FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/06/04 戦績

2016/06/04 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/04)
USDJPY      +186,200円
EURUSD      +216,543円
GBPUSD      +111,227円
AUDUSD       +63,108円
USDCAD       +82,771円
EURGBP      +120,815円
TOTAL       +780,664円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +6,044,353円

 

月間戦績(06月)
TOTAL     +5,063,328円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +116,629,955円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +229,216,230円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

2番歌

はるすぎて    なつきにけらし     しろたへの
春過ぎて 夏来にけらし   白妙の

ころもほすてふ  あまのかぐやま
衣干すてふ 天の香具山

じとうてんのう
持統天皇

 

 

持統天皇、皇族の方の本名と言うべき諱(いみな)は、鸕野讚良(うののさらら)皇女。なんとも美しいお名前です。そう、天皇ですが女性でして、1番歌を詠んでいる天智天皇の実子です。

13歳で父天智天皇の弟、後の天武天皇である大海人皇子と結婚します。現代ですと女性と言うか女の子が13歳で結婚と聞くと、正直言って気持ち悪いくらいの感想しかありませんが、飛鳥奈良時代の当時、特に貴族以上の立場ではよくあった事でして、婚姻令と言う法律で女性は13歳、男性は15歳になりまますと結婚が出来ました。そう言いながら、もっと若くして結婚なんて事もしばしばあったようですが。

ちなみに、天武天皇には他にも天智天皇の実子である姉妹、大田皇女(姉)、大江皇女(異母妹)、新田部皇女(異母妹)が奥様になっておりまして、持統天皇の唯一の子である草壁皇子の奥さんは後の元明天皇で、なんと持統天皇の異母妹である阿閇皇女です。駄目だ、書いてて気持ち悪くなってきた(汗)。

気を取り直して歌ですが「衣干すてふ」の「てふ」の部分は「ちょう」と読みます。「てふてふ」が「ちょうちょう」と同じです。この歌、万葉集に収録されているものを藤原定家が選歌したものでして、原文ですと「春過而 夏來良之 白妙能 衣乾有 天之香來山」とあります。これ、佳奈振りしますと「春過ぎて夏来るらし白妙の 衣干したり天香具山」でして、百人一首の「衣干すちょう」の「干してるみたいねえ」と言う意味とは違い、「干してるよ~」と言う実際に見聞きした経験を元にした意味となります。

どうやら、百人一首がまとめられた平安時代には、和歌は実際の見聞きしたそのものズバリの表現はしない風潮になっていたようで、藤原定家なのか名も無き側近なのかは分かりませんが、持統天皇の句も改変されて収録されたようです。

 

 

botによる更新