FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/03/30 戦績

2016/03/30 水曜日 戦績

 


 

通貨ペア(03/30)
USDJPY      +233,300円
EURUSD      +316,219円
GBPUSD      +300,582円
AUDUSD       +79,227円
USDCAD      +143,416円
EURGBP       +21,528円
TOTAL     +1,094,272円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,092,162円

 

月間戦績(03月)
TOTAL    +25,742,411円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL    +67,077,062円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +179,663,337円

 


 

もうずっと昔の話のように思えるんですが、今から約30時間ちょっと前、日本時間昨日早朝のイエレンお婆ちゃんの童話読み聞かせ議長の議会証言でドル売りが起こり、昨日は全通貨ドル安祭りが開催されました(笑)。
さすがにあの瞬間は、スプレッドの広がりとスリッページで瞬間的には入れませんでしたが数分して落ち着いた段階ではシステムからの発注も通り、その後の東京時間やロンドン時間にドル買いが入る事がほぼ無く、一方的なドル売りが継続したため、私のシステムが得意とする(いや、どんなシステムでも得意かも)一方通行的相場になってくれまして、ありがたい事に随分と数字が取れました。

 

実はちょっと昨日寝不足でして、昨日少しだけユーロドルで裁量ディールしておりました。いつものあの指標時作戦でのフルレバレッジなので、飛ばれてもいいやくらいで行ってまして、結局はそこそこ稼がせて頂く事ができました。これ、そのうちガツンとやられる気がしてなりません(汗)。
まあ、ここぞと言う時しかトレードしないで良いと言うのは、個人でやっている特権ですので、たまには裁量取引もいいのかなとも思っております。

 

 

全然話しは変わりますが、先日のANAの大規模なシステム障害の原因が、シスコシステムズのスイッチが原因であったと報道がありました。実は、以前にもANAはシスコシステムズのスイッチのトラブルで大規模な障害が発生してまして、今回は2度目と言う事になります。
スイッチと言うのは凄く簡単に言えば、コンピューター同士を接続する中継器でして、通常はトラブルが発生したら予備の機械に迂回するように設定されているハズがトラブルを知らせる信号も出なかったようです。

 

これ、システムトレードを生業としている我々も気をつけなければならない事でして、いくらバックアップのシステムを用意していても、メインのシステムがトラブル発生していると認識出来なければ切り替えようがありません。
私が作っているシステムは、ANAのシステムのような自己診断では無く、システムトラブルの検知も別のコンピューターで行うようにはしておりますが、他社(者)のシステムトラブルは自分の事に置き換えて考えていかないとならないと、いつも思っております。