FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/04/22-23 戦績

2016/04/22 金曜日 ~
2016/04/23 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(04/22)
USDJPY    +2,696,400円
EURUSD       +97,693円
GBPUSD      +187,219円
AUDUSD        +6,557円
USDCAD       +73,282円
EURGBP       +41,922円
TOTAL     +3,103,073円

 

通貨ペア(04/23)
USDJPY    +1,045,200円
EURUSD       +42,272円
GBPUSD       +64,920円
AUDUSD       +26,549円
USDCAD       +21,058円
EURGBP       △2,699
TOTAL     +1,197,300円

 

金土2日間の戦績
TOTAL     +4,300,373円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +6,624,014円

 

月間戦績(04月)
TOTAL    +18,863,370円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL    +86,776,557円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +199,362,832円

 


 

金曜日、ほぼ不動の構えであった東京時間のドル円に午後1時半、ブルームバーグによる「BOJ Officials Are Said to Eye Possible Negative Rate on Loans」「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」の報道がありました。昨日のエントリーでも書きましたが、発表から当初3分程度は10Pipsほどしか値が動かずに、その後一気に急上昇する事になります。

少し前の事ですが、1月29日に日銀がマイナス金利を発表する直前に日経がリーク記事を発表した時には、瞬時に値が動きましたが、あれは発表を待ち構えていた人が大勢居たからの値動きでして、本当の意味でのサプライズだった場合には、やはり瞬時に対応出来る者の方が限られ今回のような値動きになる事の方が多いです。

そう言った意味では、前回の日銀がマイナス金利を発動させた際に、事前に日経によってリークされた時と同様、今回も運が良かったとしか言いようがありません。こう言うのに慣れてくると、取れなかったサプライズを悔やみ人は無理をし出したりするので、そうならないように「サプライズはおまけ」よく言い聞かせたいと思います。自分にも、実家にも(笑)。

 


 

ご心配頂いております体調ですが、なんとか回復傾向になってきまして、本日は家の近所まで歩いて出かけましても大丈夫なくらいにはなってまいりました。このまま全快となればいいのですが。