FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/12/17 戦績

2016/12/17 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(12/17)
USDJPY      +203,200円
JPYUSD*     +217,227円
EURUSD      +115,668円
USDEUR*     +126,573円
GBPUSD      +121,077円
USDGBP*     +124,906円
AUDUSD       +21,653円
USDCAD       +19,452円
EURGBP        +5,033円
TOTAL       +954,789円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +3,504,938円

 

月間戦績(12月)
TOTAL    +19,368,259円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +442,047,254円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +555,355,776円

 


 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが土曜日の戦績は、日本時間で土曜日深夜0時に日付が変わってから早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。

 


 

昨日のブログでも書いたのですが、日本時間で12月17日の土曜日深夜1時過ぎにありました「中国によるアメリカ海軍無人海洋調査潜水機の拿捕」報道によりまして、通常はニューヨーク時間で週末金曜日の午後になったこの時間ではありえない、大きな値動きがございました。「有事の資金逃避」とも言える値動きでして、最近はオオカミ少年のようにマスコミが騒ぎ立てる「リスク回避の円買い」とは違った値動きです。 

fxse.hatenablog.jp

 

その午前1時から数時間の値動きですが、まずはドル円です。件の報道がありました、午前1時前後から急激に円が買われております。

f:id:fxse:20161218050415p:plain

 

続きまして、有事の逃避先として昔から有名なスイスフランです。ドル円と同じパターンのチャートを形成しております。

f:id:fxse:20161218050448p:plain

 

さらにここからは、金と原油を続けて見てみましょう。

金価格は、ドル円とスイスフランが買われるのと同じように、いやそれ以上に値を上げておりました。

f:id:fxse:20161218050505p:plain

 

最後にWTI原油先物価格です。通常、原油と金は反相関関係がございまして、小さな流れの中ではお互いに反発し合うことが多いです。ところが今回は、原油価格も前日からの流れの上昇を維持しております。

f:id:fxse:20161218050516p:plain

 

これ、繰り返しになりますが、普段マスコミが騒ぐ「リスク回避」とは違い 、マーケット参加者が「戦争」を意識した時に見える値動きです。逃避先の通貨はその時々で変わるのですが、基本的にはスイスフランは固定となっておりまして、最近では「巨額な対外債権と言うバックボーン」と「一国の意思だけでコントロール可能な通貨」として日本円になる事が多く、特に今回は一方の当事者がアメリカですので米ドルに逃避が出来ないために、円が買われるのは必然だったとも言えます *1。ポンドも一緒に買われておりましたが、あれは半分は最近のポンド巻き返しの中での便乗でしょう(笑)。

 

マーケット参加者はいつもビビリです。それこそ、1円ドル円が動くだけで数億の利益が変わる世界で神経を尖らせるおりますので、ほんの僅かなニュースに過敏になるのも仕方ありません。あまり発生しない、マーケットが戦争を意識した時の初動値動きに、久しぶりに遭遇しました *2

もちろん、戦争なんて無いに越したことありません。「人類皆仲良く」なんて理想論は無理だと言う事も分かっておりますが、それでもお互いの意思と人格を尊重し、いがみ合う事さえ無くなれば良いなと思っております。

 


 

先日の FOMC 祭りの後から、時差ボケの脱皮が出来ずに苦労しております(汗)。このブログを書いておりますのも、上の画像URLをご覧頂けば分かりますように、本日の早朝5時くらいです。実は、この時差ボケを解消するチャンスが昨日ありまして、本当に頑張ったのですがダメでした。余計に時差ボケが酷くなった感じです(笑)。

 

そう言えば「時差ボケ」と言う日本語に対応する、正確な意味での英語は無いんです。本当の意味での「時差ボケ=飛行機で海外に行った時に発生するもの」に関しては「jet lag(ジェットラグ)」でして、これは文字の通りに「ジェット飛行機に乗ってどっか行った時の(体内時計の)遅れ」と言う意味になり、よく日本人が昼夜逆転した時に「夜更かししたら、時差ボケになっちゃってさあ」と言うような会話には使えません。もし英語圏の方に昼夜逆転した事を jet lag の単語を使って話しますと「どこか、海外から帰ってきたばかり?」と聞かれるでしょう。とは言っても、スラング的には私が大学生の頃から使ってましたので、そのうち日本の時差ボケと同じ程度の市民権を得るかもしれませんが。

的確な言い回しとしては「day and night reversed」という言い方もあるのですが、使うのはお医者さんに行った時や、講義中に居眠りをしてしまい教授に言い訳する時くらいでしょうか(笑)。一般的には「night owl」直訳すると、夜のフクロウなんですが、意味合い的には分かりやすいでしょう。他にも「morningness」とか、最近の若い子ですと「un-lark」なんて言い方もあるようです。

 

で、なんでしたっけ?そうそう、時差ボケが直らなくて(あえて「治らない」では無く)苦労しております。明日は早朝から値動きが気になりますから、このまま時差ボケのまま過ごすと言うのも有りなのかもしれません。

そう考えたら、うちのお姉ちゃん(長女)はいつも英国の彼氏ハトコと話しをしたいがために時差と戦いながら、そして学校にも行ってるのですから大したものです。当然、あちらさんも頑張って合わせてくれているのでしょうが、ねえ(汗)。

 

英国と日本の間には、時差が9時間(夏時間は8時間)ございます。

f:id:fxse:20161218050526p:plain

上の時差表の中でピンク色の部分は、朝晩の準備や登下校も含めてお互いに学校や大学に行っている時間でしょうから、実質青色の部分しか電話で話す事は出来ません。英国12時・日本21時の部分は、彼(三人称)が大学生だからお昼でも電話が出来ると言うだけでして、もし彼(三人称)が高校生のうちでしたら1日ワンチャンス、英国20時・日本5時の部分しかありませんでした。まあそれでも、だらだら話したりするよりも、メリハリがあって逆にいいのかもしれません。

 

先日もお話ししたのですが、その彼(三人称)が英国からもう何日かしたらやって来ます。また今回も、牛丼屋やラーメン屋に連れて行ったりしなくてはならないのかと思うと、今から面倒くさくて仕方ありません。

fxse.hatenablog.jp

 

カップ焼きそばが好きだからと言って、カップ焼きそばを買っておいたりも面倒で「明星一平ちゃん夜店の焼そば・ショートケーキ味」を用意しておいたんですが、これだけは、ちょっとワクワクします(笑)。

明星 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味  110g×12個

明星 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味 110g×12個

 

 

この「明星一平ちゃん夜店の焼そば・ショートケーキ味」を食べて、我が家で美味しいと言った者は誰もおらず、唯一、家政婦さんのところのお子さんが「マズくは無いです」と言う控え目な表現をしただけです。

明星食品、攻めるねえ(笑)。

 


*1:とは言え、以前は北朝鮮のミサイル発射で「地政学的リスク」とやらで売られていた円が、最近ではリスク回避で買われる始末ですので、何が正解かは無いのですが。

*2:この4つの値動きだけでの判断では無く他にも理由があるのですが、それだけで本が書けそうなほどですので省略します(笑)。