読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/12/23 戦績

2016/12/23 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(12/23)
USDJPY       +29,000円
JPYUSD*      +33,516円
EURUSD       +43,997円
USDEUR*      +39,651円
GBPUSD       +78,241円
USDGBP*      +80,632円
AUDUSD       +28,758円
USDCAD       +62,088円
EURGBP       +27,255円
TOTAL       +423,138円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +4,062,276円

 

月間戦績(12月)
TOTAL    +23,430,535円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +446,109,530円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +559,418,052円

 


 

昨日、もう全く動意無しと言う感じでして、通貨ペアによって方向感はマチマチでしたが、若干のジリ下がり又はジリ上りを続けるだけの東京時間、そして欧州序盤となりました。その値動きは微々たるものでしたが、それでも方向感がある程度見えてる中での動きでしたので、マイナスで終わる通貨ペアが無かっただけでも、ありがたく思っております。

いつも大金を動かしている市場参加者は、大半がクリスマス休暇に入った感じでしょうか。私も、システムは稼働させておりましたが、昨日は1度もコンピューターの前に座る事は無く「あ~あ、全然動かないねえ(笑)」とチラ見して笑ってるだけでした。だって、他にすることが無いですからねえ(笑)。

 


 

さて、本日は日没をもってクリスマス・イヴとなります。正確には、キリスト教の中でも、教義によっては日没と同時に教会暦として日付が変わるため、クリスマス・イヴと言うのは無く単にクリスマスとなる教義もあったりします。が、そこは大衆に迎合しましてクリスマス・イヴとしておきたいと思います。

 

今日は、午前中からお昼すぎまでは、夜のクリスマスパーティーの準備をすることになっております。お金持ちのお宅ですと、よく業者さんにお願いして飾り付けとかしてもらったりしておりますが、あれは飾り付けしたりする準備自体が楽しいのに、それを「お金払ってやってもらうなんて、なんて勿体無い事を」って、いつも思うんですよね。そりゃ、自力で天井に手が届かないような常識外のお宅の場合は、その部分の飾り付けだけは別でしょうけど(笑)。

午後からは、家族+親戚の子+その他数名で連れ立ちまして、教会に行ってまいります。さすがに今日は家政婦さんのお子さんは、お母さんと一緒にあちらさんの教会に行く事に元々はなっておりまして、その件でずっと揉めておりました。ずっと揉めていたのですが、最後には「行く教会くらい自分で決めるの!」とお子さんがブチ切れ、先々週くらいには完璧に親子喧嘩と言うか冷戦状態でして、いや雇用家で仕事しながらその冷戦を続けられるのもどうかな(汗)。

小学生ですので当然未成年ですから、親の決めた事にはほぼ従う必要があります。ただ、宗教に関しては自分でイヤだと思えば無理強いするものでも無く、家政婦さんのお子さんも私たちの行く教会に来ても当然に「洗礼を受けたい」とかそう言う事では無いんです。いつも仲良しの弟くんが行ってると言うこと、それと、既に教会学校でお友達が出来てるので「なんでクリスマスだけは、お母さんについて行かないとならないの?」と言う感じだったんです。まあ、それも分からなくも無いです。大人からしてみたら「まだ子供だから」とか「法律で、まだ未成年者だから」とかの言い分もあるのですが、それを言うと揚げ足を取ったかのように「教会(宗教)と法律は関係無いでしょ?」と、最近は急に強気になってきたのか言いたい事は言います(笑)。

法律論が出てきてしまったので、(元)輸出専業(id:yuan2)さんのところに、弟くんを連れ立って相談に行ったそうです(笑)。そして、詳しい話しをしないまま「通う教会(宗教)は何歳から自分の気持ちだけで決められるって法律で決まってるのか?」と聞いたところ、なんと「そんなの、法律で決まってるわけ無いじゃん。好きに決めなよ(笑)」と教えてもらったんだそうです。

今度はそれを盾にして「法律の人 *1が、自分で教会決めるのに歳は関係無いって言ってた」と大騒ぎしまして、結局は(元)輸出専業さんが呼ばれてまた説明する事に(笑)。意思表示が出来る年齢と言うのは法律で決まってるわけでは無く、仮に裁判になった場合には精神科医や小児科医が「この子には既に意思表示出来る能力がある(又は無い)」と判断するんだそうです。しかも、通常は7歳から10歳、およそ小学校低学年では意思表示能力があるとみなされると言う事でした。その説明をしてもらった話し合いの後で「教会の件で揉めてるとか、そう言うのは先に一言、言っといて下さいよ(怒)」と、何故か私が怒られたんですけど(汗)。

 

結果としましては、家政婦さん的には「普段の日曜日はうちの子も一緒にそちらの教会にお連れ頂いてまして、私も自由な時間を頂けて非常にありがたい事は間違いないです。宗教的な儀式を行わないのであれば、今後もそちらの教会に通うのは同意しまして、自分の意思で通う教会を決めたと言う事で私の側の教会の神父様にはお話しいたします。」と、折れてくれたと言うか、折らさせたと言うか、何と言うか。

先日、うちのお姉ちゃん(長女)が家政婦さんのお子さんに「どうして、そんなにこっちの教会の方が良かったの?」と聞いたところ、正直な事を教えてくれたそうです。「だって、あっちの教会の日曜学校つまんないんだもん。聖書のなんとかとかの話しが多いし、工作とかほとんど無いし、オシャベリしてるとすぐに怒られるし。」ええっと、そこですか(汗)。現代っ子らしいと言うか。

そんな家政婦さんのお子さんですが、最近は何故か聖書に覚醒してるようでして、あの恐ろしい記憶力を活かし、今年の夏前くらいから頑張ってる英単語の暗記と一緒に「マルコによる福音書」を暗記中です。聖書は暗記する必要は無いのですが、それが趣味なので仕方ありません。なぜマルコかと言いますと「一番短そうだったから」だそうで、既に暗記前提の選定です(笑)。

 

と言う事で、今日は午後から、家族+親戚の子+その他数名(家政婦さんのお子さん含む)で連れ立ちまして、教会に行ってまいります。

 

皆さんも、どうか良いクリスマス・イヴそして、クリスマスをお迎え下さい。

 

 


*1:司法書士さんて言うのがまだ理解出来ないので、「法律の人」っていう言い方になっております(笑)。