読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/09/12 戦績

2016/09/12 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(09/12)
USDJPY       +88,200円
JPYUSD*      +97,659円
EURUSD       +45,507円
USDEUR*      +43,916円
GBPUSD       +79,239円
USDGBP*      +81,454円
AUDUSD       +33,536円
USDCAD       +78,813円
EURGBP       +42,001円
TOTAL       +590,325円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +590,325円

 

月間戦績(09月)
TOTAL    +13,312,438円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +244,003,956円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +356,590,231円

 


 

ここのところの週初にしては、よく動いた方かなと言う感じの月曜日でした。

突然ですが、今年のカレンダーでは今月が、イスラム教の巡礼月になってまして、ちょうど今がハッジ=巡礼の期間になっております。昨日11日は、イード・アル・アドハーと言う日本語では犠牲祭と訳されいるお祭りでした。ちなみに中国語では「古尔邦节」と書きまして、意味はもうそのまんま「古尔 = 11世紀グールにて築いたイスラム王朝」「 = 国家の」「 = お祭り」です。以前、そっち系の方から「中国語だと、どう言うの?」と聞かれた時に調べまして、日本語との比較でよく覚えております。日本語の犠牲祭って、意味合い的には分かるのですが、ストレート過ぎて(汗)。

えっと、そう言う事でして、イスラム教を信仰するアラブ系の割りと多くの皆さんがお休みされてまして、最近は微妙な週初なのに更に動かないかなとも思ったのですが、そんな事は無かったと言う話しをするのに、随分と遠回りしました。

 

そう言えば、イスラム法では金利の授受が禁止されておりまして、当然にファンドなどはイスラム法に脱法しているため禁止されております。が、いろいろと理論をこねくり回して、なんとかギリギリグレーゾーンを作り、運営しているようです。大丈夫かな?こんな言い方しちゃって(汗)。

随分と前に、イスラム法でのFXの扱いが議論がありまして、結果として売買差益はOK、スワップ(ポイント)金利はNGと言う結論が出ております。まあ、これも随分とこねくり回して……、いや何でもない。

当然、金利を受け取るだけでは無く支払いもダメですので、これ、なんとイスラム教徒向けに「スワップなし」と言うFX業者がかつて存在しておりました。本当は現在でもスワップなし口座は存在しているのですが、新たな口座開設には、イスラム教徒の証明が必要になってるハズです。

なぜかと言いますと「高金利通貨をスワップが付く口座で買い」「スワップの付かないイスラム教徒向け口座で売る」と、両建てになるのでリスクゼロで「スワップだけ受け取り」と言う実に卑怯な手を考えた輩がおりまして、これFX業者が高金利通貨のスワップ払いを持つ持つ事になるのでたまりません(汗)。

 

今でもほんの僅かの利鞘でしたら、業者の違いを利用して、スワップをトータルで受け取りに出来る両建ても、可能と言えば可能です。

昨日、少し調べてみましたら、日本以外の業者同士の組み合わせになりますが「ブラジルレアルの買い」と「ブラジルレアルの売り」を別々のFX業者を使う事で、100万円の証拠金で理論的には年間10万円くらいは利鞘がありそうです。

ですが、スワップは毎日変更され、未来永劫同じではありませんし、損益を口座間で移動させませんとどちらか片方がロスカットの憂き目に遭いますので、割りと管理が大変です。

 

先日、ある海外居住の日本人の方と「日本語でアドハーって言うの、おかしいよね。どう聞いても、アドハーには聞こえないよね」と言う話しをしておりまして、なんとなく今日はイスラミックな気分でお送りしました。

 

そう言えば、昨晩CME日経先物が、一瞬16,400円を切るまで行きまして、もともと持ってた持ち高まで全て買ってしまいました。あとは、上がるの待つだけなんで、さっさと上がって下さい(笑)。