読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2017/04/03 戦績

 2017/04/03 月曜日 戦績

USDJPY         +40,100円

EURUSD         +39,709円

GBPUSD         +83,780円

AUDUSD         +22,056円

USDCAD         +39,657円

EURJPY         +74,600円

GBPJPY        +119,100円

EURGBP            +299円

TOTAL         +419,301円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +419,301円

 

月間戦績(04月)

TOTAL       +1,303,474円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL      +67,527,092円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +627,083,941円

 

いやあ(汗)。昨日は、東京時間から欧州時間とポンドを除いて全く動意無し状態でして、ニューヨーク時間開始前の日本時間で午後10時くらいまでに確定していた損益の合計、ポンドの絡む通貨ペアまで全部含めても、実はマイナスでした。

このままですと、どれくらい振りなのか「日計でマイナス」を出すと言うところで、アメリカの指標「ISM製造業景況指数」が日本時間で午後11時にあり、これ自体はさほど意識されなかったのですが、全体的にアメリカの不透明感が漂ってダウが落ち、債券利回りが下落、結果としてドルが売られる事になり助かりました(笑)。 

 

これ、昨日の値動きを見ておりますと、実体経済とは若干離れた部分で、ダウを持ち上げている投機的な資金が「トランプ政権」に懸念を示し資金を動かす事で、過熱感があるダウはやや調整的な値動きをして下落したとしても、その代わりに「ドルは安くなり、債券利回りは下落」なんとなくトランプ大統領の思い通りの方向に動いているようで、もしかして「金融市場で踊っているつもりの参加者は、トランプ大統領に踊らさせられているのかもしれない」と、若干思ったりもしました。 

 


 

ロシアの大都市、サンクトペテルブルクで発生しました地下鉄内での自爆事件、既に11名の方が亡くなられていると言う事です。

www.bloomberg.co.jp

jp.reuters.com

ここで、経済ニュース専門であるブルームバーグとロイターの記事を貼りましたのは、こう言った有事の際には、売上を取るための「恣意が入る」一般紙のニュースは役に立たないからです。

朝日新聞「プーチン氏のお膝元、滞在中の爆発 政権に打撃の可能性」

毎日新聞「露で地下鉄車両爆発:政権揺さぶりか 大統領選へ情勢不穏」

など一般紙の見出し、いや日経ですら、

日本経済新聞「プーチン政権に衝撃、引き締め強化も」

まあ日経に関しては、この見出しはあくまでも「これだけ」の記事で、速報ニュースはロイターの垂れ流しで「事実報道」だけでしたけど。これ、一般紙が悪いと言うのでは無く、「その事実の結果の予想」を書く事で読者に事の大きさを分かりやすくすると言う意味では、そこが一般紙の良い部分でもあったりするわけです。

 

どんな理由があるにせよ、罪の無い他人を巻き込み自爆するなど許される事ではありません。今回の事件が自爆した個人の意思なのか、あるいは集団の意思なのか、今後の捜査が進みませんと分かりませんが、このような事が起こらない世の中になって欲しいと切実にそう願います。

この事件で亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の少しでも早い回復をお祈りしたいと思います。