、なにやらゴニョゴニョしたアトミックなやつを弾頭に使いましたら・・・・・・

「ロケットやミサイル、お前の専門外だろ」と思われる方もおられるかもしれませんが、公式に当てはめるだけでは無い高度な軌道計算は物理学者や天文学者では無く数学者の領域でして、まあそれにしても私は数学者ではありませんけど(汗)。 

 

さあ、為替が動かなかった話しは終わりにしまして(笑)。朝の一件で上下の値動き幅を大きくしただけの東京時間を終え、欧州時間に入り、そしてロンドン。日本時間で午後5時半に発表になりました、英国サービス業PMIが前回値や予想値の53ポイント台半ばを大きく上回りまして、55.0ポイントと言う結果に市場は大反応でした。ポンド円が牽引し、ドル円やユーロ円まで上昇する有様です。

ドル円はクロスレートでどうしても同調してしまうので仕方ないのですが、ユーロポンドでもポンド高になっているのに、ユーロ円まで高くなると言う事は、ユーロも上がると言う事でして、もうなんだか分かんない状態に(笑)。ニューヨーク時間に入り、アメリカの指標は良かったり悪かったり一定せずに、また為替レートは流浪の民になってしまいましたが(汗)。 

 


*1:地球低軌道(LEO)では地球を周回するのに約90分ですので、単純に考えると地球の裏側まで45分で到達するのですが、軌道までの上昇時間、軌道からの下降時間、そして攻撃地までの現実的な軌道を考えますと、実際には1時間前後は必要になります。また、日本を攻撃しようとした場合、近すぎるので衛星軌道でのミサイル攻撃は難しく直接打ち込む事になりますので、巡航速度での到達時間計算そのままになります。