読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2017/02/15 戦績

FX戦績
 2017/02/15 水曜日 戦績

USDJPY        +367,200円

EURUSD        +154,662円

GBPUSD        +139,007円

AUDUSD         +41,764円

USDCAD         +32,505円

EURJPY        +117,600円

GBPJPY        +151,100円

EURGBP         +23,058円

TOTAL       +1,026,896円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,204,852円

 

月間戦績(02月)

TOTAL      +14,846,202円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL      +37,582,403円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +597,139,252円

 

昨日、日本時間で早朝と言いますか、日付が変わった直後深夜0時からありましたFRBイエレン議長による議会証言によりまして、ドル円は急騰。他の対ドルストレート通貨ペアに関しましても、大きくドル高に動く事になりました。最初はね(笑)。

当初、イエレン女史のタカ派発言で市場は、USA!!!USA!!! モードでありましたが、徐々に微妙な部分が露見し、USA! USA! くらいまで若干盛り下がり、最後は地区連銀のオッサンどものジャブも入りまして、USA? USA? そんな感じで急騰は終了。それでも、上がったところ近辺から落ちる様子も無く、その後の日本時間そして欧州時間にも微動だにしないに近い状況の中で、若干僅かづつですがドル高に向かってバイアスは掛かっていたようです。

えっ、どの部分を見て「ドル高バイアスが掛かってる」のかって?それは企業秘密で、へっへっへ~(笑)。エリックが言ってたとは意地でも言わない(笑)。

 

ところで、この「議会証言」ですが「議会ってなんだよ?証言ってなんだよ?」って思いません?多分、日本のメディアが報道する時には、ロイターなどが配信した記事をそのまま引用していると思われるため「議会証言って言ったら・・・・・・、そりゃ、議会だよ、議会、うんうん」と、メディア自体がそんな感じになってるんだと思うんです。

これ、議会に出かけて行ってお話しする方からの立場で設定した言葉なので、日本語的に若干おかしな感じがありますが、実はただの「公聴会」です。日本の国会における公聴会と違う部分は、ほぼ例外無く宣誓をしてから公聴会で話すため英語的に Speak では無く Testimony となり、その訳として証言を充ててるのでしょう。経済ニュースの場合にはそれでいいのですが、一般ニュースでは、別に聞く側の立場からの Congressional hearing を直訳した審問会や、それこそ意訳で公聴会のままでもいいかと思うのですが。「FRB議長が今後の方針に関して議会証言を行った」より「FRB議長が公聴会で今後の方針を説明」の方が分かりやすいかと。

そしてこの議会証言ですが2日間に渡りまして行われ、まずは上院、次に下院の Congress = 議会の委員会でそれぞれ証言となります。なんの委員会かと言いますと、上院は銀行委員会、下院は金融サービス委員会でして、これも比較的よくニュースなどで聞く名前ですね。議会で証言って言うと、大会議場で全議員の前で行うようなイメージですが全然全くです。

 

で、いつものように脱線気味ですが、脱線から戻りましょう。実際の世の中では脱線からの回復なんて相当困難だと思いますが(笑)。

日本時間で午後10時半、アメリカの指標関係が軒並み上振れした数字で発表されまして、一気にドル高騰しました。CPIも伸び、当然CPI伸びてるので小売売上も伸び、強いアメリカ USA!!! USA!!! なわけです。ところがこれが、長続きしなかった。「長続き」と入力しようとして「ながt」まで打つと、予測変換で「永谷園」が出て来る(笑)。別にいいんですけどね。

やはり、FRBイエレン議長の議会証言2日目を控え、ドル買う動意も同意もなかなか得られなかったのでしょう。そして日本時間で日付が変わって深夜0時過ぎに始まったイエレン女史の下院での議会証言、ニュースで「前日と同じ原稿を読み上げ」とか速報されるように、適当な感じでした(汗)。

これ、大丈夫かね?どう考えても下院、日本で言えば衆議院に喧嘩売ってるとしか思えないのですが。いや、証言の統一性と言う意味で言ったらよくあるのですが、通常は政権が交代して初めての議会証言ですから、原稿2つ用意するのが本筋では無いかと。しかも、下院に対してですからね。下院議長は大統領権限継承順位第2位ですんで、それだけでも下院が「どんだけ~」ってわけです。

 


 

さて、日付が変わってナイトキャップの時間になり、実際にはナイトキャップなんて被りませんが欧米的な表現です。えっと、簡単に言ったら寝ようと思ったらと言う事です。その時にニューヨークの友人から電話がありました。

 

と言う事で一旦公開しまして、後ほど追記します。

 

 

追記せずに、新しいエントリーとしました。

fxse.hatenablog.jp