FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/12/24 戦績

2016/12/24 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(12/24)
USDJPY       +33,200円
JPYUSD*      +26,228円
EURUSD        +6,853円
USDEUR*       +9,118円
GBPUSD       +21,583円
USDGBP*      +29,627円
AUDUSD       △2,913
USDCAD       +11,424円
EURGBP        +3,677円
TOTAL       +138,797円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +4,201,073円

 

月間戦績(12月)
TOTAL    +23,569,332円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +446,248,327円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +559,556,849円

 


 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが土曜日の戦績は、日本時間で土曜日深夜0時に日付が変わってから早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。

 


 

事前予告の通り、この取引をもちまして、本年のシステムトレードは終了としました。まだ多少、本年の税金対策(来年に繰り延べ)用に持っている通貨先物オプションのポジションが若干あるのですが、システムトレードは終わりと言う事で。

 

先日もちょろっと示唆しましたオプションを使った税金対策、まあ対策と言うか来年に繰り延べするだけなんですが、ある方からコメント欄に「非表示のままで結構ですが、もしかしたら、こう言う事ですか?」とコメント頂きましたが、多分その方はここで回答すればお分かりになるかと思いますが「正解です」株では無理ですが、商品先物でしたら同じ作戦は可能です。

ほんと大した事じゃ無いんですが、表立って書くほどの事でもなく「だったら、示唆もするな」と言うご意見もあるかと思いますが、それはそれ。ほら、客集めのサクラは必要じゃないですか?(笑)。

 

FXの税金に関して言えば、日本国内の業者を使って取引した場合、個人であれば申告分離課税で所得税と住民税が20%、さらに時限課税の復興特別所得税0.315%(所得税15%に2.1%の課税)を合わせても、20.315%の課税と極めて低率です。これ、そのうちに「個人事業としての性格を持っている取引の場合は、総合課税とする」とか言い出すのでは無いかと、ちょっとドキドキしております(汗)。

 

どれだけ違うかと言いますと、もし1億円の利益があった場合、

現在の申告分離課税では、約2032万円の課税
これが総合課税になると、約5048万円の課税
1億円に対して約3000万円多くなります。

この他に、国民健康保険料が双方とも月額81万円の上限で加算される事になるかと思います *1ので、年間で約970万円です。これ、数字見てるだけで疲れちゃいますよね(汗)。

 

もしこれが香港であった場合、キャピタルゲインとして認められるような積極的なトレードを行っていなかった場合は0%課税で納税額は0香港ドルです。私のように積極的に事業としてトレードを行っていた場合でも、最高税率で17.5%です。と言う事は、1億円の利益があった場合、最高税率でも1750万円です。もちろん累進課税で各種控除もありますので、最初の1億円分に対してはもう少し税額は低いです。

しかも、誰かの代わりに、例えば親の代わりにトレードをした場合は、親の所得はキャピタルゲイン課税とする事も法人を使う事で可能でして、更には香港に贈与税はありませんから、つまり、なんだ、そう言う事です(汗)。

 

締め付ける部分をどんどん締め付けるのは構いませんが、諸外国ではむしろ緩和して取り込もうとしておりますので、FXの税金一つとってもここまで違ってくるのですから「嫌なら出て行け」をモットーに推し進めて行きますと、本当にどんどん出ていっちゃいますからね。いまでも凄い人数のお金持ちの皆さんが毎年毎年海外に流出しておりまして、報道されないので普通に暮らしていたら分からないと思います。

一般的に公開されておりませんが、シンガポールでは超裕福層の方向けに、行政で日本語を話す担当者が付いてくれたりします。スイスでも、担当者では無いのですが、日本語ネイティブの元日本人の方が必要に応じて国や地方自治体での手続きのアシスタントをしてくれたりもします。ぶっちゃけ、スイスは地方自治体によっては納税額の交渉が可能なので、場合によってはメチャクチャ安くなったりしますからね。「そんな情報、ネットで調べても出てこないからウソだろ」と、wikiの要出典のような事を言われましても困るのですが、まあ、それでもいいです(笑)。

 

私自身は、仮に税金で半分払えと言われても払って日本に住み続けるつもりはありますが、ただ、他の高額納税者の皆さんがどんどん流出して行き取れるパイが少なくなって来た時に、それが半分では無く7割払え、8割払え、9割払えとエスカレートしますと、どこかで「もう稼がなくてもいいかな」となってしまうと思うんです。

 

今年最後の取引の報告でしたので、税金の事に関して思ってる事を少しまとめてみました。

 


 

みなさん、メリークリスマスヽ(=´▽`=)ノ

素晴らしいクリスマスをお迎えになられましたでしょうか?「特別そう感じない」と言う方は、多分それが素晴らしいクリスマスなんだと思います。ごく当たり前にしていられる幸せが、一番の幸せなんだと思います。

昨日も教会に参りまして、今日も教会に参ります。もう、気分的にはすっかりキリスト教の信徒らしくなっておりますが、私の場合はとりあえず形から入るので最初はいいのですが、来年以降もちゃんと継続出来るかどうかが勝負となっております(笑)。

 

クリスマス関係ねえやと言う方もおられるかと思いますが、今日は今年最後の日曜日となりますので、どうか良いウィンターシーズンの日曜日をお過ごし下さい。 

 

 


*1:私は社会保険に入っているため、国民健康保険料に関しては正確には把握出来ておりませんので、ご了承下さい。