読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/09/23 戦績

FX戦績
2016/09/23 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(09/23)
USDJPY      +111,400円
JPYUSD*     +120,647円
EURUSD      +146,691円
USDEUR*     +139,208円
GBPUSD      +683,926円
USDGBP*     +709,221円
AUDUSD      △29,543
USDCAD     △189,053
EURGBP       +73,957円
TOTAL     +1,766,454円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +9,389,073円

 

月間戦績(09月)
TOTAL    +29,705,573円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +260,397,091円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +372,983,366円

 


 

昨日はとにかくポンドが弱い、ポンドが弱くて弱くて、ドルに対しても、円に対しても、ユーロに対しても弱いなんてもんじゃ無くて、売られまくっておりました。 

理由?理由は多分ありません。強いて言うなら、ポンドが一番動きそうだったから?あとは、現実的なところとして、ロンドンフィックスかNYカットで1.30または1.29より下にノンタッチオプションがあったから、そこを目掛けてオプションを受けた側が走ったのか。

f:id:fxse:20160924020553p:plain

見て下さい、この「私頑張ってます」的なきれいな崩落チャート(笑)。 

 

そして、あまり触れたく無いのですが、カナダドルが大幅マイナスでして、これ昨日の日本時間で午後9時半にありました、カナダの大量指標による瞬間移動に巻き込まれた結果です。日付を跨いで土曜日の戦績では一部回復しているのですが、それでもこのマイナス分には程遠いです。

実は、事前にカナダの指標時間がきちんとシステムに反映しておらず、通常行われるはずの指標前の持高調整などが、全く機能しておりませんでした(汗)。その原因も分かっておりまして、単に指標データーを買っている業者からのデーターが、いつもと違う形式になっていた単純なミスです。これ、指標データーの販売元には抗議しましたが、約款でこちら側に最終確認義務があるので、仕方ありません。

 

最近、このような単純な確認漏れやシステムの不具合がポロポロ出てきておりまして、昨日の指標データーの扱いに関しては多少仕方ないのですが、システム不具合に関しましては、この思いつくがままに増やしてきましたサブシステムの塊と化しているシステム全体を、どこかのタイミングで統合させリプレースしなければとは思っております。

もういっそ、インドのシステムハウスにでも外注しようか、そこまで考えております。自分一人でやっていたら、また同じ事の繰り返しになりそうですから…… それと、一人でコツコツプログラミングするの、ちょっとめんどくさい(笑)。

 


 

先週、作業部屋を移動しまして、今まで作業部屋だった場所を今度はベッドルームにすすためのリフォームをして頂いておりました。作業部屋、もともとスケルトンに近い何もない部屋でしたので、ベッドルームに変更する内装工事はあっという間に終わり、後は家具屋さんで買ってありました家具なんかを入れていただくだけです。

もう、水曜日の段階ではおよそ終わりが見えてましたので、家具屋さんに連絡していつ搬入して頂けるか確認しましたら「10月3日以降でしたら」と言うお答えでしたので、傭車に必要な割増運賃を払うので早く持ってきてとお願いしまして、27日の火曜日に搬入して頂ける事になりました。世の中、金(マネー)です(笑)。← この部分、引用☆スターで大人気になる予感がします(笑)。

 

今回、ベッドルームは大きな部屋と小さな部屋の2部屋をコネクションにしてあります。大きな部屋の方を私が使うのですが、小さな部屋の方に引っ越して来る方がおられまして。まだ結婚しておりませんので、実家のしきたりとかがウルサイために「ひとつ屋根の下には住んでるけど、一緒に暮らしては居ない」と言う口実のため、コネクションルームになっております。実に面倒かつお金が掛かるしきたりです(笑)。

正確に言いますと、大きな部屋から作業部屋にも内部でコネクションドアを設置してありますので、今度からはリビングや廊下に出なくても中だけで行き来が可能です。一番便利なのは、今まで夜中に仕事をしていてトイレに行くときは、普通に廊下の途中にあるトイレに行っていたのですが、今度はベッドルームにバスルームとトイレを設置しましたので、そっと気を使ってトイレに行くとかの必要が無くなりました。

これ、私以上にお姉ちゃん(長女)が喜んでるかと思います。理由は、夜中に彼氏とSkypeで話している最中に、こっそりとお父さんに廊下で立ち聞きさる事が無くなるからです。 いや、甘いな。今度はそっちをメインの目的として出かけよう(笑)。