読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/11/02 戦績

2016/11/02 水曜日 戦績

 


 

通貨ペア(11/02)
USDJPY      +366,300円
JPYUSD*     +387,074円
EURUSD      +175,507円
USDEUR*     +169,255円
GBPUSD      +148,232円
USDGBP*     +141,658円
AUDUSD       +48,966円
USDCAD       +10,823円
EURGBP       +26,321円
TOTAL     +1,474,136円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,625,944円

 

月間戦績(10月)
TOTAL    +37,863,323円

 

月間戦績(11月)
TOTAL     +2,507,511円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +307,195,840円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +419,782,115円

 


 

昨日の値動き、ニュースなどでは「FOMCより大統領選」「雇用統計より大統領選」「トランプショック」まあ色々と理由を考えるものです。FOMCに関しましては、別に記事を書きましたので、あえてここでは無視します(笑)。まあ、これ昨日の戦績ですからね。

 

そして昨日は、原油が「減産は懐疑的」とかで売られまくりです。ここしばらくの原油上げの理由になっていた減産って言っても、8月段階で日に3324万バレルの産油量を3300万バレルから最大3250万バレルへ減産って、最大でも2.22%うまくすりゃ0.72%の減産で、先物価格を40ドル台前半から52ドル超えまで持って行ったんだから、むしろそっちの方が驚愕ですよ。ここのところ原油はずっと売られまくりでしたが、さらに昨晩の米原油週間在庫が増えたって言うんで、大変な騒ぎです(笑)。産油国であるカナダドルまで売られまくる有様でして、いつもの事なんですけど。

そう言えば昔、某朝鮮半島の上の方の国がミサイルを撃つと言うと、地政学的リスクがどうのこうのと円が売られる時代がございました。一方昨今は、どちらかと言えば有事と言う事で円が買われます。実に都合がいい地政学的リスクでして、十数年で劇的に変換する地政学的リスクと言うのは、一体どんなものなのでしょう。まあいいや(笑)。

話しを原油に戻します。いつもの原油王エリックが、WTI原油先物が50ドルを超えた辺りからポジションを一気に落とし、軽く取引する程度だったのが分かります。現物の数十倍どころか100倍にも達する事がある量の先物を取引している、あんな虚構のような市場で素人がまともに取引出来るハズが無いと言うのが、エリック見てると良~く分かります。

あそこは、プロしか入っちゃいけないんだ。見学も購入もOKだから、市場に参加出来ると勘違いしてしまう築地みたいなものです。あっ、そろそろ築地で生筋子買ってこよう、出回るギリギリ最後に買わないと日持ちしないからね。

 

とまあ、ドル円は久しぶりにハッスルしてくれまして、地道にチャリンチャリンとスマホゲームでガチャをするように利益を積み上げてくれました。いや、お金払ってやったこと無いんで分かりませんけど(笑)。

ガチャと言えば、香港にも日本と全く同じガチャガチャがございます。全く同じと言うよりもメーカーさんも一緒でして、単に使える硬貨が香港ドル硬貨と言うだけです。日本と違うところと言えば、目的の物が出て来るまで待ってる人が必ずおりまして、これ自分でお金を払わずに人がプレイするところを見ておりまして、目的の物が出てきますと声を掛けて交渉してきます。当然、出した人が拒否すればそれで交渉は終わりなんですが、割りと交換してもらえてるようでして、一種の社交場になっております。

うちの弟くん(長男)や、家政婦さんのところのお子さんも、たまに「ガチャガチャしたい」と言い出す事がありますが、あれ「6種類」とか書かれていて入ってるのが見えると、逆にお父さんの方が熱くなってしまうので、最近ではお金だけ渡してお父さんは見ない事にしております(笑)。ちなみに、少し熱くなってしまった「コップのフチ子さん」や、同じくコップのフチシリーズの、少々気持ち悪い「コップのフチのあいツー」とか言うのが我が家に大量にございまして、うちのお姉ちゃん(長女)がダブっている分をせっせと学校に持っていき、何かの社交に役立てているようです(笑)。