FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/12/19 月曜日

さあ、クリスマスを迎える前に残された、最後の週のスタートです。そして、23日の金曜日は天皇誕生日で日本は祝日のお休み、よって平日は4日間しかありません。

今週いっぱいで年内のお仕事がほぼ片付くと言う方も、多いのでは無いでしょうか。逆に、ここから忙しくなると言う方もいらっしゃるでしょう。

 

私も今週いっぱいで年内の取引は終了させると決めましたので、為替取引と言う生業は今週で終わりです。ただ、取引に使っているシステムのメンテナンスなどはありますので、そう言った事を来週は少しやりたいと思っております。

それにしても、まずは今週一週間を凌(しの)ぎませんとなりません。「しのぎ」と言うと、まるで昭和時代のヤ◯ザのようですけど、あちらさんの「しのぎ」の語源は「鎬(しのぎ)を削る」の方からのようですので、凌ぎとは関係無いようです(笑)。

 


 

さて、今週の大切なところとしましては、まず本日アメリカ大統領選挙の選挙人投票がありまして、ここで本当に次期アメリカ合衆国大統領が決定します。それ自体は一種の儀式みたいなものですが、今後はトランプ氏が何を言うのかによって、今まで以上に相場に影響があるでしょう。まずは、日本時間で明日早朝は注意しております。

 

また、同じく明日20日火曜日に、ダイコクドラッグで楽天ポイント10倍デーが開催されます(笑)。いや、楽天ポイント10倍は凄いので、先月もいろいろ買ったのですが、今月もいろいろ買いたいと思っております。

えっと、市場に与える影響的には、日銀金融政策決定会合の2日目がありまして、終わり次第基本的見解が発表になります。 いつもの事ですが、早々と発表されますと現状維持と言うパターンが多く、12時30分を回ってからの発表ですと何らかの変更があったりする場合が多いかなと言う感じでして、ただ午後1時を過ぎて発表になっても現状維持だった事も多くありますので、絶対ではありません。一部で言われております「景気判断の引き上げ」があったとしても、円が買われるよりも株が買われて株高の釣られ円安がいいところかなと思っておりますが、どうでしょうかね。

 

この他、日本時間で22日木曜日に日付が変わってすぐの深夜0時には米中古住宅販売件数、同じく24日土曜日の深夜0時には米新築住宅販売件数の住宅関連指標や、同じく22日木曜日午後10時半に米耐久財受注、そして米新規失業保険申請件数など、米国の重要指標が多くあったりもします。 大統領選挙にロシアからのサイバー攻撃があったとか何とかCIAの発表もありましたし、そこら辺も注意して見る必要があるかもしれない週になりそうです。

 


 

為替相場もそうですが、19,000円台に乗った日経平均がどこまで伸ばせるのか、同じく20,000ドル目前で足踏みしているダウ平均がどうなるのか、減産合意後に乱高下した原油価格がどうなるのかも注目しております。

 

さあ、今年もあと僅かです。 楽しいクリスマスを迎えられるように、まずは今週一週間、頑張ってまいりましょう。