読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/07/11 月曜日

さて、月曜日ですね。今週の月曜日は、いろんな意味のある月曜日です。

個人的に言えば、今日からまたシステムトレードで頑張って行こうと言う日でして、先週末まで3回の週末を裁量トレードで頑張って来た事に一区切りを付け、元のシステムトレードと言う仕事に戻るわけです。

また、昨日の参議院選の結果が出揃いまして、与党が国民から信託されたと言う事になりました。私個人の思いもありますが、政治的にあまりにも傾斜しますとブログとしては絡みづらくなってしまいますので、ひとまず個人の見解は置いておきます。政権を国民から信託された自民公明連立与党は、その職責を十分に果たして欲しいと思います。ちなみにこのブログを打ってる今、日経平均は今回の選挙結果を好感してか、先週末よりも500円以上上げて午前の取引を終えております。

そしてEURO2016決勝……、非常に、非常にいい試合だったのに、あの延長戦での誤審が非常に悔やまれます。直接得点には関係無いのですが、あの緊迫した場面でまさかハンドを取られるとは。確かに今回、ハンドをやらかす選手が多かった気はしますし、主審のあの角度からだとコシエルニの手に当たったようにも見えなくは無いのかもしれませんが……。ロナウドが負傷で交代してからも、ポルトガルは強かった。ベンチに戻ってからの様子を見てたら、もしかしたらロナウド監督も近いのかと思ったんですが、どうでしょう。ポルトガルの優勝おめでとうございます。今期は、縁のある所が尽く敗退したEUROでした。英国なんて本国4カントリー中3カントリー出てんのに、何故か……

 

 

さて、本日は何で更新が遅かったのかと言いますと、先週まで子供たちを放ったらかしに近い感じで為替取引に集中していたため、少し父親ヅラをしておこうかと思い、弟くん(長男)に「明日の朝、お父さん一緒に学校まで電車で行ってみようかな?」と昨晩聞いてみました。

最初は「用事が無いなら来なくていいよ」とか言っておりましたが、そのうち「邪魔しなければ付いてきてもいいよ」と言うお許しに変わりましたので、わざわざ登校だけ一緒に行ってきました(笑)。

そしたら、結構いろいろと面白い事がありましたので、書いてみたいと思います。ちなみにお姉ちゃん(長女)には「そんな事(一緒にお出掛け)より、お小遣いアップで十分だっから。いや、むしろお小遣いアップの方がいいから」って言われましたが。もともとキミ、最近は無尽蔵にカードもデパートも使ってるじゃないか……(汗)。

 

 

うちの子、お姉ちゃんと弟くんは、2人とも一緒に家を出ます。弟くんの方が学校が遠いため、学校が始まる時間が早いお姉ちゃんと一緒に家を出る必要があるんです。

まず、最初に乗る地下鉄の駅まで一緒に歩いて行きまして、途中で石蹴りとか始めるのはさすが小学生ですが、時間が無いので最後までは追えません(笑)。お姉ちゃんは本来でしたら途中駅でJRに乗り換えなのですが、弟くんが地下鉄から地下鉄へ乗り換えなので、お姉ちゃんも地下鉄から地下鉄への乗り換えにしまして、学校への通学路が最短ではありません。

これ、本来はダメなんだそうですが、ちゃんと所定の用紙に理由を書きまして、お姉ちゃんの学校の校長先生と弟くんの学校の校長先生両方の印をもらい、定期券を買うときに最初の4月だけ定期券の購入申込みと一緒に提出しておりまして、駅長さんが許可してくれませんと買えないそうです。もともと相談してあってからの申請なので、校長先生の印がある用紙さえ持っていけば、その場で購入の許可自体は出ます。中学生なので考えにくいのですが、高校生くらいになりますと、アルバイト先を通学経路外なのに途中に挟んで通勤定期の代わりにするとかの防止なんだとか。なので、割りと学生用の定期券は経路とかそこら辺がうるさいです。

そんなに大変な感じで定期券を買っているのに、帰りはお友達と一緒に定期以外の区間のJRに乗って学校に届けてある通学路以外を通ったり(校則違反)、帰りに買い物行ったり(校則違反)、帰りに飲食で豪遊してきたり(校則違反)、電車なんて乗らないでタクシーで帰ってきたり(校則違反)、彼氏居るのに他校の男子にマンションまで送ってもらったり(倫理違反)、もういっそ定期要らない(校則違反)って感じですが(汗)。まあいいや。

