読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

オーストラリアと韓国が通貨スワップ延長&倍増

今朝、韓国の話題を書いた直後で、なんてタイムリーなんでしょう(笑)。

ご存知のように、いま日韓での通貨スワップ協定はございません。あまり知られておりませんが、米韓でもございません。現在一番金額が大きいのは中国との3600億元(約5.9兆円)ですが、これは人民元建てとなっておりまして、しかも今年の10月には恐らく延長される事無く終了する事になりそうです。また、インドネシアとの100億米ドルは今年の3月で、豪州との50億豪ドルは今年の2月で終了します。

~ 中略 ~

もう1つ、今年に入って突如マレーシアとの通貨スワップが復活しまして、これが150億マレーシアリンギット(約3,700億円)です。

fxse.hatenablog.jp

 

タイトルの通り、突然にオーストラリアと韓国が通貨スワップの延長を発表しまして、金額も今までの50億オーストラリアドルから倍の100億オーストラリアドルをオーストラリアが供与する事になったわけです。

オーストラリア準備銀行の発表によりますと、

Bilateral Local Currency Swap Agreement with Bank of Korea

韓国銀行(中央銀行)との二ヶ国間現地通貨スワップ協定

 

Today, the Reserve Bank of Australia signed a bilateral local currency swap agreement with the Bank of Korea. It follows the initial swap agreement between the two central banks that was signed in 2014 and is for a further period of three years, which could be extended by mutual consent of both sides. The new agreement allows for the exchange of local currencies between the two central banks of up to A$10 billion or KRW 9 trillion.

本日、オーストラリア準備銀行は、二ヶ国間現地通貨スワップ契約を韓国銀行と締結いたしました。これは、2014年に豪韓二ヶ国の中央銀行によって初めて締結されたスワップ協定を、両行の同意によってさらに3年間延長するものです。今回の新たな合意により豪韓二ヶ国の中央銀行では、今後100億豪ドルまたは9兆ウォンまでの現地通貨を融通し合う事が可能になります。

~ 以下、うんちゃらか~ちゃら、省略 ~

www.rba.gov.au

これ、ネット上には予想通り「韓国うまくやったな」系の書込みが溢れておりますが、全然違います。違う、そうじゃない。韓国は、

オーストラリアにしてやられたんです。

 

朝のブログで、韓国の件でもう一つ書いておいたの覚えておりますでしょうか?「もし、仮に、ウォン現金を現時点で借りる事が出来たら、そう言う方がおられましたら思い出してみて下さい(笑)。」と書いておいたやつ。オーストラリア準備銀行は、韓国からウォンが借りられます。大切なんでもう一度、韓国ウォンが借りられます。

スワップ協定で交換した韓国ウォンは、さすがに韓国銀行や韓国政府が攻防戦してる最中に表立って売る事はいくらなんでも出来ないでしょうが、貸す事は問題ないかもしれません(笑)。スワップ協定の中にもこのようにあります。

The agreement will ensure that trade between the two countries can continue to be settled in local currency even in times of financial stress.

財政的圧迫がある場合においても、両国間の貿易が現地通貨で引き続き決済されることを、この協定により確実なものにする。

つまり、オーストラリアでウォン応需企業に融資は可能であると言う事です。 

 

さらにこれ、二ヶ国間現地通貨スワップ協定なんで、もし韓国がウォン暴落の攻防で使うとしたら豪ドルじゃ駄目なんです。豪ドル借りても豪ドルしか売れませんから、オーストラリアから豪ドル借りて米ドルに両替して売る必要があります。

100億オーストラリアドル売って米ドル買ったら、結構市場に与えるインパクトはありますので豪ドルは短期的には下落するでしょう。でも、オーストラリア的には財政基盤はある程度大丈夫ですので、輸出大国としてみたら若干豪ドル安になった方が都合がいいくらいなんです。日本が外需拡大に円安が有効なのと一緒です。

ぶっちゃけ、このスワップ協定がありますと、韓国が財政危機になった際にオーストラリアは儲かるわけです。もちろん、儲かるけど儲けようとするかどうかは、オーストラリア政府やオーストラリア準備銀行次第ですが。

 

月曜日に香港に帰り、あさから晩まで猫構って遊んでいるだけの某経済学博士に電話して、この件を確認したところ「ああ、そうだな。それ、もし韓国がデフォルトでもしたら、オーストラリアは丸儲けだな」と言う事でした。

そして、某経済学博士からうちの猫さんたちに伝言がありました「今日、香港からこっち猫が好きなキャットフード、送っといたから。香港帰ったら送るって約束しといたんだ、ユピテルとユノー(うちの猫さんたちの名前です)に。だから、届いたらちゃんとグランパからだって言って、あげてくれ」って、これ本気で言ってるのかどうか、一度病院へ連れて行った方がいいような気もしてきました(汗)。