FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/04/04 月曜日

今週、どうなるんですかねえ?もう、全く分かりません。ドル安になる理由は、一つ一つの事象・指標を取ってみればそれなりの理由は付きます。ただ、全体として見た時に特にドル円は、ドルを売って円を買う程の事態なのか、マイナス金利の円を借りて一昔前であれば円キャリートレードを行うような地合いでは無いのか、いろいろ考えられます。

ある程度予想されていたレンジ内での値動きですので、この少し高くなった円も特に問題無い程度とは考えますが、今後の成り行きによっては、もう一段の円高があってもおかしくないのかなとも思っております。まあ、そうは言ってもいつもの事で、ボラ(値動き)さえあれば私的にはどうでも言いっちゃ、どうでもいいので、しっかりとした値動きをよろしくお願いします(笑)。



さて、本日は中華圏と言うか中国は清明節と言う事で、上海や香港市場が休場です。清明節とはなんぞやといいますと「墓参り行くべ」って言う日です(笑)。私は生家や実家が香港とは言え、父も母も私も妹も中国人ではありませんので、基本的には中国だけの祝日は無視する事にしております。親戚づきあいの中で、英国や日本の祝日とはどうしてもお付き合いしなければなりませんので、その上中華圏独自の祝日までお付き合いしていましたら、たまったもんじゃありません。最近では仕事してない両親は、香港の祝日も祝日として謳歌しているようですが、それはそれで仲良しで結構な事です。


話しはズレてしまいましたが、今週は明日4/5火曜日、日本時間で午後11時に米3月ISM製造業景況指数の発表があります。雇用統計の後にありましたのは、ISM製造業景況指数でして今回はISM製造業景況指数です。もともと高めの予想が出ておりまして、結果次第では少し市場に影響があるのかなと思っております。

そして一番の注目は、4/7木曜日、日本時間で早朝3時にあります、先月のFOMC議事録公開でして、今週はもうコレ待ちと言っても過言ではありません。もう、貿易収支とかもどうでもいいかなとか(笑)。

そうそう、貿易収支と言えば、4/5火曜日の日本時間朝10時半の豪貿易収支と同じ日午後1時半のRBAキャッシュターゲットは、豪ドルが今回激しく動く可能性を持っているので、ちょっとだけコレも注目しております。ブロ友さんで豪州在住の方が何人かおられますので、その皆さんは豪ドルの推移が直接生活に影響してきますからねえ。実は、私個人的には、豪ドルはもう少し落ちると思っております。対円で70円前半から、もしかしたら60円後半まで行くかなと思ってるんですが。まあ、この何十円台の割に1月で5円も動くような通貨なので、仮に思った通り行っても、定着するとは思えませんが(笑)。



今週はうちの両親が香港へ帰ったり、(元)輸出さんが出張にお出かけしたり、うちの子たちも学校が始まったりして、なんとなく忙しい感じになりそうです。忙しいと言うか、また日々の日常に戻ると言った方がいいのかな。

浮足立たず、今週も頑張っていきたいと思います。