話しは戻りまして、最初に乗った地下鉄で乗り換え駅まで着きますと、弟くんが乗り換える地下鉄のホームまでお姉ちゃんも一緒に付いて行き、弟くんが乗ったのを確認してからお姉ちゃんは自分の乗る地下鉄のホームへ行きますので、毎朝大変です。今日は私が一緒なのでいいよと言ったのですが、早く行っても結局はいつもの時刻の地下鉄に乗りませんとお友達との待ち合わせがあるのでホームで待つと言うので、今日も一緒に弟くんの乗る地下鉄のホームまで行き、乗ったのを確認してからお別れしました。

さて、乗り換え駅で地下鉄に乗りますと弟くんが、席に座ってるお姉さんに「おはようございます」と挨拶してまして、不思議に思ったんですが、そしたらなんと次の駅でいつも降りるお姉さんで、そこで席を代わってもらってるんだそうです。なんとなく私を不審そうに見ていたので「あの、この子の父です」と申し上げ、弟くんが「本当にお父さんです。」と念を押したら信じてもらえたようです(汗)。

次に、なん駅か過ぎまして大きな駅に着きますと、凄く大勢のお客さんが降りました。で、弟くんの隣が空いたので座ろうとしましたら「ダメ」って言って荷物を置くです。お客さんの降車が終わり、今度は乗ってくるお客さんが入ってきましたら、弟くんの隣に先ほどのお姉さんより若干年上のOLさんのような感じの方が来まして、弟くんが荷物をどかすとそこに座り、弟くんが「おはようございます」と挨拶すると、そのOLさんも「おはよう」って返してくれてました。後で聞きましたら、その駅からいつも乗ってくる方なんだそうでして、私が弟くんと少し話しをしておりますと、また不審そうな目で見られまして「あの、この子の父です」と申し上げ、弟くんが「本当にお父さんです。」と念を押したら、今回も信じてもらえたようです(汗)。

次に、また何駅か過ぎまして、今度はある大きな川の近くの、他にも路線が乗り入れている駅に到着しました。するとその駅で、うちの弟くんが仲良しの田園調布のお嬢様とよく私がこのブログで書いている女の子が乗ってきまして「おはよう」「おはよう」と2人で挨拶を交わすと、弟くんが席を代わっておりました。で、私がいるのを発見しますとビックリして「おはようございます。あの、どうかしたんですか?」と心配そうに聞いてくるので「ん?特に何でも無いよ」って言ったのですが、信じてくれたかどうか(笑)。

次に、また2~3駅過ぎまして、他の路線と交差してる駅に着きますと、先ほど弟くんが席を代わり田園調布のお嬢様が座った席の隣に座っておりましたOLさんが「どうぞ」と、弟くんに声を掛けてくれまして今度はそのOLさんが降りて行き、その席に弟くんが座りました。田園調布のお嬢様は、私に席をすすめてくれたのですが、都心に向かう電車と違いまして満員電車では無く、小学生が立ってる方が危ないので座っててもらったのですが、なんとなく、仲良しの男の子の父親に立たせてるのが申し訳なさそうにしておりましたが仕方ない。

次に、またまた何駅か過ぎまして、弟くんたちが降りる駅が近くなってきますと、同じ制服を着た子も結構目立っております。遠くから通ってる子は座れてて、近くの子は立ってるとか、そんな感じでしょうか。多分、田園調布のお嬢様が乗ってくる駅からは、弟くんのこの座席確保が無ければ座れません。

弟くんたちが降りる駅の1つ前の駅も、他の路線が乗り入れている駅でして、そこからも少しお客さんが乗ってきました。弟くんと田園調布のお嬢さんの前にも、私より少し歳が行った感じのピシッとしたスーツの男性が立ちまして、その男性にまた弟くんと田園調布のお嬢様が「おはようございます」と挨拶しますと、その男性も「おはよう」と返してくれまして、弟くんたちが降りる駅に着いて席を立つと「気をつけてね」と言ってお見送りしてくれてました。この最後の方にだけ「父です」って言うの忘れた(笑)。

最初の乗換駅で会ったお姉さん、次の大きな駅で乗ってきたOLさん、降りる直前の駅から乗ってきた男性、当たり前ですがそれぞれは全く面識は無いでしょう。

でも、弟くんはそれぞれの駅で、誰がどこから乗ってきてどこで降りるのかを知っていて、毎日会うから挨拶して、そして、大人の側もいつもと違う男性が子供と一緒だから心配もしてくれて。

小学生なのに、既に親が知らないところでちゃんと大人とのコミュニティを形成してるんだなって凄く不思議な気持ちと、見ず知らずの子供にでもちゃんと大勢の大人が心配して見てくれてる事が分かって、今の世の中も捨てたもんじゃ無いなって嬉しい気持ち、今日は朝から2つも大きな感想がありました。

 

 

今日はいつもにも増して為替とは全然全く関係ない話しでしたが、今週も一週間頑張ってまいりましょう。