読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/08/08 戦績

2016/08/08 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(08/08)
USDJPY      +134,600円
JPYUSD*     +101,922円
EURUSD       +39,355円
USDEUR*      +51,731円
GBPUSD       +96,091円
USDGBP*      +74,607円
AUDUSD       +51,844円
USDCAD       +26,510円
EURGBP       +14,152円
TOTAL       +590,812円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +590,812円

 

月間戦績(08月)
TOTAL     +8,233,256円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +199,548,924円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +312,135,199円

 


 

昨日は、朝から随分と日経平均が上げておりまして、結構な事で。先週末のニューヨーク市場にて、ダウが大幅高になった事を受けたそうでして、その割には外国証券の注文状況が判明してきてから、日経先物を買ってたような感じもするんですけど(笑)。まあ、どちらにしても昨日は、先物主導で始まって現物が買われたのはチャートを見れば一目瞭然でして、そもそも現物株市場で「先物主導」って何だよって言う話しもあるんですが、まあいいでしょう。

 


 

上の戦績をご覧になられまして、変な組み合わせの通貨ペアがある事に気が付かれてるかと思います。これ見よがしに、赤*なんて付けてますしね。

えっと、先週まではユーロ円・ポンド円のクロス円取引を行っていたのですが、それを中止しまして次に何をするかとずっと考えていたのですが、ヘッジファンドや投資銀行でも取引を行っているリバースペア、ベースカレンシーを逆にした通貨ペアの取引をしばらく行ってみたいと思います。理論的には左右入れ替えましても全く同じ値動きなのですが、システムの計算が若干違ってきたりしまして、全く同じにならないところが面白いところです。

 

例えば、戦績一番上の ドル[USDJPYと、次の行 ドル[JPYUSDですが、134,600円101,922円と言う事で、見事に結果が違っております*1

スタート時点での同期は完璧に1/100秒単位まで正確に合わせてありますので、タイミング的には完璧に同じにスタートしまして、私のシステム的にはイグジットしたポイントが他のエントリーに影響は与えず値動きだけ、言わばチャートだけでの判断ですので、チャートが逆転してても全く同じになるハズなんですが……、結果はこの通りです。

当然、事前テストはバックテストだけでは無く、英国のEU離脱国民投票とか行う前の段階からフォワードテストに入っておりまして、これ、最終的には累計が ドル円[USDJPY]と、円ドル[JPYUSD] で収束するハズなんです。バックテストでは10年分くらいやりまして、1:0.9995 くらいまで収束しました。

じゃあ何でこんな事をするのかと言いますと、それが、ほんの僅かな違いが実際のトレードではストップロスに掛かるか掛からないのかの差になったり、ターゲットプライスに届くか届かないかの差になったり。スリッページがどれだけ発生するか、約定拒否があるか、机上の空論であるバックテストでは測れません。

 

とまあ、いろいろ書きましたが、要は証拠金とシステムに余裕が出来たのでやりましょうって事です(笑)。そのまま取引量を単に増やしてもいいのですが、リスクヘッジになる事ならやっておいた方がいいかなって言うのもあります。 

 


 

昨日、英国から来ております親戚の男の子と一緒に、自転車で羽田空港の方まで行ってまいりました。第一京浜を南下して、途中で産業道路から多摩川を目指し、多摩川に出ましたら堤防を第一京浜まで往復しまして、羽田神社、天空橋、天空橋駅などを周って帰ってきました。

 

いつもの事で恐縮なんですが、また話しが少しズレます。この天空橋駅って、私の中で一番好きな名前の駅なんです。所在地が「東京都大田区羽田空港一丁目」と言う事と合わせて、羽田空港国際線ターミナルの直前にある「天空橋駅」って、なんかロマンチックな気がしませんか?世界中、いろんな国のいろんな駅の名前を実際に見てきましたが、この「天空橋駅」を私の中で超える駅名は見つかりません。

この天空橋駅はちょっと特殊な駅でして、昔は京浜急行ではここが羽田駅でした。まだ直接地下から羽田空港のターミナルに接続して居なかった時代の話しです。その後延伸され天空橋駅に名前が変わり、そのような歴史的な事情と、存在する場所が「東京都大田区羽田空港一丁目」と言う事情から、東京・横浜方面から京急線に乗ってきた際に、この天空橋駅までは空港特別料金が掛からず、羽田空港側から乗ってきた際も、この天空橋駅までは通常の運賃計算での初乗り料金で乗ることが出来る変な駅です(笑)。

ですので、都内のチケットショップで京急線の「品川ー羽田空港」のチケットを買いますと、かなりの確率で「品川ー天空橋・天空橋-羽田空港」の2枚の回数券の組み合わせで渡されまして、自動改札を通る時の注意点の説明があったりで、逆に面倒くさいんじゃないかなって思うんですけどね。 

 

この天空橋駅、周辺に放置自転車もある立派に通勤通学にも使われている駅でして*2 、なんと、最寄り駅が天空橋駅と言う物件まで存在します。そりゃそうだろうなんですが、実はワンルームマンションなんですが1室持っております(笑)。もう、最寄り駅が天空橋駅って言う物件が欲しいがために買ったようなものでして、以前お住まいだった方が退去なさる際に、無理を言って、その方がお持ちだった「天空橋-秋葉原」の定期券を譲って頂いたくらい、天空橋駅が大好きなんです。

天空橋-秋葉原って定期券、実にレアですよ~(笑)。だって秋葉原に通うのに、 普通は天空橋に家を借りないですから。結局最後まで、何をされてた方かよくわかりませんでした(汗)。いや、家賃の滞りもただの1度も無く、でも自営業だったんですが秋葉原までの定期券をお持ちと言う、良く分からない方でした。まあ、いいんですけど。

 

さて、自転車の話しをしようと思ったのに、なぜか天空橋駅の話しになってしまったので、自転車の話しはまた明日。 

 


*1:なお昨日だけは、通常のペアとリバースペアの組み合わせ同士で、同じ取引量となるように設定してありました。本日以降に通常のペアとリバースペアの組み合わせ同士で、結果が大きく違う日があったとしたら、それは取引量が異なっているために発生する事が一番の原因になるかと思います。

*2:もちろん放置だけじゃ無く、近くに駐輪場もあります。