FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/06/24 戦績

2016/06/24 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/24)
USDJPY      △39,200
EURUSD       +52,663円
GBPUSD      +130,652円
AUDUSD       +17,019円
USDCAD      △19,205
EURGBP             0円
TOTAL       +141,929円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,597,115円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +15,892,471円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +127,459,098円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +240,045,373円

 


 

いやあ、この歳で仮眠挟んだだけで二晩も徹夜に近いと、体がキツくて(汗)。同じような年齢で、日勤夜勤日勤を30時間連続でするお医者さんとかよく話題になりますが、よく体力が続くなと関心してしまいます。もう早速話しが脱線だ(笑)。

 

 

さて、昨日のエントリーでも申し上げましたが、システムトレードは昨日の早朝7時前後にて停止しておりまして、その後は本日早朝のニューヨーククローズまで起動しておりません。ですので、今週の戦績報告は6/24日(金曜日)分にて終了となります。
 
現時点で、来週月曜日からシステムトレードをスタートさせるか、まだ決めておりません。他にも同じシステムを使ってる者がおりますので、そのうちの何人かとも相談したのですが、やはり現時点で月曜日の動向は全く分からないため様子を見ようと言う者が大半でして、今回の英国EU離脱が世界経済に与えたインパクトの大きさを、改めて感じております。

 

 

昨日行っておりました裁量トレードに関しましては、ぶっちゃけ「神様は、赦して下さるよね?」って言うレベルで利益が出ました(笑)。最近は信心深い私としては、明日にでも教会に行って少し献金してこようかと思っております。
 
ちなみに教会では「寄付」とは言わず「献金」と言います。聖書で offering 神様への捧げ物として献金です。そして、広い意味では献金も含みますが、特に献金以外でお金や物品などを何か目的別でする寄付donation と言います。これ以外にも、募金collection と、以上の3つは分けて考えております。
 
ただ「なぜか、日本語訳の聖書では全部が献金」となっておりまして*1、訳者イヤラシイんでないかいと思ったり、思ったり、思ったり(笑)。
 
 
また話しが逸れたんですが、多分、月曜日は日本時間だけで無く欧州時間中盤くらいまで様子を見てから、システムトレードを開始するかどうか判断したいと思います。

 

 

ところで、こんな微妙なタイミングなんですが、FX専業として昨年の2月からの利益の累計が2億4千万円を超えました。なんとなく、12の倍数と言うのは数学が好きな私としては嬉しい数字でして、なぜこのシステムトレードを止めたとか言う微妙なタイミングでと言う思いもあります(笑)。
 
この累計の数字について触れる時にいつも言っておりますように、米ドル口座での利益に関しては毎日毎日の数字自体が、その計算した時のドル円レートで円に換算して積み上げた数字ですので、この数字自体は帳簿上のどこにも存在しない数字でして、それでも毎日毎日付けている数字の一つが、何かのハードルを超えるのは嬉しいものです。
 
FX専業とか言いながら最近では全然専業では無い感じでして「FX兼業」とか「FX生業」とかに名前変えようかとも思ったんですが、どうもシックリこないので、今後も名前はこのままにしておきます。あと「FX専業(成人済み)」って言う名前をしきりに推してくる某薬剤師さんが居たりするんですが、なぜ「成人済み」の宣言がことさら必要なのか、いまだに謎です(汗)。
 
 

*1:教義によっては、分けて記載のある日本語訳の聖書も一部であるそうです。