読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2017/01/09 戦績

FX戦績
 2017/01/09 月曜日 戦績

USDJPY        +315,900円

EURUSD         +53,283円

GBPUSD        +173,659円

AUDUSD         +18,499円

USDCAD         +28,019円

EURJPY        +207,100円

GBPJPY        +531,500円

EURGBP         +43,628円

TOTAL       +1,371,588円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,371,588円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +1,371,588円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL       +1,371,588円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +560,928,437円

 

新年ですし、少し戦績報告のフォーマットも変えてみました。先日から「バックカラーを黒に、文字は白抜き」と言う、昔のCRTモニターを彷彿させるようなデザインにハマってまして、もっと遡るなら「グレーバックにグリーンテキスト」の、いわゆる「グリーンスクリーン」なんでしょうが、そこまで遡りたくもありません(笑)。

 

初期のノートパソコンは白黒でした。私が初めて買ったノートパソコンは、NEC の PC-9801NS/T と言う物でして、これも白黒。ただ「白地に黒文字」の今からすると普通の表示なのですが、当時はCRTモニターが主流の時代でしたので、そっちが反転表示と言う感じで、時代の先端のような気がしておりました(笑)。同じ頃発売されていたPC-9801NCと言うカラー液晶を積んだモデルは、なんと約100万円。それでも「よくこの値段で出せた」と言われておりました。なぜか当時、東芝だけは頑なに単色表示モニターを「アンバー液晶」で販売しておりまして、注意書きに「カラー表示は出来ません」と書いてありました。

私、いつも「ThinkPad 大好き」とか言ってるのに、なんで NEC製を買ったのかと言いますと ThinkPad は中古でなかなか無く、あっても値段が高かったんです。あと、大学生が持ってると嫌味っぽかったとか、金持ち風に見られるのが嫌だったとか色々。あの頃の私、妙に神田川みたいなのに憧れてましたんで(笑)。

 

そう言えば、私が大学生の頃と言うか英国で修士やってる90年代後半には「メインフレームは滅びゆく」とか一般的には言われておりましたが、システム工学の教授がこう言っておりました「メインフレームはなくならないよ、一時的に小型化出来たシステムで処理が代替したとしても、今後爆発的にトランザクション(処理)が増える世の中になるハズだ。そうなった時に、小型化したシステムを集合させるよりも、大規模な処理はメインフレームにさせた方が効率がいいと誰しも気がつく」これが90年代後半のことですので、教授はどこまで先を見ていたのでしょうか。

 

いまでは、超高性能なサーバーを一気に構築しようと思ったら、メインフレームを使った方が安く上がるなんて時代ですので。

私のお気に入りの IBM z Systems 最小構成で約1億円~ です(笑)。

www.ibm.com

f:id:fxse:20170110071732j:plain

カッコイイでしょ?無駄に存在感をアピールするメインフレーム(笑)。

英国の大学で、誰も見向きもしなかった System/370 に、3270ターミナルで接続してチョコチョコ遊んでいた時代が懐かしい。

 


 

このままですと脱線だけで終わりそうなので、為替の話しにいきましょうか(笑)。

まず、つい先程の午前7時前後くらいにドル円が 40pips程度円高に加速しましたが、ニュースではまた「リスク回避の円買いが~、塩害が~」と言っておりますが、この時間のコレ昨年くらいから随分と目立ち始めてまして、何年も前から話してはいるのですが「完璧に狙われてるでしょ?」って言うのを言うと、もっと大騒ぎになってしまうので黙ってるんでしょうねえ。いずれ、メンテナンス時間なんてなくせるんでしょうか。この国の業者さんたちは。

 

さて、昨日の東京時間は日本の祝日であったため特に大きな動きも無く、欧州時間に入り対ドルと言うよりも、対円での値動きが活発であった感じです。特に大きな理由は無かったようですが、先週までの反動だとか言われております。ユーロもポンドも、対円で随分と値を落とし、ポンドに関しては対ドルでも大きく落ち込んだために、ポンド円としては一方通行で 200pips 以上と言う値動きだったわけです。  

結果論ですが、取引初日から大きなボラがあり、これも結果論ですが、新しく採用した通貨ペアが大きく収益に貢献してくれたのは、見ていて気持ちがいいです。年初取引と言う事で、日計、週計、月計全てが同じ数字に揃う日に、7桁行ったのは正直言って嬉しいです。

 


 

今日も大した指標はありません。昨日と言うか、日本時間で本日早朝4時に発表がありました米消費者信用残高は、予想や前回値を大きく上回ったのですが、いつも注視されてないせいもあるのか、あまり市場にインパクトを持って受け入れられなかったようです。正直言って、為替相場も株相場もシカトでした。

若干円高に振れたドル円や、2営業日連続で落ちたダウ、上がれなかった日経先物、根を崩した原油価格と上昇した金価格、それらを見て東京時間の株価がどうなるのか。本当の意味で1月そして新年が回りだした、成人の日明けの今日の東京時間の金融市場に注目しております。

 

まあ、とりあえず、いつものボラ高め希望で(笑)。

f:id:fxse:20161030002524j:plain