読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/10/10 戦績

2016/10/10 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(10/10)
USDJPY      +117,900円
JPYUSD*     +121,053円
EURUSD       +78,255円
USDEUR*      +76,527円
GBPUSD       +61,599円
USDGBP*      +63,802円
AUDUSD       +27,716円
USDCAD       +59,096円
EURGBP          +461円
TOTAL       +606,409円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +606,409円

 

月間戦績(10月)
TOTAL    +24,532,646円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +291,357,652円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +403,943,927円

 


 

先週末の雇用統計では強い数字が出なかったものの、結果としては前回値と同程度で弱いとまで言えない結果に満足したのか、ドル買いで始まった週初でした。当然、欧州懸念と言う事情も入ってるでしょうが、円も同時に売られているのは無視できない状況です。この際、行き着くところまで行っちゃうくらい、ドル買っちゃった方がいいんじゃ無いかって。若干、希望も入っておりますけど(笑)。 

ダウ上昇に伴い、日経先物も随分と値を上げてまして、CME日経先物では17,000円を付けております。このまま本日の日本株は上げで来るのか、先物を落とさずに現物が収斂してくるのか、非常に楽しみです。17千円の大台に乗ってくれれば、またその先に売買チャンスが出て来るでしょう。そこ、超えるかどうかの賭けに出るのは、さすがにもう疲れたと言うか飽きましたんで(笑)。一旦上昇の波に乗ってもらって、いよいよと言う部分だけ便乗する事が出来るのが、我々自己資金で運用する者の強みです。

しっかし原油、上げてますねえ。「OPEC原油減産再考か」の報道で少し下がったら、サウジ高官が否定して、もう出来レースにしか思えなくなってきました。年内1バレル60ドルの声も聞こえてますし、資金力でもあればタンカーごと現物買っちゃうんですけどねえ(笑)。どっかに金主様、ころがっていねえかな?

 

それにしても、化石燃料って将来的には本当に必要無くなると思うんですよ。いろいろな紛争の原因にもなってる化石燃料、これ要らないって言う状態になったら平和になりますかね?恐らく、産油国の凋落から新たな火種が出て来ると思うんです。もしかすると、化石燃料を不要にした技術開発国に向けた、逆恨み的な事も含まれるかもしれません。

 

化石燃料の代替と言うと何があるのか、やっぱり私的には太陽光だと思ってます。地熱は化石燃料と同じように、あまり取りすぎると地球中心部の冷却が進み星としての寿命の問題になると思うんですよね。太陽光の効率的な電力化、そして効率的な送電技術の開発、恐らく今世紀中頃には完成するかと思います。送電に関しては、今現在政府がスマートグリッドを推してまして、遠くで発電した電力の効率的な消費地への搬送もこれでカバーしようとしてますが、多分失敗に終わると思います。こう言うの、政府主導でやってうまく行った試しがありません(笑)。ただ、スマートグリッド自体は効率的なラストマイル受電の仕組みに合わせて重要だとは思っております。

やはり、世界を循環させるほどの超電導送電網を構築し、送電ロスをほぼ無の状態で、昼間の地域から世界中に電力を供給できるような仕組みになるかと思います。スマートグリッドで世界中を繋いでとなると、その規格統一と統一規格での整備に余計、時間もお金も掛かる事になってしまうでしょうし。

500万ボルトから1000万ボルト程度の直流超高々電圧で主要国と大規模発電地域を何重にもループするように超電導送電網を構築し、そこから周辺地域に100万ボルト程度の直流超高電圧で複数のループから給電、そこから先は国ごとにスマートグリッドに直接流したり、既存の送電網に交流変換して流したり。 

超電導、もう既にマイナス70度で超電導が可能な物質の研究まで進んでますんで、常温まであと一歩です。 決して夢物語だとは思えません。

超電導がもっと高い温度で可能になれば、バッテリーの研究も飛躍的に進みますので、もしかしたら世界中に超電導送電網を作るよりも、砂漠地域に作った超大型太陽光発電設備で発電した電気を、タンカーのような大きな船まるごとバッテリーのようなバッテリーシップを作って充電し、それを使って電気の輸出入をした方が、当初は効率が良かったりするかもしれませんね。そのうちスマホなんかは、1回充電すると1週間くらいバックライトを点けっぱなしでも持つくらいの容量のバッテリーが出来るかもしれませんし。 

 

そうそう、スマホのバッテリーと言えば、先日からやっておりますこちらの実験と言うか修理と言いますか、

fxse.hatenablog.jp

アマゾンから、ちゃんと動くスマホ1台とバッテリーが到着しましたので、今日にでも実験しまして続報をお届けしたいかと思ってます。もしかしたら、今日は少し用事があるので、明日になるかも。いや、明後日に……(笑)。 

 

修理出来たら、(元)輸出(id:yuan2)さんの会社で従業員が使ってる社用のスマホをこれに替えてと言うか追加で持たせて、格安SIMを使って何か実験するらしいです。別に、こんなスマホの修理を待たずに、最近は1万円ちょっとで新品のいいのが買えるんだから、最初からそれでいいのにって思うのですが、そう言う部分が彼はケチです(笑)。いや、そう言う部分が必要なんでしょうね。私が社長をすると、何でも「いいよ、いいよ」で無駄なお金ばかり使って「会社ごっこ」になりそうです(汗)。