FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/10/14 戦績

2016/10/14 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(10/14)
USDJPY      +167,700円
JPYUSD*     +158,082円
EURUSD       +59,602円
USDEUR*      +73,426円
GBPUSD       +85,754円
USDGBP*      +83,917円
AUDUSD       +69,499円
USDCAD       +88,342円
EURGBP        +8,229円
TOTAL       +794,551円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +4,321,998円

 

月間戦績(10月)
TOTAL    +28,248,235円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +295,073,241円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +407,659,516円

 


 

最近、ここのブログで意味不明なことばかり書いております。実は、書くことがございません(笑)。じゃあ書かなければいいってのもあるんですけど、なんとなくねえ。

 

実際、最近の為替市場自体がネタを探しながら右往左往している状況なのは、誰が見ても分かりやすい感じでして、それは急激な価格変動があった際に、アナリストや経済専門記者が明確に理由を指摘出来ないことからも容易に想像がつきます。この状況、逆にレンジ予想*1を出すエコノミストは簡単なお仕事になっておりまして、最近はほとんどのレンジ予想が大当たりでしょう(笑)。

そうなんですよね、ある程度は市場で話題の争点が決まっていれば、値が動いた時の理由自体は分かりやすいけど値動きの予想はしづらい、逆に話題の争点が決まっていないと、値動きに理由を求めにくいけど予想はし易い。いま、金融機関にお勤めの自己勘定が持てる外為ディーラーの皆さんは取引し易いと思いますよ。イコール、ある程度は儲かってると思います。この世界経済が先行き不透明な中で、大きな声でそうは言えないでしょうけど。それに比べて、金融機関とか個人とか関係無く、システムトレードを行っている皆さんは狭い範囲をチョコチョコと動かれるだけで、割りと苦労しているかと思います。私もその一人ですが(汗)。

 

最近、パタッと言わなくなりましたエリックの原油劇場ですが、どうも中東の情報元がネタ切れなのか開幕せずに、リハーサルだけやっている感じです(笑)。昨日も、50ドル切ったくらいで少し買って51ドル手前くらいで決済なんて言うのを、数枚単位でやっていただけでした。それじゃ、子供のおやつ代にしかなりません。劇場の支配人としては、たまったもんじゃありません。

それでも、エリックの本来のお仕事である「児童養護施設の支配人」をやってる時間は出来ているようで、エプロンして子供たちと遊んでる写真を送ってきたりする卑怯な野郎です。子供からのお手紙とかも送ってくるのはいいんですが、フランス語じゃうちの妹様に読んでもらわないと分かりませんので、子供にちゃんと英語か日本語教えろって文句言っときました。それとも、日本語のアニメのDVDでも大量に送りつけて、やたら日本語話者が多いフランス北部の村にでもしてやろうか?( ・´ー・`)

 

値動き悪い時は遊んでいられるのは、組織に所属していない者のプリビレッジ = 特権ですので、今はそのプリビレッジでも謳歌しておきますか。 

 


*1:「来週のドル円は、1ドル101.50-106.50でしょう」とか言うあれです。